スティーブ・ジョブズ 神の交渉術―独裁者、裏切り者、傍若無人…と言われ、なぜ全米最強CEOになれたのか

  • 218人登録
  • 3.11評価
    • (8)
    • (22)
    • (74)
    • (13)
    • (6)
  • 41レビュー
著者 : 竹内一正
  • 経済界 (2007年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766783896

スティーブ・ジョブズ 神の交渉術―独裁者、裏切り者、傍若無人…と言われ、なぜ全米最強CEOになれたのかの感想・レビュー・書評

  • いくら能力が高くても、こんなヤツとは仕事はしたくないな

  • フェアかどうかは小さいこと。フェアに戦って負けるなら、アンフェアでも勝つことが重要。
    誰が、いつ、どのような形でどんな情報を出すのかルールを決める。それが情報戦略。
    手柄を立てられない好人物では役に立たない。検挙な無能者で終わる。

  • ジョブズをまとめた本を読んだ。ジョブズの人としては足りないところがよくわかった。人を蹴落としたりや自己中心的な性格であったりだとかである。ところどころ学ぶべきところはあったと考える

  • この人は年をとって丸くなったのだろうか

  • ジョブズ本、特にジョブズのイケイケな側面をして武勇伝でんででんでん な気持ち良さ。
    ただ何がそこまでジョブズを駆り立てたか。
    一つにエゴはあるだろう。だがそれにも限界がある、とすればユーザーオリエンテッドを追求した一つの形とは言えまいか。
    自分のためには、よー買わんが、人にサプライズあげるためなら買えるとか、あるやん?

  • スティーブ・ジョブズの仕事に対しての「貪欲さ」・「執念」を感じた!!

  • 【メモ】

    ジョブズのエピソードは面白い(当事者達にとっては面白くも何とも無いだろう)が、とにかく著者の主観がチラチラ入るのが気になる。

    そして時系列がバラバラで読んでいて多少混乱する。

    本文中にジョブズは「太陽」(少し離れると心地よく快適だが、近づきすぎると焼き尽くされる)という例えがあるのだが、本書を読むにつれて「なるほど」と唸らされる。

    しかし著者はジョブズの事が人物としては好きではないと思われるので、どこまで鵜呑みにしていいか迷う。

    でも本書に収録のエピソードはどれも面白いと思う。(2回言いました)

  • スティーブジョブズの事がよく分かった。「ジョブズは太陽のようなものかもしれない。ある程度の距離を置いていると暖かく心地よい。しかし近づきすぎると灼熱のエネルギーで焼き尽くされ、落ちて滅ぶ。」押しの強さとあきらめない粘り、自信、ブラフ、わがまま、こだわり、スピード等々、あまり友達にしたくないタイプかもしれない。

  • 筆者の主観が入りすぎ。

  • チェック項目51箇所。
    提案には熱意を添える。
    勝ったときには敗者へ気を配る。相手の反感を弱め、
    世間の目を味方につける。
    交渉は未来に手を打つ場である。
    状況が変化した時は味方も変える。
    力を行使するときは中途半端にしない。
    徳川家康の戦法。寝返って協力した武将を没落させる。
    「守る」より「変える」、「変える」より「破る」
    相手にとって自分が本当に必要な存在なら破り捨てた
    契約の先に有利な契約が待っている。
    ビジネスの世界は非情な世界。弱点をためらいもなく攻撃する。
    そうしなければ逆にやられてしまう。
    フェアも負ければ無価値。フェアで勝つ。アンフェアでも勝つ
    最低なのはフェアで負けること。
    強みだけを研ぎ澄まして進化する。
    話の展開は徴収の反応によって直感で変える。
    自分の信じることを表現する。
    中途半端なことを喋っていてはいけない。
    だれが、いつ、どのような形でどんな情報を出すのか?
    それを決めるのが情報戦略。
    手柄のたてられない好人物では意味がない。
    人々が感動するのは頂上に掲げられた手柄のきらびやかさだけ。
    トップの交渉には覚悟と努力が必要。自ら動く時代。
    妥協は「いいもの」を生むが「ものすごいもの」は生まない。
    納得するまでのこだわりが発想の飛躍を生む。
    お金以外の動機は何か?「世界を変える」ことを本気で考え
    情熱を注ぐ。
    「矛盾した決断」には、
    凡人がやるべき平凡な事例と天才しか遣れない非凡な例外がある。
    最後の最後まであきらめない。勝機は必ずある。
    成功は失敗の土に咲く花。
    「なぜできないか」→「ならばこうすればできる。」
    できない理由はいらない。
    実力で勝ち取ったのであれば、過去を否定しても
    やり方を間違えなければ追い風となる。しかし、
    やり方がまずいとどん底に沈む。
    「今」をまばゆく輝かせれば「暗い過去」は消え去る。
    社員の心に火をつける。
    1流の人間だけで会社を作れば
    みんなが1流の人間を雇おうとする。
    しかし、2流が一人まぎれこむとそいつが2流を集めるから
    会社が2流と3流だらけになる。
    1流と1流がぶつかりあうことで火花が飛び新しいものが
    生み出され、高いゴールに駆け上がる。
    新製品を作るのに市場調査は不要。大衆の喜ぶものは
    大衆のまったく気付かなかった楽しみを提供する
    新しい内容のものでなければならない。
    自分より優秀な人と組む。
    過去にとらわれていては足元をすくわれる。
    大事なのは前に進むこと。
    部下にも非凡な才能が必要。周囲に人がいてこそ
    無理が通って道理が引っ込む。
    キーマンにアタックする。
    権限のない人間に時間を割いてはいけない。
    ひたむきさと熱心さは人の心を突き動かす。
    一度や二度断られてあきらめるくらいでは何も成し遂げられない。
    人生で大きな決断をする助けになるのはもうすぐ死ぬということ。
    今で満足しては先に進めない。
    常に新しい挑戦をする者だけがビジネスの世界で勝ち残る。
    決してあきらめない不屈の信念と
    世界の価値観に縛られない強烈な個性。

  • カリスマ、リーダーというイメージしかなかったので、ここまで独裁的な姿が赤裸々に語られているのは衝撃だった。それでも人を魅了する凄さ。プレゼンの本も読みたくなった。
    そして、絶対的な信念の強さ。

  • 神の交渉術?う~ん、結果論の気がするけど・・・。
    交渉術の本としてはイマイチだが読み物とすれば、今までのジョブズの波乱の人生がわかる本。
    なかなかおもしろいです!

  • appleの創業者である、ジョブズ氏については知識が全く無く、この本で勉強することが出来ました。
    題名にもある、神の交渉術ですが、たしかに神の交渉術ですね。
    どれだけ、世界に彼の様な行動が出来るか疑問です。
    文中にもありましたが、人類の敵と言うのが妥当かもしれません。
    ピクサー社やトイストーリーが彼の会社なんて全く知りませんでした。
    彼の成功した現在があるのは、本当に奇跡だと思います。
    凡人はもちろんですが、非凡な人でも彼から学べるのでしょうか?
    appleは個人的は好意を抱いてましたが、正直彼のひとなりを垣間見るとそれも無くなりました。
    ある意味、悪魔の交渉術と感じるぐらい恐ろしい手腕です。
    人も物も彼に取っては全てが道具なのでしょうか?
    どれだけこの著者が正確に事実を伝えているかにもよるでしょうが、この本を読んで本当にビジネスの世界が恐ろしく感じ、また自分がコミュニケーションを大事に仕事を行ってきたことが全否定です。
    見習うべき事も多々あるのは事実でしょうが、感情的にジョブズ氏からは何も学びたくはありません。
    0 +

  • ビジネス指南書なのか、スティーブ・ジョブズ列伝なのかはっきりしない。
    ジョブズの破天荒振りを知ることはできるが、そこだけにスポットが行き過ぎてしまい、どうも内容に厚みがない。
    タイトルにある"交渉術"についての結論も「一般人には真似できない」と結ばれる。
    全体の構成も同じネタの繰り返しが多く、もう一捻り必要。
    つまらなくはないが、ジョブズを知るにはもっと良い本があり、ビジネス指南書でも、もっと良い本があるでしょう。

  • 普通のジョブズ本

  • アップルファンには たまらないかも^^

    人生 山あり 谷ありだよね

  • 今までのトップに対する概念が覆されました。

    「社員の手柄は自分の手柄」
    「記者との約束を破る」
    「守るより変える。変えるより破る」
    「交渉は相手が自分に合わせる」
    「部下に無理な要求をすることで部下の能力を引き出す」

    社員と向き合うのではなく、自己中心・破天荒なやり方で成功を手中に収めていく。
    日本にはいないと思われるようなカリスマ的なリーダー像を学ぶことができ、
    勉強になりました。

  • ジョブズはビタミンCに匹敵する。

  • ビジネス本を読んでなかったから、慣らす為にもまずこの本を購入。でも、これは、ジョブズという強烈キャラな男の小説だった!!聞き手に「今までに無い何かを期待させる」ジョブズのパフォーマンスが見てみたいなー!

  • 今まで読んできた本は、比較的、ジョブズに対して好意的だったが、この本はまったく違う。冷静な目でジョブズの行ってきた非道徳的行為を批評し、ニュートラルな立場から、それらの行為自体がビジネス上どのような効果、結果を導き出したかを解説する。結果として、ジョブズの怖さ、凄さを物語る。
     この本を読み終えて、「ジョブズの部下でなくてよかった」と胸をなでおろした。自分の上司に不満を持つサラリーマン諸氏に勧めたい。

  • 作者はジョブズのこと嫌いなんでしょうか??

    すっかりレビューするの忘れてて、せっかく読んだのに内容がスルスルと頭から離れてしまいました。

    独裁者。
    の一言でこの人の人生を語ってはいけないと思う。


    誰だって苦労はしてる。

  • 図書館で見かけて読んでみた本。
    本当はiConを読みたいけど、あの量だからとりあえずさわり的な感じで読んだはいいけど、あまり面白い本ではなかった。
    ジョブズを見る角度によってまとめられてるので、時代背景がバラバラで、行ったり来たりするのでうっとおしいし、同じような内容の箇所もある。
    ま、Steve・Jobsの人となりは楽しめたかな。本の構成がどうにも気になってします。
    それにしても、Steve・Jobsってホント怪物だな。
    彼が天才だから常識かれかけ離れたことも容易くできるのであって、彼から何かを学ぼうというのは、ムダな気がする。
    Steve・Jobsには憧れるけど、彼を手本にするとか目指すというのは違うな。Steve・JobsはSteve・Jobs。唯一無二の存在だ。

  • プレゼンは、熱意と感動を聞き手に与えることで成功する。

  • ジョブスの光り輝く実績の裏にある、彼の人格について知っている人は少ないのではないか。<br>
    会社を独裁し、恐怖で支配する。自分に歯向かう者は誰であろうと追放する。常に強気一辺倒で、交渉で気に入らなければその場で相手の提案書を破り捨てる。契約は守るためにあるのではなく破るためにある。当時ハリウッドの帝王だったウォルトディズニーにも噛み付く。<br>
    <br>
    読んでいて昨年所属していた大学の研究室の某I教授を思い出した、そっくりじゃん!って。笑<br>
    (研究室を恐怖で支配し、自分に歯向かう学生を不遜な態度だ!と斬り付け、ミーティングでイライラしたと思ったら学生が作った資料を破り捨てゴミ箱へぽいっ、研究補助金を貰うために厚生労働省に噛み付いた挙句に補助金支給対象から外される、などなど)<br>
    <br>
    ただ、それでもジョブスがカリスマと言われるのは、その振る舞いに信念や規範が見え隠れするからだと思う。

全41件中 1 - 25件を表示

竹内一正の作品一覧

竹内一正の作品ランキング・新刊情報

スティーブ・ジョブズ 神の交渉術―独裁者、裏切り者、傍若無人…と言われ、なぜ全米最強CEOになれたのかを本棚に「読みたい」で登録しているひと

スティーブ・ジョブズ 神の交渉術―独裁者、裏切り者、傍若無人…と言われ、なぜ全米最強CEOになれたのかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スティーブ・ジョブズ 神の交渉術―独裁者、裏切り者、傍若無人…と言われ、なぜ全米最強CEOになれたのかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スティーブ・ジョブズ 神の交渉術―独裁者、裏切り者、傍若無人…と言われ、なぜ全米最強CEOになれたのかを本棚に「積読」で登録しているひと

スティーブ・ジョブズ 神の交渉術―独裁者、裏切り者、傍若無人…と言われ、なぜ全米最強CEOになれたのかの作品紹介

アップルの創業、iPodの開発、『トイ・ストーリー』『ファインディング・ニモ』などを手がけたスティーブ・ジョブズ。傲慢で自己中心的な性格から、多くの敵をつくってきたにもかかわらず、その破天荒な手腕で、今なお多くの成功を手中に収め続けている。凄まじい交渉現場の真実が明らかに。

スティーブ・ジョブズ 神の交渉術―独裁者、裏切り者、傍若無人…と言われ、なぜ全米最強CEOになれたのかはこんな本です

ツイートする