発達障害の疑問に答える (子どものこころと体シリーズ)

  • 10人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 黒木俊秀
制作 : 黒木 俊秀 
  • 慶應義塾大学出版会 (2015年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766422368

発達障害の疑問に答える (子どものこころと体シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 仕事用

  • 教育と医学に収録された関連記事と書き下ろしで構成。概念定義,検診診断,対処教育,周囲への対応など。薬の説明や診断においてどういう点に注目するかなどを平易な文で解説。発達障害を大きく掴むための良書。

全2件中 1 - 2件を表示

発達障害の疑問に答える (子どものこころと体シリーズ)を本棚に登録しているひと

発達障害の疑問に答える (子どものこころと体シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

発達障害の疑問に答える (子どものこころと体シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

発達障害の疑問に答える (子どものこころと体シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

発達障害の疑問に答える (子どものこころと体シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

発達障害の疑問に答える (子どものこころと体シリーズ)の作品紹介

▼医学と教育の最新の知見から発達障害を解説。

平成19年からの特別支援教育がスタートから現在までに、発達障害についての知識はかなり浸透してきました。しかし、教師の中でも知識・理解の格差は大きく、また障害をもつ子どもの同級生の保護者などの無理解も否定できません。
また、発達障害に関する書籍は多数刊行されていますが、医療と教育の連携に役立つものは少ないです。
そこで、大切なポイントに焦点を当てて、解説します。
   
子どものこころと体シリーズの第二弾。

 本書を読んだ読者は、各執筆者の立場(小児科医、精神科医、臨床心理士、教育学者など様々です)によって、発達障害に対する見方やアプローチが微妙に違うことに気づくことでしょう。これは、発達障害に対して様々な考え方があることを知っておくことは、一人ひとりの発達障害児・発達障害者にかかわる際にはむしろプラスになるのではないかと思います。人それぞれに個性があるように、発達障害のある方が抱える障害の程度や問題のあり方は千差万別です。そのことに気づき、受け入れることが、本当の支援につながるのではないでしょうか。本書が、そのような理解の助けとなり、柔らかなかかわりへと結びつくように願っています。(黒木俊秀「はじめに」より抜粋)

発達障害の疑問に答える (子どものこころと体シリーズ)はこんな本です

ツイートする