『ドラキュラ』からブンガク―血、のみならず、口のすべて (慶應義塾大学教養研究センター選書)

  • 17人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 武藤浩史
  • 慶應義塾大学教養研究センター (2006年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (101ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766412802

『ドラキュラ』からブンガク―血、のみならず、口のすべて (慶應義塾大学教養研究センター選書)の感想・レビュー・書評

  • 【2/10000】

    皆様、明けましておめでとうございます!

    大掃除の合間に読み進め、年をまたいで読み終わりました~

    ここ数年は英語多読をしているのですが、ブラム・ストーカーの短編を最近読み、お世話になっている英語読解の先生から「ドラキュラ」を読む前にこの本を読むことを勧められました。凄く面白かったです!

    装丁からして、凄く好みでゾクゾクする感じです。
    内容はドラキュラが書かれた時代背景や著者についてなど、ドラキュラを読むにあたって、とてもためになるものでした。

    100ページ弱で一般人でも読みやすく理解しやすい解説がされているのが良かったです。
    「口」という器官についての考えが深まりました。

    私の好きなオスカー・ワイルドとブラム・ストーカーの意外なつながりを知ることもできたので嬉しかったです。

    本の作者や時代背景を知るとさらにその作品が楽しめるということ知ることができたので、勧めてくれた先生には感謝です。

    これから読むつもりの「ドラキュラ」は英語・日本語どちらにしようかな?

  • 「ドラキュラ」読んでから読むと、いろんな視点から「へぇ、あのエピソードにこんな意味が」と感心。
    一粒で何度も楽しめます。
    そんな楽しみ方を他の小説に対しても開いてくれる一冊。

全2件中 1 - 2件を表示

『ドラキュラ』からブンガク―血、のみならず、口のすべて (慶應義塾大学教養研究センター選書)を本棚に登録しているひと

『ドラキュラ』からブンガク―血、のみならず、口のすべて (慶應義塾大学教養研究センター選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

『ドラキュラ』からブンガク―血、のみならず、口のすべて (慶應義塾大学教養研究センター選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

『ドラキュラ』からブンガク―血、のみならず、口のすべて (慶應義塾大学教養研究センター選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

『ドラキュラ』からブンガク―血、のみならず、口のすべて (慶應義塾大学教養研究センター選書)の作品紹介

キーポイントは、口。メディア・セクシュアリティ・帝国・大飢饉などの歴史。そして、基礎作業として、まず真理と物語の問題。多彩な要素が絡みあいながら、テキストをさまざまに彩ってゆく。

『ドラキュラ』からブンガク―血、のみならず、口のすべて (慶應義塾大学教養研究センター選書)はこんな本です

ツイートする