世界でたった一人の自分を幸せにする方法

  • 74人登録
  • 3.44評価
    • (3)
    • (5)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 林忠之
  • 経済界 (2012年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766785197

世界でたった一人の自分を幸せにする方法の感想・レビュー・書評

  • 自己啓発本は最近読んでいなかったけれど、林さんの本なら読みますがな!ということでさっそく購入&読了。アマゾンレビューにも同じこと書きましたが、自分の心が深呼吸したような、雲が晴れていくような、そんな物語でした。あっという間に読めますけどシンプルで深い本でした。手に入れたいことや与えたいことのバランスをあらためて見つめなおすきっかけをもらったように思います。そして気づきを得られる質問集が盛り込まれているところが最高にお得なところ。ビジョンや目標がクリアになっていく洗練された良質な質問たち。ハイクオリティな質問のパワーってすごい。

  • 人生は不公平、不平等。でも、公平、平等なこともある。それはだれにも、未来にどんなことが起きるのかはわからないと言う事。だれにもわからないのであれば、必要以上に恐れ、不安になって止まるより、勇気を持って一歩を踏み出す。

  • なんかイライラする、漠然と不安がある人は、読むとヒントをもらえるかもしれません。自分なりに抜け道を掴みつつある人は、間違いなく背中を押してもらえると思う。何か新しいことに挑戦しようとしてる人も、後押ししてくれるでしょう。
    ここ一年くらい、いわゆる自己啓発で与えてもらったことと同じことが書かれているように思う。結局のところ、不安やイライラを取り除くには、自分で決断すること。そのためにまず自分と向き合うこと。「向き合う」って実はすごく難しいんだけど、こう考えると今までよりもちょっとだけハードルが下がったような。そんな気になった一冊。

  • こういう本を読んで思い直してみても、現実に戻ると元の木阿弥だったりするんだよなぁ。設定的にヒネているはずの主人公がとても素直で、出会う人みんなが超越的な考えをもっていて、それをイキナリ語りだす…。どうしてこういうウソ臭い手法をとったのだろう。

  • 本の交換会で戴きました。確かに成功哲学の入門編かもしれませんが、サクッと読めるため、ストーリーが途切れることなく頭の中に入ってきます。そして柔らかい表現なので、コラム的な雰囲気も感じられ、悩める普通の人への贈り物にも良いかもしれません。

  • 読みやすい。自分を信用できないのは、自分の本音を隠して自分に嘘をついているからだ。それは嘘をつく人を信じられないことと同じだということにとても納得した。

  • 自分を見つめ直すきっかけになった。悩んでるときに出会えて良かった。ずっと涙が止まらなかった。大事にします。

  • コーチ仲間の林忠之さんの処女本です。
    ただいま予約受付中!

全11件中 1 - 11件を表示

世界でたった一人の自分を幸せにする方法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界でたった一人の自分を幸せにする方法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界でたった一人の自分を幸せにする方法を本棚に「積読」で登録しているひと

世界でたった一人の自分を幸せにする方法はこんな本です

世界でたった一人の自分を幸せにする方法のKindle版

ツイートする