モンキー・D・ルフィの「D」はドラッカーだった

  • 84人登録
  • 3.79評価
    • (6)
    • (13)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 阿部美穂
  • 経済界 (2011年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766785104

モンキー・D・ルフィの「D」はドラッカーだったの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【内容】 『ONE PIECE』をどう読むか、どう生かすかで新世界の生き方が変わる。(「BOOK」データベースより)

    【感想】 「ドラッガー」と「ワンピース」、どちらも興味のある僕にとってこれほど面白い本はない。ドラッガーとワンピースの共通点を示しながら、組織論・仕事論・リーダー論をわかりやすく説明している。もちろんドラッガーの考えが、そのまますべてワンピースで説明できるというわけではないだろうが、それ以上にとっつきやすさ、斬新な発想の自己啓発本として面白い。

  • ドラッカーの本の内容を、ワンピースにあてはめて解説している。私自身、ワンピースが好きなので、わかりやすかった。

  • 海賊王に俺はなる的な話だった

  • 物事の本質は一緒!と、再認識できた一冊。ドラッカーに興味をもてる本なので是非

  • ONE PIECEのキャラクターたちの言動に、ドラッカーの言葉を当てはめてみせる一冊。

    ドラッカーと、ルフィの共通点には驚かされる。リーダーのあり方、仕事に対する考え方、組織やチームワークについて…ドラッカーの言葉をわかりやすく噛み砕いてくれるのがONE PIECE、と言ってもいいくらい。ドラッカーの名著を抜粋してあるので入門書として良いし、ONE PIECEが好きならその世界観の深さを味わえると思う。

  • 分かりやすい!!
    その一言に尽きます。
    そして・・・
    これからの自分を変える事の出来る1冊であります。

  • 最近よくある漫画の「ワンピース」を題材にしたマネジメントの話。
    類似本もけっこう読んできていますが、これまでの本よりもおもしろかったと思いました!
    こういう本を読むと、経営における正しい振る舞いにとどまらず、一人の人間としての振る舞いを考えさせられる。
    ルフィの「真摯さ」というのが個人的にはキーワードでした。これをタネに、いろいろ考えよう。

  • 旬ものです(2012年3月において)☆
    これは、いいタイトル付けたな☆
    社会人中堅層の興味を掛け合わせた作品でした。
    自己啓発、組織論、リーダーシップ論、チーム力などなど、ドラッカーさんの考えとルフィ(だけではなく、その他の人物も)の言葉と行動の分析には、確かに納得すること多し。読みやすい◎
    しかし、いずれ本当の「D」の意味が判明したら、この本はどうなってしまうのでしょ!??

  • ドラッカーさんの教えをワンピースを例えにして解説している。なかなか興味深く読ませて頂きました。子どもたちがワンピース好きなので(私もですが・・・)、ドラッカーのマネジメントを学ぶ良いきっかけになるかもしれません。

  • タイトルがとてもインパクト大。ワンピースのシーンとうまくドラッガーの教えを絡めており大変読み易かった。「真摯さ」のくだりには感銘を受けた。ドラッガーをじっくりと読み込みたくなる一冊だった。

全12件中 1 - 10件を表示

モンキー・D・ルフィの「D」はドラッカーだったを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

モンキー・D・ルフィの「D」はドラッカーだったを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

モンキー・D・ルフィの「D」はドラッカーだったはこんな本です

ツイートする