弱者の戦略―人生を逆転する「夢・戦略・感謝」の成功法則

  • 184人登録
  • 3.79評価
    • (18)
    • (21)
    • (26)
    • (3)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 栢野克己
  • 経済界 (2008年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766784350

弱者の戦略―人生を逆転する「夢・戦略・感謝」の成功法則の感想・レビュー・書評

  • わかりやすく、読みやすかった。弱者強弱という言い方から、なんとなく血みどろの経済競争を想像してしまったけれど、実際の「弱者の戦略」は、顔の見える商売、温かくて血の通ったサービスということがよくわかった。実際著者の栢野さんも、人生をかけてその戦略を体現していることが伝わってきた。

  • ランチェスター戦略の基礎の基礎×事例。
    内容はオーソドックス。
    著者・栢野さん自身の話が興味深い。波瀾万丈。

    栢野のさんの講演を受けたことがありますが、
    おもしろかったです。

    つい、好きになってしまうお人柄です。

  • ・一枚でいいから、経営計画書を書く。・やずや創業者の矢頭宣男さんが、1999年に亡くなった後、奥さんが、残された経営計画書や人生計画書を基に経営。2007年時点で年商400億円を突破。

    ・狭く小さく。それが凡人の成功戦略。

  • 面白いっ!

    なんかここまで赤裸々に綴られる本は珍しいと思います。

    ランチェスター経営のことが書かれているんですが、とても勉強になると思います。

    あとこの本を読むとコツコツと地道な努力の大切さがわかります。成功に近道はないと言うのはその通りだと思います!

    経営がピンチと言う方だけでなく、うまく行っている人も改めて、読んで考え、継続できる手を打ってドンドンと経営を強化していけるのではないかと思う一冊です(^-^)/

  • ビジネス本であり、人生本でもある。

    仕事について、人生について悩んいる方、
    きっといや必ず解決策が見つかると思います。

    いつも本棚の目立つところに置いておくといいですね。

  • なかなか面白かった。「夢×戦略×感謝」というのはホントにそうだなぁと。思いだけでは、実現しない。ちゃんと頭で考えてアクションをしながらも、循環するためには感謝が大切。バランスの良い状態を目指そうと思いました。

  • 44歳を2年過ぎてしまったけど、日本人の寿命はまだ延びているからだいじょうぶ。絶対これから花を咲かせる!
    この本だけで人生も経営も万々歳とはいかないけれど、この本がなければ転落のまま一生を終えていた気がする。
    自分にとって経典ともいえる一冊。「夢×戦×感」は座右の銘。
    「経営人生計画書」をつくります。

  • 「人生の成功は夢×戦×感」 by 栢野さん

    「夢」だけでは、生きていけない。
    「感謝」だけでも、ただのイイ人。
    「戦略」で、愛する人を救うのだ。

    -------------------------------------------------------

    いいコピーですなー。
    さすが、日々ブログを書いてるだけあります。

    帯もいいね。
    表には、

    「この本は、次のような方が読者対象者です。」
    中小零細経営者・自営業、就職失敗者、転職失敗者、
    起業失敗者・ウツ経験者、失業者・フリーター、
    成功哲学オタク、感謝・感動オタク、大借金経験者、
    自殺未遂経験者・無学歴者、元エリート、自分探し人間、
    親に感謝できない人。

    とあり、
    裏には、

    「逆に、次のような人は、読んでも役に立ちません」
    ・幸せなサラリーマン・OL・主婦・学生
    ・自分がダメなのは世間や会社や上司のせいだと思う人
    ・人生の成功は「運」や「占い」などと思う人
    ・不満があっても今のサラリーマン生活を続ける人
    ・定年退職で悠々自適の人
    ・キャピキャピ女やオタク男
    ・人生の成功は学歴や社歴だと思う人

    とあります。
    めでたく読者対象となった方は、ぜひ手にとってみて下さい。(笑)

    内容は、さまざまな人の事例あり、ビジネスの原理原則あり、
    逆転人生の気持ちの持ち方や考え方のヒントあり。
    多くの成功事例や失敗事例を知る栢野さんだから書ける内容だと思います。

    紆余曲折の人生を経て、今だから書ける内容であることは確か。
    栢野さんのことは5年前から知ってるのだけど、
    年々、パワーアップしバージョンアップしているように見えます。

    この本をきっかけに生まれたのが、
    「人生の成功法則 夢×戦×感」

    ご本人が言うには、この法則には「夢×戦×感×○」と、
    もう1つあるそうな。
    もう1つのとこは、栢野セミナーに参加することで、
    その人なりの何かが見つかるはずです。

  • 何となくamazonのお勧め商品を見ていたら、私の中で引っかかったのがこの本でした。
    その理由は一つは、作者の栢野さんが福岡の方だったこと。もう一つは、栢野さんが、私と似たような(私の方がかわいいものですが(苦笑))体験、生き方をされてきたところだと思っています。
    ランチェスター戦略は、まだ中学生位の時に父がマンガで描いてあるものを買ってきて「将来のためになるから読んでおきなさい」と言われ、マンガということもあって、一通り読んだ記憶はあったので、この本に書いてあることも、素直に頭の中に入ってきました。しかし、私にとって大事なのは、私個人という「弱者」にどうやったら、この戦略が使えるかということでした。
    私自身、これからの自分の進む道に迷っている最中です。私も人生の計画書を作って、自分の生き方を明確にしていこうかと思っています。

  • 夢X戦略X感謝の戦略で、一点集中で戦っていく。大企業の零細部署でも考え方は同じかも。

  • ■あらすじ<br />・弱者が必ず勝てる成功法則を発見<br />・中小ベンチャーの成功法則を「やずや」に学べ!<br />・「七転び八起き」の軌跡<br />・人生の成功は「夢×戦略×感謝」だ!<br />・「弱者の戦略」は自然法則、天の摂理だった<br />・夢を果たす<br />■誰に紹介したい?どんな悩みに効く?<br />■感想<br />決してスマートではなく、ど根性系のストーリー。<br />それゆえに記憶には残りやすい。<br />知識へのインプットというより心構えの参考図書というところか。<br />■その他(名言やキーセンテンスなど)

  • ランチェスター戦略を学んだ本。
    いろんな事例も含まれており
    解りやすい。何度も読み返している本。

  • <目次>
    第1章 弱者が必ず勝てる「成功法則」を発見!
    第2章 中小ベンチャーの成功法則を「やずや」に学べ!
    第3章 「七転び八起き」の軌跡
    第4章 人生の成功は「夢×戦略×感謝」だ!
    第5章 「弱者の戦略」は自然法則、天の摂理だった
    第6章 夢を果たす

  • 中小企業で働く人間にとって、これほど戦略が明確になる本はないと思った。感謝の一冊!

  • ----------------------------------------------
    ▼ 100文字感想 ▼ 
    ----------------------------------------------

    念じても花は開かないんですね。念じたら行動
    しなければ。でも、行動するためには念じなきゃ
    ならない。なぜ、「夢」を持つべきか、モヤモヤし
    ていた悩みが晴れた。栢野さんみたく成りたい。



    ----------------------------------------------
    ▼ 5つの共感ポイント ▼ 
    ----------------------------------------------

    ■経営戦略
     一、商品
     二、地域
     三、客層
     四、営業
     五、顧客
     六、組織
     七、財務
     八、時間

    ■5人の会社が1千人規模の同業と同じことを
     しても勝てません。でも、なぜか大企業と同じ
     ことをする企業が多い

    ■勉強会のコツは大掛かりにしないことだ。
     3人、4人くらいでやって、成功しているゲスト
     を呼ぶ・・・・参加者の役に立つことに「一点
     集中」すること

    ■夢だけでは食えぬ。
     戦略だけでは疲弊する。
     感謝だけではカモにされる。
     「夢×戦略×感謝」のバランスが大事なのだ

    ■「いかにも宣伝広告」のページは、読者にと
     っては単なるウザイ売り込みページ。だから、
     わたしは誌面を広告ではなく、「読者に媚び
     ない」新聞記者感覚の文章で埋めたのです

  • 「夢」だけでは、生きていけない。
    「感謝」だけでも、ただのイイ人。
    「戦略」で、愛する人を救うのだ。
    成功に必要な「夢×戦略×感謝」自分に何が足りていないのか?
    足りていないものをどう補うのか?
    ヒント満載の本です。。。

  • 小さな事業家にお勧めします。
    多きな事業家や成功した企業を紹介した本は多いのですが、小さな会社がどうやって事業を続けるかを具体的に紹介した本は希少です。
    あとは、「やるか、やらないか」です。
    あえて、左手に持つ本に入れました。

  • Kodama's review
    著者のご自身の成功体験、失敗体験などをはじめ、中小企業で成功した弱者の戦略を具体的に解りやすく紹介されています。ちなみに『次のような人は読んでも役立ちません』と裏表紙に具体的に書いてあります。購入される方はそこを読んでから購入することをお勧めします(笑)。
    (09.1.12)
    お勧め度
    ★★☆☆☆

  • 《4コマ図解・読書録゛(ログ)》No.56
    http://archive.mag2.com/0000255083/20090203050000000.html
    栢野克己【著】
    『「弱者の戦略 人生を逆転する「夢・戦略・感謝」の成功法則』

  • 中小の立場から著者の体験を交えて書かれた本
    弱者の戦略というよりも著者の壮絶な体験記という感じ

    借金、鬱、失敗のどん底経験から見事復活して今や年間100回の講演をして周るほどのカリスマオジサン

    「夢」だけでは生きていけない。
    「感謝」だけでも、ただのイイ人。
    「戦略」で愛する人を救うのだ。

    なんか他の本とは違い文章に”熱さ”を感じられ、元気が溢れ出てくる本

    一度話を聞きに行きたい

  • ランチャスター戦略の初心者本

  • 弱者の戦略とは、ランチェスター戦略の、人がやらない競争相手もいないことに一点集中し、泥臭く接近戦でやること。
    成功は、「夢×戦略×感謝」のバランス。
    44歳が人生のポイントだと意識させてくれ、逆転勝利が可能なのだと勇気付けてくれる。
    08-51

全29件中 1 - 25件を表示

弱者の戦略―人生を逆転する「夢・戦略・感謝」の成功法則を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

弱者の戦略―人生を逆転する「夢・戦略・感謝」の成功法則の作品紹介

「夢」だけでは、生きていけない。「感謝」だけでも、ただのイイ人。「戦略」で愛する人を救うのだ。

弱者の戦略―人生を逆転する「夢・戦略・感謝」の成功法則はこんな本です

弱者の戦略―人生を逆転する「夢・戦略・感謝」の成功法則のKindle版

ツイートする