おしゃべりKnit (読む手しごとBOOKS)

  • 90人登録
  • 4.29評価
    • (12)
    • (8)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 林ことみ
  • グラフィック社 (2012年11月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766124422

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三國 万里子
横尾 香央留
三浦 しをん
三國 万里子
三國 万里子
三國 万里子
有効な右矢印 無効な右矢印

おしゃべりKnit (読む手しごとBOOKS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 手芸好きには楽しい本です

  • 編むの大好き!という人なら楽しめると思う。写真が多くてすぐ読み終われる編み物エッセイ。編み道具のネタが多いかな。

  • 書店で編み図本を眺めてはうっとりしていた時に発見。その後売り場が変わって(編み図コーナーから手仕事のコーナーに)見かけなくなって、結局記憶だけを頼りに探して発見、購入。
    林さんの本は買ったことがなかったのですが、アフガン編みが気になったので探してみようと思います。ゲージいっつも取らなかったのですが、大切さに気づいました。多分私の目は緩いんだろうなー…。周囲にニッターがいないので「分かる、分かる」とうなづきながら読め、とても楽しかったです。

  • あみものの本。
    編み方の説明じゃなくて編み物が楽しいことを再認識させてくれる本。
    編み方のアイデアや、可愛い小物満載で乙女心が刺激される。

  • 北欧の編み物事情に詳しい、林ことみさんのエッセー。グッズなどの写真のほか、テクニック図解もあって楽しく読めます。日本では数少ないジャンルなので、もっと増えてほしくて星の数は最大です。

    世界の国々の編み物について書かれているのですが、そこに登場するのがフェロー諸島。直前に読んでいた宇都宮壱徹「フットボールの犬」にも登場し、小さいスタジアムで国際Aマッチが行われる話を読んでいたので、ニッター憧れの地ということで一見関係ないサッカーと編み物がフェロー諸島という場所で交差して、ユーレカ! な読書体験でした。

  • とてもきれいな本です。作品の編み方が載っているのではなく、編み物の薀蓄を読む本です。海外の珍しい編み物の道具の写真をみているだけでもあたたかな気持ちになります。私もいろいろコレクションしたくなりました。…といってもかぎ針だけでもかなりの数を持っているのですが。
    ちょっと珍しい編み方なども載っていて編み物上級者向けの本です。

全6件中 1 - 6件を表示

おしゃべりKnit (読む手しごとBOOKS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おしゃべりKnit (読む手しごとBOOKS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おしゃべりKnit (読む手しごとBOOKS)はこんな本です

ツイートする