行政書士という法律家の世界―21世紀に羽ばたく日本の「事務弁護士」

  • 12人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 立花正人
  • 恒友出版 (2000年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (371ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784765291316

行政書士という法律家の世界―21世紀に羽ばたく日本の「事務弁護士」の感想・レビュー・書評

  • 10年前の本なのに、その内容はいまだ色あせていない。

    行政書士試験合格後、色々と本を読んでいるが、この本が一番、私に刺激を与えてくれた。「いよいよこれからだな」と思わせてくれた。私も法律家としての矜持を持ちたいと思った。

    どんな試験もそうだが、試験までの道のりとその後は全く別物。精進しなければ、すぐにボロが出る。

    クライエント=困っている人を自分の専門外だからと言って、断るのではなく、全て受けて立つ、という著者の主張がすがすがしい。

    ただ、やはり「事務弁護士」という命名はいかがなものか・・・。書類コンサルタントなど、色々な人が行政書士を一言で言い切ろうと頑張っているが、一言で言えないことに、この資格の面白さがあるのではないか?

全1件中 1 - 1件を表示

行政書士という法律家の世界―21世紀に羽ばたく日本の「事務弁護士」を本棚に「読みたい」で登録しているひと

行政書士という法律家の世界―21世紀に羽ばたく日本の「事務弁護士」を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

行政書士という法律家の世界―21世紀に羽ばたく日本の「事務弁護士」はこんな本です

行政書士という法律家の世界―21世紀に羽ばたく日本の「事務弁護士」の単行本

ツイートする