歌曲(リート)と絵画で学ぶドイツ文化史:中世・ルネサンスから現代まで

  • 11人登録
  • 1.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : 石多正男
  • 慶應義塾大学出版会 (2014年8月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766421477

歌曲(リート)と絵画で学ぶドイツ文化史:中世・ルネサンスから現代までの感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

歌曲(リート)と絵画で学ぶドイツ文化史:中世・ルネサンスから現代までを本棚に登録しているひと

歌曲(リート)と絵画で学ぶドイツ文化史:中世・ルネサンスから現代までを本棚に「読みたい」で登録しているひと

歌曲(リート)と絵画で学ぶドイツ文化史:中世・ルネサンスから現代までを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

歌曲(リート)と絵画で学ぶドイツ文化史:中世・ルネサンスから現代までを本棚に「積読」で登録しているひと

歌曲(リート)と絵画で学ぶドイツ文化史:中世・ルネサンスから現代までの作品紹介

ドイツ文化への全く新しい画期的入門書!

通常、音楽史と美術史はそれぞれ個別に論じられることが多く、また、「クラシック音楽と西洋美術」などと題されていても、同じ時代の作品をただ併記するだけで、両者の表現方法などに深い考察を加えることはほとんどない。各時代にはその背景にもとづき、ジャンルを超え、共通する様式や形式があるのではないだろうか。
本書は、このような視点から、音楽、絵画、ドイツ社会史それぞれの関連性を読み解いていく。それぞれの領域に関心のある読者の知識をつなぎ、ドイツの文化と社会に対する一層の理解を促す良質な新しいタイプの、ドイツ文化入門書!

ツイートする