人文学と電子編集―デジタル・アーカイヴの理論と実践

  • 20人登録
  • 1レビュー
制作 : ルー・バーナード  キャサリン・オブライエン・オキーフ  ジョン・アンスワース  明星聖子  神崎正英 
  • 慶應義塾大学出版会 (2011年8月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766417746

人文学と電子編集―デジタル・アーカイヴの理論と実践の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

人文学と電子編集―デジタル・アーカイヴの理論と実践の作品紹介

「本」の信頼性をどう回復するのか-欧米では、ここ数十年、デジタル化をめぐる重要課題として、テキストの品質管理のためのさまざまな試みが繰り返されている。世界最大規模の人文学系学会MLA(米国現代語学文学協会)を中心に積み重ねられてきた議論や実践の成果を、その過程で構築されたガイドラインも含めて紹介する本書は、日本の読者に、私たちの社会における「本」の未来を、真剣に長期的に展望する視座を提供する。

人文学と電子編集―デジタル・アーカイヴの理論と実践はこんな本です

ツイートする