パクリジナルの技術 ~何をパクリ、どうオリジナルを生みだすのか~ (経済界新書)

  • 173人登録
  • 3.35評価
    • (8)
    • (13)
    • (19)
    • (6)
    • (3)
  • 21レビュー
著者 : 木下晃伸
  • 経済界 (2012年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766720426

パクリジナルの技術 ~何をパクリ、どうオリジナルを生みだすのか~ (経済界新書)の感想・レビュー・書評

  • 権威主義でちょっとふざけた文章、嫌になってやめてしまった。
    お手本を見つけてパクる、というのは良いやり方だとは思う。

  • 図書館でパッと目を引き、数時間で一気に読んでしまいました。付箋も12枚使いました。いまちょうど、私が求めていたノウハウです。

  • パクるだけではだめで、オリジナルまで昇華させなければならない
    ビジネスモデルや成功のシステムも大事だが、ヒトそのものにフォーカスすることが大事
    オリジナリティーを出す前にまずは型にハマり切る必要がある

  • 全てはパクリから始まる。
    如何にパクリ、自分のものに昇華するか。
    なるほどの一冊。

  • たまたま手に取りました。例えがわかりやすく、面白いと思いました。

  • オリジナリティーを発揮するためには、パクることが大事。まずは1つのものから、徹底的にパクリ、自分のものにしていきたい。焦点をどこにあてるかをまずははっきりさせる。

  • 年を取るにつれて、色々と知ったつもりになり、誰かに憧れたり、深く傾斜したりすることがなくなってきた。それに伴ってか自分という枠や偏見、価値基準を超えた「学び」が少なくなってきた気がする。昔感じていたような、全身からしびれるぐらい誰かに惚れ込むという経験。それは、それだけでも、とても気持ちいい感覚だったなと、本書を読みふと思った。実際、職人の世界や伝統芸能の世界では、師匠の全てを受け入れられて、初めて自分の仕事ができる。もっと積極的に、本書の言うレベルでパクることを楽しんでみるのもいいなと思う。

  • オリジナリティとは何なのか。
    世界の奇才と呼ばれる人達はなぜ、オリジナリティがあれほどあるのか。
    秘密はパクる事にあると著者は述べている。読みやすく、非常に面白い一冊です。

  • この人と決めたら徹底的にパクるということ。
    カンニング、コピー、フライング、ハッタリ。
    グローバルな観点からの分析、未来を予想した準備。

    5章の内容、特に面白い。

  • パクるとは、カンニング、コピー、フライング、ハッタリ。
    パクリジナルとは、守破離の事。
    奇人・奇才と思えるような凄い人を、真似て真似てマネまくって狂うくらいのファンになる。そうすると、オリジナリティがでてくる。

    どっぷりとはまり、異常なほどにまねてパクるのには、覚悟とエネルギーが必要だろ。

  • 全体的には中身が浅くてつまらない。ただ、第5章だけは面白い。未来を予想し、そこに向けた準備をする。今の制約にとらわれず、先を考えた時に何ができるか?ここだけは興味深い話。

    中途半端に真似するだけではダメ。徹底的に真似すること。

    AT&Tのyou will

  • ロールモデルを見つけてからの話、見つけられればいいんだけど…

  • パクリジナルの造語意義は大変良いんだけど、そもそもパクりたくなる奇人?を見出だすこと自体が大変。パクる奇人を見つけ出す過程で、その人は十分成功に向け動いてるんだろうな。
    何をパクるか思い付かない凡人は、いつまでも凡人なのかな…

  • パクリジナルの技術 ~何をパクリ、どうオリジナルを生みだすのか~ (経済界新書)
    「学ぶこと」は「まねる事」から始まる・・・
    「まねる事」は「パクる事」、何をパクルかが重要でしょう
    そして、何時パクルか、「今でしょう」

  • 奇人です。

    人間ってよく考えてみたら、小さい頃からパクることをひたすら反復的にやってきた。(少なくとも小中高の勉強は先人が切り開いた知識をパクってるに過ぎないから。)

    だから、人間ってパクるってことが意外と大切なんだと感じた一冊。

    ただ、子供はパクるだけで評価されますが、大人はパクったその先が評価されます。

    と、直接そういった記載はなかったが、そう感じました。

  • “パクリジナル”と聞いたことがない言葉のタイトルに惹かれて読みました。

    「パクリジナルの技術」とは、カンニングして、コピーして、フライングしながらハッタリをかますこと。自分の頭で考えるから、結果が出ない!パクリジナルを続けると、奇才になり、フォロワーが集まり、戦略的シナジーグループを作っていける。

    確かに、かつての日本は、パクリジナルで経済成長を遂げ、今の中国も同じなのかもしれません。

    パクリ=悪 という考え方は捨てて、真似や模倣から、新しいモノが生まれると捉えていきたいです。

  • ブクブク交換でいただいてきた本。
    あまりこういうジャンルを読まないので新鮮。
    ここに書いていることを
    素直に受け取れないのがダメなんだろうな・・・

  • ■パクリジナル

    A.日本の2000年の歴史の中で、大きく時代が変換したタイミングというのは、ほとんど海外からのパクリジナルで成立している。

    B.奇才が活用している4つの技術
    1.カンニング
    2.コピー
    3.フライング
    4.ハッタリ

    C.奇才をパクれば、自分の中の奇才が目覚める。

    D.奇才側に回るという雰囲気を醸し出してこないと、単なるファンのようになってしまう。

  • すごい偶然なんだけど、つい2週間ほど前に著者のスピーチを聴く機会があって面白い人だなと思って即買いしました。すごい勢いのある人でした。こういう変わった人(たぶん奇才と言う)を見つけるのが趣味になってきた気がするw

    2013年の初旬は木下晃伸氏をパクってみようと思います。

    本の感想になってないけどまぁいっかw

  • 奇才というまでの才能をフォローしていき、自分の力を発揮させるまでの手順が細やかに書かれている。
    自慢の作法というのは独特で面白い。
    あんな人になりたいと、思い思われる関係性は幸せですね。
    まずは本書でもたびたびでてくる、孫さんを追ってみよう。

全21件中 1 - 21件を表示

パクリジナルの技術 ~何をパクリ、どうオリジナルを生みだすのか~ (経済界新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

パクリジナルの技術 ~何をパクリ、どうオリジナルを生みだすのか~ (経済界新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

パクリジナルの技術 ~何をパクリ、どうオリジナルを生みだすのか~ (経済界新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

パクリジナルの技術 ~何をパクリ、どうオリジナルを生みだすのか~ (経済界新書)の作品紹介

スティーブ・ジョブズ、孫正義、柳井正…、世界の一流は、みんなパクって成功してます!カンニング、コピー、フライング、ハッタリ。学校が決して教えない4つの技術で自分の枠を乗り越えろ。

パクリジナルの技術 ~何をパクリ、どうオリジナルを生みだすのか~ (経済界新書)はこんな本です

パクリジナルの技術 ~何をパクリ、どうオリジナルを生みだすのか~ (経済界新書)のKindle版

ツイートする