統治の諸規則

  • 29人登録
  • 2レビュー
制作 : 湯川 武 
  • 慶應義塾大学出版会 (2006年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (695ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766412383

統治の諸規則の感想・レビュー・書評

全2件中 1 - 2件を表示

統治の諸規則の作品紹介

中世イスラーム国法学の祖、アル=マーワルディー(974年‐1058年)の代表的著作。マーワルディーは、本書において、スンナ派神学のイマーム(カリフ)制というシャリーアに適う君主制度を、統治契約の合法的な締結形式として法学的に定式化した。また、その君主制度を持つ統治システム(国家)の正統性の源としてのシャリーアの施行の重要性を説き、統治にかかわるシャリーアの施行の中核は、理念そのものよりも実際の運用と執行にあると唱えた。マーワルディーは、本書によって、預言者ムハンマドの正統な後継者としてのイマームの正当性を根拠とする法理論を樹立し、イスラーム法学の礎を築いた。

統治の諸規則はこんな本です

ツイートする