スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない! (リュウ・ブックスアステ新書 48)

  • 1189人登録
  • 3.29評価
    • (40)
    • (138)
    • (262)
    • (46)
    • (13)
  • 188レビュー
著者 : 竹内一正
  • 経済界 (2008年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766710489

スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない! (リュウ・ブックスアステ新書 48)の感想・レビュー・書評

  • 重要な言葉にたくさん出会えた一冊。

    ビジネス的だけど読みやすかった★

    ITとかの話が多い故に、苦手な横文字用語が難しかったけど、割とスラスラ読めました!

    ジョブズのいろんな面が書かれているので、今まで持ってた彼に対する印象が少し変わるんじゃないかと思います!

    おすすめー!

  • 僕は勝手にジョブズ3部作と呼ぶことにするが、著者のジョブズに関する3冊(これは僕の本棚にある)は内容が似通っており、3冊立て続けに読むと同じことが形を変えて3回出てきているのでは?と思う。実際同じことが繰り返されているのだが、視点がそれぞれ異なっているので同じ本の読みなおしとは違った印象を持つことができる。
    特した気分にはならないが、これはこれでアリかな。

  • スティーブ・ジョブズ
    神の交渉力と題されているが、
    内容から見ると、
    「神の交渉力」というよりは、
    「スティーブ・ジョブズという人~現在までの奇跡~」
    という方がしっくりきますな!

    スティーブ・ジョブズはこういう人で、
    こんなことを内部でやってきて、
    なんと、こんなこともやってしまう人なんですわ!
    というふうな本。

    具体的なネゴシエーションについての詳細はあまり書かれてなく、
    いろんな節目節目でのジョブズのパワフルネゴシエーションが炸裂したということが広く浅く書かれていますな!

    ジョブズに興味がある人は読んでもいいかも。
    でも、買うまでもない感じですな。
    図書館で十分な感じがしますぞ!

  • この人信じられないくらい自己中。まさに他人の人生ではなく自分の人生を生きてるといった感じ。
    凡人がこの人と同じように生きるのはまあ無理かな…
    間違いなく社会から干されるわ。

  • ジョブズという人間像が、様々な逸話を通して理解できる一冊。それは神にも悪魔にも見えた。

  • 最後にジョブズのスピーチの一節が書かれている。彼の凄みの一つとして、理屈だけではなく心に響く言葉を発信できることがある。何かやってるくれるんじゃないかという、聴衆者を包み込むほどのスピーチは心地よい

  • アップルを創設し、次々と革新的なプロジェクトを生み出す人物。
    そこには成功もあれば、大きな挫折もある。
    驚くほどの強引さ、人を人とも思わないやり方。
    そのやり方は賛否両論あるでしょうが、まさしく彼にしかできないことかも知れません。

  • かの有名なスティーブ・ジョブスの仕事観、やり方について書かれた本。

    自分の中で刺さった言葉を紹介。

    「現実になど自分の決意の邪魔はさせない」
    ジョブスは現実など、はなから無視する。時間的制約などなんとでもなると考えている。

    「失敗をして弱気になるのではなく、弱気だから失敗をする」

    「興味を持った一つ一つのことに熱中していけば、そのときは散らばっている点のような別々の存在が、将来はつながり合って素晴らしい一つの大きなものとなる」

    ジョブスは、自らが作ったアップルを一度やめさせられている。
    天才とか神とか言われるのは、誰よりもあきらめが悪く、誰よりも働き、誰よりも自分に自信を持っているからだと思う。


    ●アクション
    誰でもわかる言葉をつかう
    相手の頷きを見て緩急をつける

    時間とスピードにこだわる
    もうすぐ死ぬということを頭に入れておく

  • appleを、iPodを生み出して来たスティーブ・ジョブスについて書いた一冊。逸脱しているようで、的を得て、目標、目的に対して妥協する事なく突き進む彼のスタイルを感じる事ができる。

    スティーブ・ジョブスにはなれないが、自分の生活、仕事について考え直すことができる一冊

  • スティーブジョブスくらい商品に入れ込まないとファンはできないんだと思う。売れる商品を開発するには、その商品に入れ込まないといけないんだと感じる。

  • 比較的、読みやすい本だと思います。

    ミスタージョブスがどんな方がわかる、わかりやすい一冊だと推薦します。

    マスコミ、ビジネス取引、ドタキャンし放題、これだけ聞いたらただの超・超・超自己中やっ(笑いがでてきます。

    当のドタキャンした方なんかは全然
    あーーーーーーーっ(怒・怒)てなると思いますが、体感しないと客観視してしまいネタにしてしまう、そういう生き物が人間なのかなっ?その怒りを第三者でもリアリティに体感できる装置があったら面白そうwwwあ!脱線した(反省


    んでも、人を惹きつけるファン増えるww
    この自己中さはっきり言って馬鹿だと思う。やっぱ馬鹿と天才は神一重なんだなと認識※ありきたりなこと書いてすみません。


    あ!ちなみに一タイトル終わるとまとめみたいなのが書いてあるのですがすごくいいこと書いてあります。そこだけ読むだけでも、ものすごく価値あるものだと思いますので是非、読んでない方はオススメしますよーー

    それにしてもジョブスいいな〜
    いっつもジーパンにタートルネック、ダサイスニーカーにシャツをパンツに入れてベルト無し@0円CEO)資産はある程度あると思うけど

    んで神プレゼン。もう言う事なっしぶる

    ipadでも世界をipodと同じ以上の改革がハッキリ言って起こる
    これは間違いない。

  • 新しいジョブズの一面を知れた。徹底力が違う。

  • ■並大抵の神経の持ち主ではない。「忠誠」と「才能」のみを

    重用する彼のスタイルは、まるで織田信長のようだ。

    ■膵臓がんになった時の話は、とても共感する。

    ○人生で大きな決断を下す際にもっとも助けになったことは、

    もうすぐ死ぬということを頭に入れておくことだ。周囲の期待や

    プライド、または失敗や恥への恐怖は、死を前にすると消え去り、

    本当に大事なことだけが残る。(P218-P219)




    ■ジョブスの給料の話(アップルの給料は1ドル)は有名だが、

    何故か?その回答はしびれる。

    ○「毎日、会社に行っては、アップルでも、ピクサーでも、世界中

    でいちばん才能のある人たちと仕事をしている。世界一の仕事だ。

    でも、この仕事はチームスポーツなんだ」

    そう。ジョブズにとって大切なのは、必ずしもお金や名誉ではない。

    才能のある人たちを集め、ときに怒らせ、ときに鼓舞しながら、

    世界をあっと言わせるようなものをつくり出すことだ。宇宙に衝撃

    を与えるようなものを創造する。これこそがもともやりたいことで

    ある。得意なことであり、なにより喜びを感じることなのだ。

    (P155)

  • ノンフィクションなんだけど、読んでるうちにフィクションのような錯覚に陥ってしまう。それほどスティーブジョブズの行動や発言は破壊的かつ魅力的。最高に面白い作品だった。

  • 2008年に読んだ。

  • 目的の為なら契約も反故にする、恩を仇で返すのも当たり前、アメリカってやっぱり凄いなぁって『欧米かっ!』って突っ込みたくなるようなアメリカナイズドされた本かなっ?って思った。
    確かに虚を突く交渉術と目的のものを手に入れる愚直さは素晴らしいものであるが、日本のビジネスは勿論のこと通常のビジネスでは、まるでだまし討ちのようで継続的な関係は維持できないように思える。
    わたし個人としては、この前に読んだ交渉術や、ユダヤの商法を重んじた藤田田氏の方が永続的な成長をしたいと考えると腹落ちする。
    まっ、だから私は凡人なんだなっ(笑)

  • ジョブズの交渉に焦点を当てた一冊。
    しかし、個人的にはジョブズ以外の日本の経営者の一言の方が目が惹かれた部分が多かったかもしれない(ジョブズがどうではなく、単に本書のまとめ方として一言わかりやすく書かれているのが、日本の経営者の一言が多いように感じた。)
    書かれている内容はいわずもがなという感じではあるけれど、ジョブズの交渉の捉え方のようなものはわかる一冊になっていると思われる。

  • 自己中心的、強烈な迄の雄度、タフネゴシエーター、形容される言葉は多い。

    私はスティーブ信者ではないが、凄まじい人間ですね。
    情熱と執着心の権現というか。

    一般人には決して真似できない神がかった人間。

    宗門に帰依するスティーブ信者達の、気持ちが少しばかりながらも、わかった気がする。

    独裁者であり、カリスマだな。

    彼の才能が、戦争なんかに向かなくて本当に良かったと思うよ。

  • ジョブズから交渉術の学ぼうと思って読んだが、それに対しては期待外れ。ただジョブズの歩んだ道を知るには面白かった。

  • 3・妥当な案より不当な案で交渉を動かせ。
    5・楽観は考え無しだが、悲観は能無しだ。
    7・待ちは、勝ちの重要な一部をなす。

  • ビジネス書と思うと、後悔するかも。スティーブ・ジョブズの交渉に関するエピソードを書いてるだけで、テクニックもノウハウも特段ないように思う。日本では考えにくいぐらいの超ワンマン経営者。

    とはいえ、常識に囚われ過ぎている日本サラリーマンには或る意味刺激となる良い部分もあるかな、とも感じます(もちろん常識は大事なのですけれど)。

  • 他人の手柄やアイディアを平気で自分のものにしてしまう。死んでしまって、ホントに神になってしまって美化されてしまったようにも思うけど、病気が発覚する前に書かれた本。なかなか破天荒でおもしろいね。

    しかし、こういうの、良くも悪くも持って生まれた性格ではあるし、まねしたり参考にしたり、っていうのはあまり意味がないような気もするけどな。

  • ジョブズの成功の秘訣については他書と同様だが、常に傲慢で自己中心的だったことに触れている。ホンダ、マツシタ、ソニーという日本の経営者にも共通な考え方もその都度交えながら、対人交渉のポイントを指摘。

全188件中 1 - 25件を表示

竹内一正の作品一覧

竹内一正の作品ランキング・新刊情報

スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない! (リュウ・ブックスアステ新書 48)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない! (リュウ・ブックスアステ新書 48)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない! (リュウ・ブックスアステ新書 48)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない! (リュウ・ブックスアステ新書 48)はこんな本です

スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない! (リュウ・ブックスアステ新書 48)のKindle版

ツイートする