クスクスっておいしい!―パリ&モロッコの旅と、とっておきのレシピ

  • 38人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 口尾麻美
  • グラフィック社 (2010年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766121681

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
なかしま しほ
中島 京子
飯島奈美
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

クスクスっておいしい!―パリ&モロッコの旅と、とっておきのレシピの感想・レビュー・書評

  • クスクス買うてんけど、どう使っていいのか分かんなくって。

    読んでは見たが、よくわかんないや。

  • 最近買ったクスクス。
    フツーの食べ方しかしていなかったので、レパートリーを増やしたいと思って読みました。

  • 『クスクスの謎』以来、棚上げになっていたクスクス・レシピを探すミッション。
    ようやく達成しました。
    *クスクスを知らないかたのために・・・クスクスは北アフリカ地方で発祥した粒状パスタ。チュニジア経由でパリでも人気。日本でもカフェメニューなどに取り入れられています。

    きちんとしたレシピ本。
    といって作りにくそうではなく、日本流にアレンジしたレシピも多くて敷居が低い感じ。
    タブレと称されるサラダ風のもの、チャーハンやパエリアに応用した主食となるもの、メインディッシュに沿えて、またスープに入れて。和食に応用したいなり寿司やひじきの和風タブレなんてのもある。ラムやタジン鍋を使った現地の味もちょっと背伸びをすれば何とか作れそう。デザートもありで、薄さの割にバリエーションあり。

    パリのカフェ紀行やモロッコでのクスクス作り体験も楽しい。

    とりあえず、きのこのソテーとクスクスのラザニアをやってみたいかなぁ・・・。

    今回は図書館で借りたのですが、これは買おうと思います。

    んが。思わぬ伏兵が。
    冒頭に出ている、「混ぜるだけ バターしょうゆ」がうますぎる(--;)。
    仕事の合間の一人のズボラ昼飯にちょうどよすぎる・・・。これだけで買っておいたクスクスを消費してしまったらどうしよう(^^;)。
    ・・・ま、そしたらまた買えばいいかと思う秋の夜。

  • クスクスの魅力が満載。
    色んな調理法が載っていておもしろかった。
    写真もきれいでおいしそうでした。

  • 「クスクス」という、一つの食材に焦点をしぼった、ある意味かなり「マニアック」なレシピ本。
    しかし、手軽に作れるレシピから、洋風、和風、モロッコ風、さらにはデザートまでを網羅した、素晴らしい本だと思う。クスクスという食材の可能性を、限りなく広げてくれる。

    また、レシピだけでなく、モロッコの生活に触れられる写真、モロッコで使われる食器なども紹介されており、クスクスという食材を通してモロッコを垣間見ることができる。

    それだけでなく、日本でクスクスを使った料理が食べられるレストランのリストや、クスクスが購入できる店舗などの紹介もうれしい。少々マニアックなレシピ本ではあるが、狭義での「レシピ本」ととらえるのではなく、様々な国の食べ物を愛する人には、一度手に取ってほしい良書だ。

全5件中 1 - 5件を表示

クスクスっておいしい!―パリ&モロッコの旅と、とっておきのレシピを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

クスクスっておいしい!―パリ&モロッコの旅と、とっておきのレシピを本棚に「積読」で登録しているひと

クスクスっておいしい!―パリ&モロッコの旅と、とっておきのレシピの作品紹介

北アフリカ生まれのクスクスはモロッコの先住民の伝統料理。世界中で愛されているクスクスの魅力を各国オリジナルのレシピで楽しむ。

クスクスっておいしい!―パリ&モロッコの旅と、とっておきのレシピはこんな本です

ツイートする