スティーブ・ジョブズ 神の策略 (リュウ・ブックス アステ新書)

  • 278人登録
  • 3.05評価
    • (9)
    • (14)
    • (38)
    • (18)
    • (5)
  • 31レビュー
著者 : 竹内一正
  • 経済界 (2009年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766710816

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ウォルター・アイ...
堀江 貴文
有効な右矢印 無効な右矢印

スティーブ・ジョブズ 神の策略 (リュウ・ブックス アステ新書)の感想・レビュー・書評

  • ここに描かれてれいるウティーブ・ジョブズ像ははっきり言って「黒い」です。そのあまりの闇の深さにジョン・スカリーではありませんが本当に唖然としました。光あるものは闇も深い。そんな事実を突きつけられます。

    やっぱりこの人の書いているジョブズ本は非常にわかりやすくて面白いですね。今回ここに書かれているものはスティーブ・ジョブズが現在の地位にたどり着く前に行った数々の『策略・交渉事』に関するエピソードが収録されておりまして、僕は始めてこの本を読んだときに
    「えぇ、ジョブズってこんなに黒い部分があるのか!」
    と正直、引きました。

    アップルに復帰する際に自分を引き立ててくれたギル・アメリオを裏から手を回して追放したり、また、ジョン・スカリーとの関係に決定的な亀裂が入ったときに彼を追い落とそうとクーデターを画策するジョブズが描かれていて、僕自身も、ジョン・スカリー同様、スティーブ・ジョブズのダークサイドにものすごい衝撃を隠せませんでした。しかし、猛獣のような社員たちがいて、彼らをひとつの方向に導いていくためには正攻法ではたちまちやっつけられてしまうということ。だからこそ、彼のような現場のもっとも細かいところまで徹底的に口を出してアメとムチ、天使と悪魔の顔を使い分けるようなマネジメント術が必要なんだなと、そう感じました。

    対照的にアニメスタジオのピクサー社では社内ではエド・キャットムルに製作現場を取り仕切らせ、自らは巨人であるディズニー帝国に真正面から切り込んでいって、マイケル・アイズナーやジェフリー・カッツェンバーグたちなどの「大御所」たちを相手にウルトラC級の交渉術を駆使して数々の無理難題をディズニー側に飲ませるプロセスは痛快ささえ感じました。

    今、僕はピクサーのCGアニメが大好きで、よく見ているんですけれど、これで発生した利益や権利を自分により有利な方向にもって行く、その執念は見習うべきところが多かったです。彼にしかできないとが多々ありますけれど、我々にできることは、彼のいい部分を個人の裁量で取り入れていく。それから始まるのではないでしょうか?

  • スティーブジョブズさんを紹介している本
    iPhone愛用している私としては、どういう人か知りたかった為読んだ
    スティーブジョブズさんは、ビジネスをするのが好きで、自分の想いを完璧に形にするこだわりが強い人らしい
    本の内容自体、一つの事柄を多方面から繰り返し記述してある傾向があり
    読みにくい
    でも項の終わりに、歴史の人物や、偉大な人物の格言的な言葉を交えて、意見、見解が述べられている
    それがわかりやすかった
    その中でも心に残ったことば
    『リスクを取らない生き方とは、自分らしさを放棄する人生でしかない』
    『本当の失敗とは転ぶことではない。転んだ後で、起き上がらない事だ』
    『チャンスの女神は往々ちして私たちの手の届く所に潜んでいる。そして人が見逃してしまいがちなチャンスを発見する力は、24時間絶えず考え続ける「「持続思考」にある事は間違いない』

  • 今に満足しないで次を意識をすること。
    考える力。
    いつか世界一になると大ぼらをふく。
    今は何の役に立つかわからなくても、一生懸命に打ち込めば、初めに考えていた目的が達成できずとも、将来、違った形で成果をあげることがしばしばある。

  • ジョブズ好きのおっさんの話。信憑性などはないが、ジョブズに関係する話は面白いので読めてしまう。

  • うーん、普通な印象。

  • 日頃iphoneやmacを使っているが、スティーブ・ジョブズについて詳しく知らないので読んでみた。若い頃からiphoneの隆盛まで書かれているので入門にちょうど良い。

    スティーブ・ジョブズがいかにして周りの人間を魅了または対立していったのかも多数触れられていて興味深い。中でも、相手と信頼関係を作ったあとに、罵詈雑言を浴びせ相手をボロボロにし、放心状態のところに再び優しい言葉をかけるという、カルトの洗脳と同様の方法で相手の心を掌握するスティーブ・ジョブズの手法には少し恐ろしいものを感じた。

    しばしばライバルとして登場してくるビル・ゲイツについても知りたくなった。

  • スティーブ・ジョブスについて初めて知りました。

    彼はすごいけど彼の様にはとてもじゃないけど生きられないなぁと思った。

    章の終わりにあるまとめ(?)の中で、書き留めておいた言葉(備忘録として)

    1.リスクを取らない生き方とは、自分らしさを放棄する人生でしかない
    2.得意ゾーンを少し横に広げると思いがけないチャンスを手にすることもある
    3.40歳までは勝つように心がかけ40歳からは負けないように心がけることが大事

  • ジョブズの策略とは?


    リスクをとってきたからこそ、成功がある
    優良企業は、革新的な製品を既存顧客のニーズにマッチしないという意思決定をしがち

  • リュウ・ブックスアテネ新書のジョブズ関係の新書。
    芸術なまでに製品にこだわった半面、目的のためには手段を選ばない策略家としての一面をもっていたスティーブ・ジョブズ。
    若いときにアップルを追われ、不遇の10年を過ごしながらもピクサーで復活した後は戦略を駆使ししてカリスマ経営者として頂点を極めることになります。
    そんなジョブズの戦略家としての一面にスポットをあてて書かれています。
    すでに、他の本でもジョブズの半生については十分書かれているので、今回の「神の策略」はジョブズのビジネスでの逸話をもとにビジネスパーソンがどう考え、どう動きべきかという観点からもまとめられています。
    やりたいこともできずにくすぶるよりも、自分のやりたいことで成果をだすことに情熱を傾ける人生を選びたい…そんな気にさせる本だと思います。

  • iPhoneアプリで電子書籍版を読みました。簡単な文章表記なのですぐ読めます。ただ今までに数冊ジョブズ本を読んでいたので、真新しい知識はあまり得られませんでした。同じような話がループするのも気になります。交渉力というよりは、ジョブズの横暴で辣腕な性格にフィーチャーしたという感じですね。ジョブズを初めて知る分には良いかもしれません。

  • ジョブスに関する本を人生で初めて読んだ。
    まさかこんなタイミングで彼がいなくなるとは...。

    各章のタイトルと内容がいまいちあっていない気がするが、全体的に読みやすい。

  • なんかわからん。要するに持ってるコアが
    すごいんだな。しかもそのコアはセキュリティが
    高いので閲覧不能。

  • スティーブジョブスの考え方分かります。

  • アップルの創始者スティーブ・ジョブズ。
    数多の人を惹きつける彼の生き様、神の策略。
    ジョブズの激烈な歴史を策略という視点で眺めてみると
    閉塞感から脱出するヒントがいくつも見えてくる。
    逆境を逆境としない生き方がこの本に!
    この本を読んで多くを学びましょう!

    和図書 335.13/Ta67
    資料ID 20102005740

  • 今の顧客の意見を聞いている限り、未来のイノベーションは生まれない。今を信じるな。今は今でしかない。変化は必ず訪れる。

    ジョブズかっこいい。自分の世界観にとことんこだわる姿勢は圧巻。

  • 以前読んだ同シリーズと似た様な内容もあるが、切り口が若干変わっており、エピソードとしては同じなのだが、新鮮味を感じられるようになっている。
    ジョブズは策略家であるが、その策も彼独特のプレゼンあってこそその威力を発揮するのだろう。やはり天才なのだろうか。

  • 彼の魅力は、人を魅了する言動と振る舞い、プレゼン能力。その反面、感情的になって相手を罵倒したり、平気で嘘をつく。決してマネはできない(してはいけないw)が、多少のずる賢さは必要。その裏には、彼が完璧主義者だといい側面があるからか。少し親近感が湧く。

    (以下、個人メモ)
    ★役割分担 しつこさ(熱意) ★発明者は自分の技術に過剰に魅せられてしまう→発明者が勝利者になりにくい apple-マイクロソフト、sony-松下 ★諦めない執念 ゼロックス ★既存製品を超越する革新的な製品は、既存製品のニーズにマッチしない ゼロックスがキャノンの小型コピー機に負けた ★人が見逃してしまいがちなチャンスを発見する力は「持続思考」 問題を解こうと頭脳を常にフル回転する

  • 色んな本の焼き直しっちゃー焼き直し。
    でも、最近発売の新書だけあって情勢も今にマッチしてておもしろかった。

    章末にまとめ的に戦国武将とか野球選手の話とかが入ってたのがピントはずれの引用もあった気がするけど全体として意外に悪くなかった。

    しかし、あと一年経ったらたぶん読めたもんじゃないんだろうな。

  • ステイ―ブジョブブズに間にして初めて読んだ本。

    この本を読む限り彼の印象は唯我独尊といったところだろうか。

    強烈なカリスマ性を持ち反面、他者に対する思いやりを欠いてる印象。

    恩を与え、人をモチベートするタイプではないよう。

    ただ、こういった本は筆者の主観が関わるので、数冊読見比べて人物像を思い浮かべたい。

  • すごい人だと思いますが、内容はつまらなかった。

  • ジョブズを神様のように褒めたたえた内容かと思えば、そんなことも無く、逆に人間性については冷静に分析している。Appleやジョブズについて知りたければ良書、何かを学ぶ本ではない。

  • 他のメディアからの情報と重ね合わすと、なるほどと思える。アップルとジョブズの関係やアップルの足跡が掻い摘んで分かる。

  • Appleよりピクサーの話のほうがダイナミックで楽しかった

全31件中 1 - 25件を表示

竹内一正の作品一覧

竹内一正の作品ランキング・新刊情報

スティーブ・ジョブズ 神の策略 (リュウ・ブックス アステ新書)を本棚に登録しているひと

スティーブ・ジョブズ 神の策略 (リュウ・ブックス アステ新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

スティーブ・ジョブズ 神の策略 (リュウ・ブックス アステ新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スティーブ・ジョブズ 神の策略 (リュウ・ブックス アステ新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スティーブ・ジョブズ 神の策略 (リュウ・ブックス アステ新書)の作品紹介

大病から奇跡の復活!決して素顔を見せてはいけない。目的達成まで本心は隠し通せ!。「引き算設計」だからこそ、iPodは完成した!。

スティーブ・ジョブズ 神の策略 (リュウ・ブックス アステ新書)はこんな本です

スティーブ・ジョブズ 神の策略 (リュウ・ブックス アステ新書)のKindle版

ツイートする