コミュニケーションの哲学入門 (慶應義塾大学三田哲学会叢書 ars incognita)

  • 29人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 柏端達也
  • 慶應義塾大学出版会 (2016年12月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (108ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766423921

コミュニケーションの哲学入門 (慶應義塾大学三田哲学会叢書 ars incognita)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • コミュニケーションの説明。どこが哲学かよくわからない。

全2件中 1 - 2件を表示

柏端達也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
森田 真生
アンソニー・B・...
稲葉振一郎
山本 貴光
有効な右矢印 無効な右矢印

コミュニケーションの哲学入門 (慶應義塾大学三田哲学会叢書 ars incognita)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

コミュニケーションの哲学入門 (慶應義塾大学三田哲学会叢書 ars incognita)を本棚に「積読」で登録しているひと

コミュニケーションの哲学入門 (慶應義塾大学三田哲学会叢書 ars incognita)の作品紹介

日常生活に不可欠な「コミュニケーション」を哲学的に考える

わたしたちは日々、多かれ少なかれ、コミュニケーションをしながら生きている。
では、コミュニケーションとは何なのだろうか? 何を含むのだろうか? そこに言語は必要なのだろうか?
本書では、日常的な「コミュニケーション」というものをユーモアを交えながら哲学的に思考し、その理論的枠組みを示すことをめざしている。
ポール・グライスやドナルド・デイヴィドソンの言語哲学を援用し、「コミュニケーション」の新たな地平をひらこうとする、画期的な哲学入門書。

<b>慶應義塾大学三田哲学会叢書</b>
三田哲学会は創立100年を機に、専門的な研究成果を「生きられる知」として伝え、 公共の中に行き渡らせる媒体として本叢書の発刊を企図した。
シリーズ名は、ars incognita アルス インコグニタ。
ラテン語で「未知の技法」を意味する。
単なる知識の獲得ではなく、新たな「生きる技法としての知」を作り出すという精神を表現している。

コミュニケーションの哲学入門 (慶應義塾大学三田哲学会叢書 ars incognita)はこんな本です

ツイートする