心屋仁之助の「奇跡の言葉」

  • 204人登録
  • 3.56評価
    • (11)
    • (21)
    • (24)
    • (4)
    • (2)
  • 29レビュー
著者 : 心屋仁之助
  • 経済界 (2013年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766785401

心屋仁之助の「奇跡の言葉」の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 語りかけるような文章
    読み易くイッキ読み。
    読む時々により心に響く言葉は
    違うかもしれない。

  • なぜか読んでみたいと思って読んだ本。素直になれるときを探していたのかも?

  • ことわざとその内容の解説ページがセットになつている。自分を閉じ込めるようなことはするなということ。怖がらずにやつてみること。本当の自分、人と自分、人生と自分について書かれている。

  • 心屋仁之助さんのblogやfacebookを読んでいるので、こちらの本は、いつも基本ベースで仰ってることの「まとめ」のようにすらすら読めました。

    親や環境から勝手に植え付けられた「常識」「普通」「幸せ」の概念に縛られないこと。それらからの解放。

    過去に身に起きた出来事のパターンで、癖がついてしまった思考回路や自分の考えが、自分を守るためのはずが、知らずにどんどん自分を苦しめていたこと。

    本当に「勘違い」や「勝手な思い込み」でいちいち悩んだりして、自分を苦しめていたのだなぁと。

    『「過去の経験」に振り回されない「幸せの連想力」』

    『自分を好きになるということは、自分を変えて、好きな自分になるのではなく、「ダメな自分」を受け入れること』

    『大切にされるということは、自分を大切にすること。自分を大切にできるようになると、他人を大切にできるようになる』

    『僕が欲しかったものは、成功でも、能力でも、強さでもない。本当は、ただ満たされたった。本当は、ただ認めてほしかった。本当は、ただわかってほしかった。本当は、ただ自由になりたかった。本当は、ただ安心したかった。本当は、ただダメな自分に消えてほしかった。成功してなくても能力がなくても弱くても、幸せに生きている人がたくさんいる。自分には、ただ感謝が足りなかっただけなんだ』

  • 2016/1/2book-offで購入。

  • 「幸せの連想力を上げよう」凄くいい言葉だなと思って、思わず本を写真に撮ってしまいました。目の前のことを幸せだと思うこと、幸せな未来わ想像することをわすれていたなぁと気付かされました。素敵な言葉がたくさんあります。人それぞれその時その時で、心に届く言葉は違うかもしれませんが、確かに届く一冊でした。
    2015.4.16

  • 素直になるって、簡単に言うと「拗ねない」こと うつって病は安全装置 大切にされるということは、自分を大切にすること。自分を大切にできるようになると、他人を大切にできるようになる 勇気っていうのは、それらを捨ててもいい、損をしてもいい、嫌われてもいい、失っていいという覚悟 今の自分と周りに感謝できる人が成功者

  • 強くなりたいなら、弱さを受け入れる
    成功したいなら、失敗を受け入れる
    愛されたいなら、嫌われることを受け入れる
    認められたいなら、批判されることを受け入れる
    生きたいなら、死ぬことを受け入れる
    怒りは、一括払いがオススメ
    思いつきで行動しよう
    思ったらやろう

  • こういう本は読みたいと思ったときが必要な時だと思う。
    人それぞれだけど、私には確かに必要で、良い出会いになりました。

全29件中 1 - 10件を表示

心屋仁之助の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
心屋仁之助
デール カーネギ...
又吉 直樹
佐々木 圭一
ひすいこたろう
心屋 仁之助
有効な右矢印 無効な右矢印

心屋仁之助の「奇跡の言葉」を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

心屋仁之助の「奇跡の言葉」を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

心屋仁之助の「奇跡の言葉」を本棚に「積読」で登録しているひと

心屋仁之助の「奇跡の言葉」のKindle版

ツイートする