新版 卒業論文の手引―全国のすべての大学生の役に立つ「卒業論文の手引」

  • 14人登録
  • 2.33評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
制作 : 慶応義塾大学通信教育部 
  • 慶應義塾大学出版会 (2003年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766409956

新版 卒業論文の手引―全国のすべての大学生の役に立つ「卒業論文の手引」の感想・レビュー・書評

  • 関連文献を読むこと。その読み込みの再に研究テーマの明確化に努力すること。
    先行研究の把握。
    素朴な疑問をきちんとした問題にするための勉強が必要で、これをしっかりやっておけばおくほど、論文を書く時もスムーズに進行する。
    いかなる分野の研究を行う場合も、既存研究の現状を知ることが重要である。自分が何をしたいかを確認すること。
    1.関心をもつ現象が何かを明確にする
    2.先行研究を調べる
    3.調べたいことを疑問形で記述する
    4.疑問文に含まれる概念の操作的定義を行う
    5.研究法を選び、研究遂行計画を立てる。

    ・問題の所在
    ・方法
    ・結果
    ・考察
    ・残された問題
    ・文献

全1件中 1 - 1件を表示

新版 卒業論文の手引―全国のすべての大学生の役に立つ「卒業論文の手引」を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新版 卒業論文の手引―全国のすべての大学生の役に立つ「卒業論文の手引」を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新版 卒業論文の手引―全国のすべての大学生の役に立つ「卒業論文の手引」を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新版 卒業論文の手引―全国のすべての大学生の役に立つ「卒業論文の手引」を本棚に「積読」で登録しているひと

新版 卒業論文の手引―全国のすべての大学生の役に立つ「卒業論文の手引」の作品紹介

慶応義塾大学のベテランスタッフによる卒業論文手引の決定版。卒業論文を書くうえで必須であるテーマの決め方、資料収集や検索方法などを具体的に説明。文学部・経済学部・商学部・法学部それぞれの専攻にあった論文作成法を紹介。

新版 卒業論文の手引―全国のすべての大学生の役に立つ「卒業論文の手引」はこんな本です

ツイートする