帝国ホテル サービスの真髄 (リュウ・ブックス アステ新書)

  • 92人登録
  • 2.72評価
    • (0)
    • (5)
    • (11)
    • (6)
    • (3)
  • 10レビュー
著者 : 国友隆一
  • 経済界 (2010年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766711011

帝国ホテル サービスの真髄 (リュウ・ブックス アステ新書)の感想・レビュー・書評

  • サービスについて考えるにはよい本だと思います。「ここまでやってサービスと言えるのか」という少し深い部分でサービスを考えるきっかけになる本です。

  • 請求記号:689.8/Kun 資料ID:50058942

    【感想文 by Y.Y】
    帝国ホテルのサービスのあり方を第3者が観察し、書かれた本です。
    ノウハウや方法だけではなく、サービスにたいしての考え方も書かれており、非常に深い内容となっております。
    社会人はもちろん、アルバイトや部活動など、何らかの仕事をしている人や組織に所属している人にとって役立ち、モチベーションを上げることができると思います。

  • サービスについて具体例も多く、
    どの業種で働く人にも役立つ内容だと思う。

  • 「おもてなし」とは何かの学習。

    従業員一人ひとりが、お客様からいただいたお金から給料が支払われているということを自覚→お客様を敬う気持ちをもっていることが、対価以上のサービスに表れている。

    931室も有する大ホテルにもかかわらず、きめ細やかなサービスが行きとどいているというのは、こういうところからきているのだろう。

    電話の横に手鏡が置いてあって、自分の表情をチェックしているというのは有名な話。

  • 素直な気持ちで、これらが自然体になれたのなら良いサービスができるだろうな。

    リッツとはまた違う日本のおもてなし。

    おもてなし。
    その精神は、もののふ。武士道に通ずる。と、この一冊には記されている。

  • 帝国ホテルのサービスについて知りたくて読書。

    パラパラっと目を通すと著者は、帝国ホテルの現役か元スタッフかと思ったが、無関係のようだ。意図的かもしれないが、客観的な書き方になっておらず、やや読みづらく感じる。はじめに本書のスタンスを明記するとよかったかも。

    このクラスのホテルには宿泊したことはない。いつか宿泊して実際に体験したいものだ。昨今、注目される日本のもてなし、サービス精神は、世界的にも魅力あるものだと思うので、輸出できる商品になるのではないか。実際すでに日本のコンビニエンスストアや飲食店、ビジネスホテルとしてサービスもセットで海外へ上陸させている。

    日本のサービス精神は武道に通じているというのは斬新な視点。確かに相手のちょっとした仕草や表情などから先読みが要求される部分は合氣道にはある。先人たちの武道の精神、知恵が現代にも生きていると考えると感慨深いものがある。

    読書時間:約55分

    本書は在大連領事事務所でお借りしています。有り難うございます。

  • 画期的な内容はなかった。

  • どこから目線なの?

全10件中 1 - 10件を表示

帝国ホテル サービスの真髄 (リュウ・ブックス アステ新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

帝国ホテル サービスの真髄 (リュウ・ブックス アステ新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

帝国ホテル サービスの真髄 (リュウ・ブックス アステ新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

帝国ホテル サービスの真髄 (リュウ・ブックス アステ新書)はこんな本です

帝国ホテル サービスの真髄 (リュウ・ブックス アステ新書)のKindle版

ツイートする