新 歴史の真実―祖国ニッポンに、誇りと愛情を

  • 29人登録
  • 3.56評価
    • (5)
    • (2)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 前野徹
  • 経済界 (2003年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766782592

新 歴史の真実―祖国ニッポンに、誇りと愛情をの感想・レビュー・書評

  • 特アの歴史歪曲に洗脳されているのは特アの国民だけではない。
    一番洗脳されているのは日本国民ではないか。

    近代のアジアの歴史は、侵略する日本と侵略されるアジアそれに絡む欧米、ではなく、白人の支配するアジアとそれに挑戦する日本それに絡む中朝という構図なのである。

  • 著者が指摘している事柄には大筋納得出来たが、中にはちょっと相容れないものもあった。石原推しとか、産経新聞推しとか、色々。物の見方の尺度としては一読に値する。

  • こういう本が今一番読んでみたかった。歴史ビギナーの自分でも、そごく読みやすかった。

    これがきっかけで、他の日本史モノや、世界史モノを物色するようになった。

  • ・7/7 読了.分かっていたと思ってはいたけどなかなかいい指摘をされている内容が多かった.思わずなるほどと思ってしまった.メモにも忘れないうちに残しておいた.

  • 日本の江戸末期から敗戦後現在までの歴史と人物について広く浅く簡潔にまとめられています。序盤では敗戦後、日本が自虐の道を歩むことになった事実とその経緯、およびそれに加担した日本人についての記述です。中盤では白人種が近代において行ってきた蛮行とその蛮行から日本がいかにして逃れようと努力したか、またその結果が大東亜戦争であったことについて記述されています。後半では現代では忘れられている近代日本と近代日本人の誇るべき歴史と功績について記述されています。充実した内容・・・とまではいきませんが非常に良くまとまっていて読みやすい一冊です。

  • 反日教育に染められた私が戦後日本の自虐性に疑問を感じ、そして日本人であったことを誇りに
    思えるようになった一冊。これが全てではありませんが、太平洋戦争を引き起こした日本を憂いて
    自虐的になっている方は是非お読みいただきたい。

  • もうちょっと愛国精神を持てという本。半分納得。半分どうかな??という感想。

全8件中 1 - 8件を表示

新 歴史の真実―祖国ニッポンに、誇りと愛情をを本棚に「読みたい」で登録しているひと

新 歴史の真実―祖国ニッポンに、誇りと愛情をを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新 歴史の真実―祖国ニッポンに、誇りと愛情をを本棚に「積読」で登録しているひと

新 歴史の真実―祖国ニッポンに、誇りと愛情をはこんな本です

ツイートする