「暮しの手帖」とわたし

  • 242人登録
  • 4.08評価
    • (22)
    • (36)
    • (12)
    • (2)
    • (0)
  • 34レビュー
著者 : 大橋鎭子
制作 : 花森 安治 
  • 暮しの手帖社 (2010年5月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766001655

「暮しの手帖」とわたしの感想・レビュー・書評

  • NHK朝ドラ「トト姉ちゃん」を観ていたので興味をもった。今回この本を開いたら最初に出てきたのが私が敬愛する「石井好子さん」からのメッセージだった。胸がキュンとした。時を同じくして活躍していた人がつながっていたという事実に、なんとなく心が弾むような思いがした。

    花森安治さんの頭抜けたセンスや信念に応えた鎭子さん。出会うべくして出会った二人なのでしょうね。花森さんの話も読みたくなりました。トト姉ちゃんで出てきた恋のお相手星野さんに該当する方の話は今回出てきませんでした。鎭子さんのロマンスにはきっとロマンスだけじゃない何かがありそうで知ってみたいな。いやただのやじうまか(笑)

    あと、今回ドキリとしたのが庶民の戦争体験を残そうと花森さんが言い、募集し、別冊などではなく通常版1冊を全て戦争体験特集にした件。このエピソードはトト姉ちゃんでも出てきたので、ふむふむ知ってるよと思っていたのだけど・・・・・・・。
    その戦争体験募集をしたのが昭和44年だというのです。私が既にこの世に生をうけていた時のことだというのです。
    なんだかんだ言っても戦争は過去の話であって、自分に直接関係する話だとは思っていなかったのです。でも昭和44年はまだ戦争の傷跡から血を流し続けている市井の人々が沢山いる時代だったのです。そのことを知りショックでした。

  • しずこさんの文章の方が読みやすい。装画、すてきすぎ。

  • 2016.9/16〜21。生涯独身を貫き、庶民の味方である雑誌を作り続けた大橋鎭子さんの自伝。彼女のポジティブさ、アクティブさが素晴らしく、見習いたいところである。ドラマよりも面白い。

  • ▶昭和の名編集者、花森安治とともに『暮しの手帖』を作り続けた大橋鎭子。社長、モデル、編集者…。いつだって体当たりだった波瀾万丈の90年間をつづった自伝。『暮しの手帖』創刊初期の編集後記とグラビアも収録。

  • 大橋鎭子さんの人生を「とと姉ちゃん」ですべてぶち壊してくれた。
    所詮ドラマはドラマ。真に受けないように。

  • 新聞で、大橋鎭子さんの自伝、と紹介されていたので。
    子供の頃、家にあった暮らしの手帖を読むのが大好きだったが、編集長は花森さんで、大橋さんの名前が、発行人と編集に載っていたのが不思議だった。
    何十年ぶりかに、理由がわかった。
    付録の、採録部分も読んで、誌上モデルも結構つとめていらしたことも知った。
    内容は、花森さんが亡くなったところで、ほとんど終わっているが、その後のことも、大橋さんの文で読みたかった。
    おもしろかった。

  • 朝ドラのヒロイン=お節介焼きという設定は定番化していますが、とと姉ちゃんのモチーフである実在の大橋鎭子さんも例外ではなかったようです。
    鎭子さんの人生は、実に冒険心と、良い意味で目的のためなら手段を選ばない意志の力に満ちたものです。本文ではそれらの悲喜こもごものエピソードが、陰りのない率直な、品のある文章でひたすら明るく綴られています。
    「暮しの手帖」編集部の、凛として読者にも取材対象にも、そして誰より自分達にも妥協しない一方で、生活の中に息づく何気ないしなやかな美しさを大切に保ち続ける姿勢は、このしなやかに強い鎭子さん、創刊後30年近く立役者であり続けた名編集長の花森さん、そして彼らを支え続けた大橋一家と仲間達なくしてはならなかったことがよく分かる自伝です。

  • 朝ドラ「とと姉ちゃん」から読んでみた本。

    創刊からピーク時の「暮しの手帖」がどれだけ凄かったのかが分かった。が実際「暮しの手帖」を読んだこともないためが、今ひとつ感動というか遠い昔のことという読後感がでてしまった。読みやすかったが先を読むのが楽しみということが全然なく(そもそもエッセイなのでその手の本ではないのだが)、花森安治さんを知ったことが収穫だったか。

  • とても興味深く、当時の暮しの手帖をとても読みたくなった。

  • 暮しの手帖社創設者でライターだった大橋鎮子さんによる、暮しの手帖にまつわる想い出話集。
    暮しの手帖といえば初代編集長である花森安治が有名ではありますが、広告も一切取らずにここまでずーっとある一定のスタイルを持って続けてきたのは、並大抵の経営手腕ではないと思います。
    実際この本を読んでみたら、
    14歳で歯みがき粉を販売してみたり、
    金のことを考えずに出版社立ち上げたり、
    川端康成から原稿を取ったり、
    いきなり皇族のひとに原稿依頼にいったり、
    アメリカにいってふきんを買い集めたり、
    発想と行動力がやっぱりただ者ではなかったです。

    俺もこうなりたい。
    読んでてかなり憧れると同時に、優しい文章のなかに溢れ出るバイタリティの強さを感じ、身の引き締まる思いがする本でありますよ。

  • 花森安治さんとともに、「暮らしの手帖」を作った、
    大橋鎭子さんの自伝

    つねに「やってみよう!」と言うところ、
    大変な事があっても拗ねたりしないところ。

    情熱と一生懸命は人の心を動かす。

    暮らしの手帖のお仕事をする前、
    日本読書新聞におられた時、
    川端康成先生から、やっと原稿をもらえて、
    嬉しくて、はやく皆にみせたくて
    駅で下駄の鼻緒がかたっぽ切れたのを、そのまま
    走って行くのを、当時花森さんは驚いてみていたそう。

    戦時中、皇族の方がどうやって暮らしているかを
    雑誌に載せたくて、東久邇成子様(今の天皇陛下のお姉様)に
    原稿を依頼するのも面白かった。
    依頼する側、される側、言葉遣いも美しい。

    他にも色々きっととっても素敵な人なんだなと端々で。

    だって、銀行でお金を借りようというときに、
    銀行勤務した時代の元上司の方々に、
    「自分たちの退職金を抵当に…」と言ってもらえるのって、
    信頼されていなければね。

    「暮らしの手帖」が大好きだった母上。

    「お料理の手のモデルさんがいてね、
    働き者にみえる、そして綺麗な手じゃなくてはいけなくて、
    大変なんだって」
    と幼いころ、教えてくれた。

    お!手のモデル、鎭子さんだった!

    この本、母上にも見せてあげよう。

  • 「すてきなあなたに」は大好きなエッセイ。一生懸命な雑誌は、編集者が一生懸命だったのだと改めて思いました。

  • 暮しの手帖って、読んだことなかったけど今度絶対買ってみようと思う。なんだかじんわりと胸があったかくなるようだ。

  • 暮しの手帖を作り上げた大橋鎭子さんの自伝的本で、暮しの手帖を立ち上げる経緯やその後の苦労、そして暮しの手帖でこだわり続ける様々なコーナーの秘密などをいつもながらの素晴らしい文章で綴られていて、芯の強い素晴らしい女性の姿を感じさせてくれました。近々ブログでも感想書こうと思います。

  • 1人の女性が、どうやってお金を稼いでいこうかと、自分のできることを考えたことから始まったものが「暮らしの手帖」のきっかけであったとは。「暮らしの手帖」の成り立ちがよく見えるのだけれど、やはり、花森安治という圧倒的な個性がいかに大きいものであったかを、再確認させられたように思う。

  • 時代の移り変わりの中で、どのようなターゲットに何を提供するか、自分に出来ることを周囲の協力を得て実現していく著者の生き方に共感を覚えた。特に女性の観点からも共感出来るところが多く、時代は変わってもこういったマインドと行動力を持った生き方が大切なのだろうと感じた。
    個別のエピソードでは、銀座発の雑誌「スタイルブック」が大反響だった話、しかし一年経つと類似の雑誌が出て売れなくなり、そこで新しく創刊した「暮らしの手帖」で川端康成の手記や皇族の暮らしを特別企画で掲載した話などが興味深かった。

  • 「暮らしの手帖」「すてきなあなたに」日常を大切にしたこれらのすてきな本を作られた大橋さんの自叙伝。
    さまざまなエピソードをドキドキしながら読みました。

  • 大橋さんの文章には、品がある。
    母が私に「すてきなあなたに」を渡してから
    どれだけたったことか。

    しかしその品は、今読み返しても色あせることもなく
    かえって輝きを増すようである。

    彼女の文章は、優しくやわらかく、しかし芯が通っている。
    激務の中で作られる雑誌であろうはずなのに、
    いささかの乱れも慌ただしさもない。

    キャリアウーマンの先陣を
    切っておられたはずの彼女なのに。

    仕事の乱れを見せない。
    しかし精魂を傾け、甘さを排除した結果は
    今も尊敬される業績になっている。

    荒々しさのない、端正な生き方が結果を生んでいる。

    私はこの後塵を拝する女になれるだろうか。

  • 長く暮しの手帖社の社長を務めてきた大橋さんの手記。暮しの手帖との日々を綴ったもの。御年九十あたりとのことだが、今でも出社してはプランを考えることを楽しみにしているという。暮しの手帖というと花森安治さんが立役者とされることが多いが、なかなかどうして……というか大橋さんこそ、まさに影の立役者なのだ。戦後すぐに、女の自分が稼いでいける仕事をと思いついたのが出版業で、会社を作ってしまったのだから。
    書かれている話の数々は、理想の職場、理想の雑誌、理想の人生のように思える。それは丁寧な文章から薫ってくるんだけど、いろいろ大変なことはあったんだろうな。こういう一見おっとりしていそうで、バリバリ成果を出してしまえる人物が女性にはけっこういるような気がする。あと、会社を設立する顛末などは、うまい偶然が重なったかのようだけど、やっぱり人同士のつながりによるところが大きいし、原稿の依頼などにしても、かつてのつき合いが功を奏していたりする。人のつながりは大切だなと思わされる。もちろん、大橋さんならさもありなんと思えるくらい魅力的。これはと思った人への肩入れの度合いがすごいらしいし、新幹線内で赤富士が見えたとき、珍しいからと周囲に触れ回ったのだとか。
    実は本書では花森さんが亡くなった頃までしか書かれていない。むしろ、花森さん亡き後のほうこそ大変だったのではないかと思うのだが、「聞いていただきたいお話がけっこうあります。それではまた近いうちにお会いしたく存じます」ということばを信じて待つことにしよう。

  • 大橋鎭子さんが子どもの頃に亡くされたお父さんから
    「お母さんと妹たちを守るように」と約束を言いわたされた事が
    がんばる力の源になっていること。
    戦後、ただ生きることで精一杯だった時代に
    女性は「美しく」「おしゃれに」と伝える内容と、そのようにするための
    切ないほどの工夫を共有できる雑誌は、大橋さんの意志の強さ
    なしには生まれなかっただろうと感じた。

    ベビーカーの強度テストをするためにスタッフみんなで
    100㎞実際に押して歩いてみる。
    その真剣さが「暮しの手帖」の基礎に据えられているのだなぁ!!

  • 暮しの手帖が長く続いてきた秘密は、揺らぎない信念によるものだと思った。

  • 「暮しの手帖」は、実家のこたつの上に新聞と一緒に置いてあった。
    読むことが大好きでおませな子供だった私の、なかよしと同じくらい愛読していた雑誌。
    花森安治さんとともに「暮しの手帖」を創刊された大橋鎮子さんの
    生い立ちから現在(90歳でいらっしゃるとか)までが綴られています。
    戦前戦後の働く女性としての著者の姿も興味深かったのですが
    「暮しの手帖」独自と言える雑誌製作の裏側が見られたのが何よりわくわくしました。
    人まねではない独自のもの、創り上げる過程には
    見えない努力や年月をかけて作られる記事などそれは大変なパワーを感じて。
    装丁も素敵です。特に花森氏の挿絵、見返しの文字・・(Y)

  • 暮らしの手帖社の創業社長の自伝。90歳。
    驕らず、かといって、縮こまらず、素直に生きるって、人の生き方として美徳だなあ、ってしみじみ思う。

全34件中 1 - 25件を表示

「暮しの手帖」とわたしを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「暮しの手帖」とわたしを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「暮しの手帖」とわたしを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする