花森安治のデザイン

  • 261人登録
  • 4.43評価
    • (25)
    • (13)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 20レビュー
制作 : 暮しの手帖社  花森安治  花森安治 
  • 暮しの手帖社 (2011年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766001730

花森安治のデザインの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初めて花森さんの姿を写真で見た時、中年のおばちゃんにしか見えなかったけど、、、(本当はおかっぱのスカートをはいた中年男性で暮らしの手帖の創始者なのです)この人はやはりすごいセンスの人なんだと思います。
    色使いやタッチが本当にステキで、この方の美意識というか哲学が現れています。
    最後までジャーナリストとして鋭い言葉と美しいデザインを残された花森さんの世界観がつまった本です。

  • 資料ID:98170979
    請求記号 : 022.57||H
    配置場所:工枚選書フェア
    (※配置場所は、レビュー投稿時のものです。)

    雑誌『暮しの手帖』で有名な、花森安治さんのデザイン集。
    『暮しの手帖』の表紙原画、書籍の装釘原画、手書き文字、広告の版下等々。
    どれも素敵で、素晴らしい。
    全く時代を感じさせない、新鮮に感じる原画がたくさんあり、眺めているだけで幸せになれます。

  • 『暮しの手帖』の表紙絵や写真はどれも美しく、その美しさは繊細で絶妙なバランスの上に成り立っています。そしてデザインというビジュアル面をはるかに超えた花森さんの想いが詰まっていました。
    『暮しの手帖』を創刊するに至った経緯、大橋鎭子さんとの出会い、読者へのメッセージ、全てに花森さんの人柄が現れています。
    花森さんの言葉「より良いもの、より美しいものを求めるための切ないほどの工夫、それを私たちは、正しい意味の、おしゃれだと言いたいのです」

  • 暮らしの手帖は義理母が花森さんの文章が面白いから、という事で購読していたそうです。また、夫と義理兄が小学生の頃に愛読していた本でもありました。私は結婚してから暮らしの手帖を読むようになったのですが、昔の装丁や花森さんという人物に興味があり、この本を読みました。今も昔も愛読者が多く長年続いている暮らしの手帖は平和と平凡で穏やかな暮らしがずっと続くように、と創刊当時から強く願いが込められている一冊だと感じました。これからも色褪せず、末永く続けて欲しい雑誌だなぁ、と思いました。

  • 花森安治の表紙画、書籍装丁、カット、手書き文字などの原画を一挙掲載したもの。時代を先取りしたような、国籍を問わないグローバルなデザインに感銘を受けます。

  • 「とと姉ちゃん」は観ていないのですが、「暮しの手帖」といえば、定期購読をしていたおばあちゃんちの本棚を思い出します。わたしも絵や写真を眺めていましたし、どれがすぐれた商品であるか比較する実験の記事がいちばん記憶に残っています。表紙の絵や写真、文字の配置が独特で、おしゃれです。方眼紙に絵や文字や写真をレイアウトしていく手作業の過程を見ることができました。

  • 「暮しの手帖」の表紙を中心にした花守さんの画集のようなもの。
    数十年前に描かれたとは思えないほど古臭さが感じられずとても綺麗でよかった。

  • 花森安治がどんな思いで暮らしの手帖を創刊したのか?がわかった。こんなにも気骨ある人が作っていた雑誌とは知らず、その精神に触れ改めて良さを知った気がした。こんなに丁寧に雑誌を作っているところがほかにあるだろうか?表紙絵も素晴らしい。花森安治の時代にこの雑誌を手に取った人はどんな暮らしをしていたかも興味深い。図書館で借りたが、ずっと手元に置きたいので買う予定。

  • 図書館で借りる。過去の表紙を飾ったイラストがたくさんあるが、カラーのものは色彩も楽しく、黒だけでもこの方のイラストはなつかしくそして親しみが湧く。手元にあれば、時々眺めたくなりそう。

全20件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
なかむら るみ
クラフト・エヴィ...
三浦 しをん
川島小鳥
朝吹 真理子
三浦 しをん
菊池 亜希子
暮しの手帖編集部
有効な右矢印 無効な右矢印

花森安治のデザインを本棚に「読みたい」で登録しているひと

花森安治のデザインを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

花森安治のデザインの作品紹介

『暮しの手帖』表紙原画全点、書籍装釘原画、カット、手書き文字など約三〇〇点掲載。すべてが手から作り出された時代を超えたデザイン。

ツイートする