スポーツは誰のためのものか

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 杉山茂
  • 慶應義塾大学出版会 (2011年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766418293

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

スポーツは誰のためのものかの感想・レビュー・書評

  • 本来、「スポーツ」とは、日常生活の規範や束縛から離れる動きを表す「気晴らし」や、転じて自分の意志で「楽しむ」、「遊ぶ」という意味である。気晴らしに身体を動かして楽しく遊ぶといった娯楽としての役割がスポーツの原点で、私たちにとっての大きな魅力の一つではないだろうか。
    日本のスポーツは、教育現場を中心に発達してきた。ヨーロッパやアメリカから主に大学に伝来したことや、スポーツを教育的に捉えられたこともあり、日本は独特のスポーツ観を築き上げることとなった。競技志向で、スポーツにおける勝負、勝利至上の精神論が強く謳われた。また武士道のように、スポーツも「道」として理解しようとした。最近は、健康のためや地域活性のためスポーツを「楽しむ」こと第一に身体を動かす場も増えてきていると思う。しかし、日本でスポーツといえば、「気晴らし」や「遊び」という印象よりも、競技的なイメージをまず始めに思い浮かべるのではないだろうか。一生懸命に取り組む、忍耐強く諦めずに頑張る、といった精神が美徳であると考えられているし、メディアでもそのように取り上げられている。このような日本の価値観は本来のスポーツの魅力を狭めてしまっているのかもしれない。
    私たちは、小・中・高・大学の教育機関で過ごす間で、スポーツに触れる機会というものは沢山ある。小学校では、中間休み、お昼休み、放課後の沢山の自由時間にスポーツをして遊ぶ機会がある。これらの時間は、イベント行事がない限り、好きなことをして遊べる。外で遊ぶことも、中で遊ぶことも、遊ばずにボーっとすることも許される、自由な時間である。自分が遊びたい気持ちのときに、遊びたいことをして遊ぶことが出来るのである。この年代では、スポーツを好きなときに楽しめていると思う。小学校では自由に遊ぶ時間があったにもかかわらず、中学校、高校になると、そのような時間はなく、競技的にスポーツに取り組むクラブ活動が行われている。自身の経験を振り返ってみると思い出されることは様々あるだろうと思う。種目ごとのクラブが存在し、競技的にスポーツに取り組む。楽しむことよりも、試合での成績が良いと賞賛され、技術の向上を求められる。生徒間での上下関係、生活指導、礼儀、など、クラブ活動時だけでなく、学校生活全般についても厳しく指導される。社会人や大学生のOG,OBがコーチに来ることも多い。顧問の先生はいるが、練習や指導は上級生から下級生へ伝わっていく。小学校のときに、学校外で地域のスポーツチーム等、競技的にスポーツをしていない者は、初めての環境に身を置くこととなる。中学、高校でのクラブ活動は、レベルは様々であろうが、志向は単一で、その環境が心地よくない者、楽しく身体を動かしたい者は、クラブ活動を辞めざるを得ない。大学では、競技志向のクラブ活動の他に、より娯楽志向のサークルや同好会が存在する。クラブよりも練習日数が少なかったり、厳しくなかったり、サークルごとに様々であるので、自分の求める形でスポーツを楽しむ環境に出会える確率は高い。同好会やサークルが存在はするが、大学からの資金は乏しく、施設の利用は出来ない所が多い。大学側もスポーツで有名になろう、という思惑があるのだとは思うが、この現状からもスポーツというものは、一生懸命競技的に行なうほうが善いのである、と考えることが可能である。ヨーロッパのクラブでは、参加目的ごとにカテゴリーが準備されているシステムがなされている。競技志向、娯楽志向の2派があり、他のクラブとは同じカテゴリーで交流しあうという仕組みである。日本の教育現場でのスポーツ活動は偏っていて、中学、高校のクラブでは娯楽志向でスポーツを楽しめる場は少ない。そのような活動にしようとする指導者がいないのかもしれない。大学になるとそのような場が出てくるものの、学校側からの支援を考えると... 続きを読む

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。
    通常の配架場所は、2階 請求記号780.13/Su49

全3件中 1 - 3件を表示

スポーツは誰のためのものかを本棚に「読みたい」で登録しているひと

スポーツは誰のためのものかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スポーツは誰のためのものかはこんな本です

ツイートする