夢を持ち続けよう! ノーベル賞 根岸英一のメッセージ

  • 81人登録
  • 3.57評価
    • (4)
    • (5)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 根岸英一
  • 共同通信社 (2010年12月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784764106246

夢を持ち続けよう! ノーベル賞 根岸英一のメッセージの感想・レビュー・書評

  • 【配置場所】特集コーナー【請求記号】289.1||N
    【資料ID】91102586

  • 資料ID:81001887
    請求記号:289.1||N
    配置場所:工枚普通図書

  • 自分の好きな事を究極まで追求しようとする姿勢、ぶれない軸、人との繋がりが重要。根岸さんは幼少から突出した部分も持っていた感じを受けるが、自分からたくさん行動をしていると感じた。

  • 4月3日(日)13時~17時
    ・ほんちゃん
    本紹介
    夢を持ち続けよう
    根岸英一先生
    尊敬する先輩
    根岸語録
    ・エターナルオポティニズム(絶対にへこたれない精神)
    ・高校の教科書にこそ自分の研究を載せたい
    自分も高校の教科書に載るような研究をしたい

  • 夢を持ち続けようとの題名がついていますが、どちらかというと半生について書かれている様子。波乱万丈な人生を歩んだわけでも無く、また何となく語り口が淡々としている事と、内容が個人的になじみのない化学に関する事柄が少なくない事から、あまりのめり込めなかった。

  • オリジナルを持つ。

  • 和図書 289.1/N62
    資料ID 2011104776

  • どのようにして夢を結果に結びつけたのか?

    →自分の適性を客観的に評価することが夢に向かって進む第一歩
    そして好きな道を徹底的に追究する

  • 学校を1年早く入って大学まで行ったことはちょっと今の時代では考えられない。やはり、成功する人には、しっかりした立派な先生がいるということも改めて実感する。

  • (2011.03.05読了)(2011.02.16借入)
    2010年のノーベル化学賞受賞者、根岸英一さんの自伝です。ずいぶん素早い出版でしたね。
    章立ては、以下の通りです。
    第1章、夢をかなえた朝
    第2章、ブロークンイングリッシュでいいじゃないか
    第3章、幼少期~学生時代
    第4章、大学時代、そして社会へ
    第5章、再びアメリカへ
    第6章、研究者として
    第7章、大学での日々
    第8章、科学の未来を育てる
    第9章、ライフスタイルも追求型
    第10章、豊かな人生にするために

    中国の旧満州長春で生まれ、日本の敗戦で引き揚げてきて、日本で暮らし、大学を卒業した後は、帝人に入社し、帝人を休職して、フルブライト奨学生として、アメリカに留学し、一度帰国した後、再びアメリカで研究生活に入り、そのままアメリカ暮らしと言うことなので、日本暮らしは、15年ぐらいではないでしょうか?
    一旦大学から民間に出てしまったら、日本の大学システムでは、日本の大学の研究者になることは、難しいようです。根岸さんも何度か日本の大学に戻ることを検討したけど、無理と判断し、断念したようです。
    それはともあれ、優秀な方ですね。競争率がどれだけあっても、必ず選ばれているようです。ノーベル賞にも選ばれたわけですし。趣味は、音楽と言うか、合唱のようです。

    ●能力とは(32頁)
    羽生善治さんは「能力ってなんですか?」という問いに「好きなことを続けられるというのが能力です」と答えていました。
    適性がないのに一生懸命やろうとしても、長続きしません。
    ●電気工学か応用化学か(52頁)
    電気工学が第一志望でした。そのころ電気工学は一番人気の学部でした。人気があり、競争率の高いところがあればチャレンジしてみたくなる。
    それがあるとき突然、応用化学に変わってしまいました。当時は石油化学が花形産業で、そこから化学繊維業界も注目されていました。
    すみれとの結婚を意識していたので、そうなったのかもしれません。
    ●化学と幾何学(55頁)
    化学には数学の代数のような部分だけでなく、幾何のようなところがあります。私は幾何学と化学に、むしろ共通点を感じます。幾何学は図を目で見て考える。化学も構造式を書いたりする。そういうところが、私の脳に向いているのではないかという気がします。
    ●恩師から学んだこと(69頁)
    ブラウン先生から習った一番のポイントは、発見の芽が出てきたとき、どうやってそれを大木に育てるかということです。その芽から出てくるいろいろな可能性を網羅的かつシステマチックに追及する、その姿勢が非常にロジカルでヤマ勘みたいなものは入れません。「重要なのは、今何が起こっているかを正確に調べることだ」
    ●毒性のものは駄目(92頁)
    わたしは「ベリリウムで仕事をしないか」と言われたことがありますが断りました。ベリリウムは非常に軽いので、それを吸うとかなり身体を侵されるらしいのです。どういうふうに使っても毒がありますから、私は残念ながらお断りしました。
    カドミウムや鉛も駄目です。

    ☆関連図書(既読)
    「化学者たちの感動の瞬間」有機合成化学協会編、化学同人、2006.12.25
    「鈴木章ノーベル化学賞への道」北海道大学CoSTEP著、北海道大学出版会、2011.01.25
    (2011年3月6日・記)

  • 今年もっとも輝いた人の一人だと思う根岸英一氏の自叙伝(?)。
    ノーベル賞を取れるのは,1千万人に一人。それだけの努力をしなければいけない。
    僕は機械系の人間なので,正直化学とかノーベル賞とかはよくわからないけど,一般人にも深く浸透しているこの賞を受賞するのはきっと大変なことなのだろう。

    学生時代に江崎玲於奈氏(当時僕の通っていた大学の学長だった)の訓話を聞いたことがあったが,あまり心に響くような内容ではなかった。当時はあまり興味がなかったからかもしれない。そうだとしたらもったいないことをしてしまったな。

    本書は化学的な難解な内容はなく,平易な言い回しで書かれているので読みやすく,一気に読めたので星4つ。

全15件中 1 - 15件を表示

夢を持ち続けよう! ノーベル賞 根岸英一のメッセージを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夢を持ち続けよう! ノーベル賞 根岸英一のメッセージを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夢を持ち続けよう! ノーベル賞 根岸英一のメッセージを本棚に「積読」で登録しているひと

夢を持ち続けよう! ノーベル賞 根岸英一のメッセージはこんな本です

夢を持ち続けよう! ノーベル賞 根岸英一のメッセージのKindle版

ツイートする