『育みはぐくまれ』

  • 13人登録
  • 3.75評価
    • (2)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 木村まさ子
  • グラフ社 (2007年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766210682

『育みはぐくまれ』の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今更だけど、木村拓哉さんのお母さまの著書と言うことで読んでみた。

    あの責任感の強い、決して人を悪く言わない、すべて真っ向から受けて立つ、負けず嫌いなあの男を育てた母親とはどういう人かと(笑)
    私より一つ上で、私は息子3人の母親だけど、上の子が木村拓哉さんの一つ下。
    私もかなり普通ではない?育て方だったと思うけど、今になって時々「こうしておけばよかったのかな」と思うことがある。
    この本を読んで反省したことも(今更だけど(笑)

    彼女は決してそうは思わない人なのね。
    すごいなぁ・・・

    私の記憶が正しければ、かつてノーベル賞に輝いた江崎玲於奈氏の母君が「子育てはすぐに結果が出るものではないので」みたいなお話をされて、それだけは私も肝に銘じてきたけれど。

    私は一人っ子だったので、兄弟での上下関係が全く分からないで、夫に「一人っ子は精神的カ〇ワだ」と言われたことがあった。
    早乙女勝元氏が一人っ子はただの点、二人は線、三人になって形になる?なるほど~と3人産んだ。。タンジュン(-_-;)
    同じお腹から出てきても3人3様、下に行くほど小学生以上の記憶がない(-_-;)
    忙しかったのもあるけれど、やはり最初の子ほど手をかけてあげられなかった。

    木村拓哉さんも弟とは年もかなり離れているのね。
    うちの長男と三男くらい。
    ましてお兄さんは有名人になって・・・

    あのいじめのことは何となくネット記事で読んだりしたことはあったけど、本人も親御さんも大変な思いをされて。
    でも、何よりもご両親の愛情、母親の子供を護る愛が素晴らしく、だからこそ今のあの木村拓哉が存在するんだわ・・

    今、親の愛情が希薄になって不幸な事件が多く胸が痛むけど、親になるのなら、子を産むのなら、本来の子を育てるという親としての覚悟を持っていただきたいね。

    結局は最後は親に結果として帰ってくると思うよ。

    小さいころの木村拓哉さんがとても愛おしく思った(多分長男と重ねてるのかも)

  • 木村拓哉さんのお母様が書かれた本。
    鎌田實氏が著書に彼女のことが少しだけ書かれていて、どんな子育てをされたのかと興味を持ち、本書を読んでみました。

    口うるさくなく、でも、心は離さないで子どもを見守る。簡単なようで案外難しいのではないかな。

  • いただきます 命長らえさせていただきます

    こんな人がこの世に存在しているのが嬉しい。

  • キムタクの弟 といわれつづけるので インパクトのある個性をつけるために サッカーや野球でなく  アメフトをやらせる。ナイスな戦略のお母さん。
    心身ともにほんとたくましそう。

  • 某有名アイドルの母が綴った子育て記。
    こうやって、あの大人気アイドルは生まれたのか…と納得してしまう子育て。
    子どもの目線で泣いて笑って怒って抱いて。
    途中何度も目頭が熱くなった1冊。

  • 食に関してはもちろん
    いろんなことに興味を持ち一生懸命で
    心動かされた言葉を素直にぐーんと吸収して。
    読み終えると気持ちよく前向きになれます。
    拓哉が・・なんてさらっと書かれてて・・当たり前か、お母さんだもん。

全5件中 1 - 5件を表示

木村まさ子の作品

『育みはぐくまれ』はこんな本です

ツイートする