公智と実学

  • 22人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 猪木武徳
  • 慶應義塾大学出版会 (2012年10月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766419689

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョセフ・E・ス...
ジャレド・ダイア...
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

公智と実学の感想・レビュー・書評

  •  本書の第一部には産経新聞の「正論」や日経新聞の「経済教室」に掲載された時論が、第二部には慶應での講演などを編集したものが収められている。

    【書誌情報+内容紹介】
    四六判/上製/226頁
    初版年月日:2012/10/31
    ISBN:978-4-7664-1968-9
    Cコード:C1030
    定価 2,592円(本体 2,400円)
    ▼失われた20年と大震災、この危機を乗り越えるために。
    ▼福澤諭吉の精神に学びつつ、現代日本が直面する問題の本質を明快に論じる時論と、福澤の公共哲学の現代的意義を鋭く説く論考を集成。現代に蔓延するペシミズムを回避し、深く考え行動する勇気が湧く実践の書。
    ▼第1部は、2008~2012年にわたり『産経新聞』、『日経新聞』に掲載された時論。第2部は、福澤諭吉を主題とする講演録を中心に編集。
    http://www.keio-up.co.jp/np/isbn/9784766419689/


    【目次】
    目次 [001-003]
    はじめに [005-014]

    第1部 議論の本位を定める――時論 二〇〇八-一二
     金融・経済危機とその行方――歴史的考察(2008/12/03) 003
     政権交代に期待する(2009/09/28) 009
     共同体構想を性急に語るなかれ(2009/11/19) 013
     リーダーは明晰に語るべし(2010/01/13) 017
     「対等な日米関係」の行方(2010/01/27) 021
     地方分権の本位は人材にあり(2010/02/19) 027
     若い研究者を育てる意志はあるか(2010/04/05) 031
     政治の言葉にいのちを吹き込め(2010/05/07) 035
     「ヨーロッパ人」のような覚悟はあるか(2010/06/10) 039
     中庸の難しさ(2010/08/05) 043
     外交と地方自治の弱さは同じ原因(2010/11/25) 047
     「後生、畏る可し」という実感(2011/01/13) 051
     週単位のニュース報道に期待する(2011/03/14) 055
     この犠牲から何を学ぶのか(2011/04/27) 059
     大震災後の日本の針路(2011/05/13) 063
     中国のホンネとタテマエを見分けること(2011/06/28) 069
     公益の尊重と責任倫理が必要だ(2011/08/11) 073
     徹底して記録し、徹底して究明する(2011/09/19) 077
     ギリシャ危機から学ぶこと(2011/11/25) 081
     保守政党不在の危うさ(2012/01/09) 085
     震災一年に思う(2012/03/12) 089

    第2部 福澤諭吉の「公智」
     福澤諭吉の公共性の哲学 095
     経済学における厚生概念と人間の幸福――「所得」と「比較」について 121
     公と私の平衡――高橋誠一郎の福澤観から 143
     伝統の再解釈としての明治思想史――坂本多加雄『市場・道徳・秩序』解説 165
     大阪慶應義塾が福澤諭吉と金玉均を結びつけたのか 177
     デモクラシーの危機を乗り越えるために――国法と道徳 207

  • 経済学者が福澤諭吉の考え方の意義を掘り起こすユニークな視点で真っ当な議論を展開する。
    福沢諭吉は公と私を分けて考え、公を私の上位においている。例えば忠臣蔵の美談的扱いを批判し、当該事件はあくまで私的な憤りを晴らしたもので、公的なルール(法)にを無視した咎をその美談は乗り越えることはできないとする。
    またその公私を徳と智で分け、公徳/私徳、公智/私智としている。公徳は社会全体のことを考えた徳であり、個々人が金銭的に清廉だとかするのを私徳として日本人は前者の方が大事な局面も多々ありながら、後者をあまりに重視しているとする(最近も度々政治家がこれで失脚するように)。
    公智/私智は、まさに経済学的なものの見方につながり一人一人の効用最大化の技術=私智が、必ずしも公的な効用改善につながらないケースがあるとしており、新古典派的な考え方と対峙する(福澤がそこまで議論を進めている訳では当然ないが)。

全3件中 1 - 3件を表示

公智と実学の作品紹介

福澤諭吉の精神に学びつつ、現代日本が直面する問題の本質を明快に論じる時論と、福澤の公共哲学の意義を鋭く説く論考を集成。現代に蔓延するペシミズムを回避し、深く考え行動する勇気が湧く、実践の書。

ツイートする