宗教改革の思想

  • 11人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Alister E. McGrath  高柳 俊一 
  • 教文館 (2000年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (371ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784764271944

宗教改革の思想の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 宗教改革についてその思想面を主軸に、前段階である中世末期から歴史的な推移を書き起こす。その中で、重要な人物(ルター、ツヴィングリ、カルヴァンなど)の教理や聖書解釈、人文主義やスコラ主義の改革者への影響、改革者諸派の相違、政治思想や思想の伝播など、広範な領域を扱う。宗教改革を研究するに当たっての教科書的な書籍かもしれない。
    イングランドでの宗教改革とローマ・カトリックによる対抗宗教改革についてはやや扱いが小さい(無視しているわけではない)。
    軽い入門書ではなく詳細な研究書であり、集中して読むべき本。一度で全部を頭に入れるのは(私には)難しい。ただし、神学的知識がなくても読めるように書いてあり、丁寧に読めば理解できるので、キリスト教について歴史面・思想面から知りたいのであれば、少々重たいものの入門書としてお勧めできる。

全1件中 1 - 1件を表示

アリスター・マクグラスの作品

宗教改革の思想を本棚に登録しているひと

宗教改革の思想を本棚に「読みたい」で登録しているひと

宗教改革の思想を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

宗教改革の思想を本棚に「積読」で登録しているひと

宗教改革の思想の作品紹介

近代世界の黎明、プロテスタンティズムの原点である宗教改革。ルター、ツヴィングリ、カルヴァンの中心思想は何か。またカトリック教会はそれにどう対応したか。中世スコラ学やルネサンスとの関連も含め、宗教改革の中心思想とその歴史的コンテクストを明快に分かりやすく解説した名著。最新改訂第3版からの翻訳。

宗教改革の思想はこんな本です

宗教改革の思想のペーパーバック

宗教改革の思想のハードカバー

宗教改革の思想のデジタル

ツイートする