「今日こそ、会社を辞めてやる」と決める前にやるべき55のこと

  • 81人登録
  • 3.48評価
    • (3)
    • (5)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 岩田松雄
  • 経済界 (2013年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766785418

「今日こそ、会社を辞めてやる」と決める前にやるべき55のことの感想・レビュー・書評

  • ーーーーー↓T・K 2016/11/17↓ーーーーー
    【概要】
    会社を辞めようと思ったときに1回落ち着いて
    考えるべき55のこと。
    まだ会社でやれることがあるにも関わらず、辞めたいと思うような苦境を乗り越えるためのヒントがこの本にはある。

    【評価】
     80点

    【共有したい内容】
    ・事実と感情を混同しない。
    不満があったり、感情的にマイナスになっているときは、説明の中に感情が混在してしまうことがある。
    説明するときに感情を含めてしまうと判断を誤る。
    あくまで事実があり、その結果として感情が発生すると心得る。
    どんな状況においてもまずは事実の把握に努め、事実を把握したらそれをそのまま伝達する。
    事実を伝達した結果、自分の感情を伝達し、あとは相手の判断にゆだねるという順番が大切である。

    ・難しい仕事を任されるのは期待の裏返し
    クレーム処理等の難しい処理は、仕事ができるかどうかだけではなく、高い人間性もないと任せられない仕事である。
    その仕事を自分に任せてくれているため、チャンスだと考えるべき。
    人間の成長はいかに修羅場をくぐったかである。
    修羅場の数だけ人間的な成長を遂げられると考える。

    ・他人を責めるな
    失敗を自分の成長の糧とするために大事なことは、
    失敗を人のせいにしないことである。
    人や環境のせいにするとその時点で自分への真摯な反省はしなくなる。
    反省をしなければ、当然自分の成長にはつながらない。

    【読んだ方がいい人】
    会社の環境や人間関係等、自分自身の問題以外で会社を辞めようと考える人

    【悪いところ】
    本自体は自己啓発的な哲学的な内容が多い。
    表現も感情的な部分も多く、実際に経験したことがある人が読めば深く納得できる記述もあるものの努力を知らない人が読んだ場合、伝わりにくいと感じた。

    【どういう時に役に立つか】
    仕事を辞めたいときの理由が自分にないと思っている人が仕事でやり直したことがないかを確認するとき。

    【自由記述】
    著者はスターバックスコーヒージャパンのCEOである岩田さんである。
    不遇な時代の体験談もちりばめられており、その中でどのようにつらい時の哲学を持ち、向き合ってきたのかが書かれている。
    自分がつらい思いをした時に、同じようなことを先人が感じていたことを知ることは成功への道しるべのように感じた。

    【合わせて読みたい】
    会社を辞めて後悔しない39の質問

  • 会社に勤める人としての心構えを説く、読みやすい文体のhow-to本的なエッセイです。賛同できるところも多いのですが、全体としては浅く広くの印象でした。

  • スタバなどでCEOをしていた方の、仕事上の考え方をライトにまとめた本。いいところだけ見ていて使えるものがひとつでもあれば儲けもの系の本です。以下抜粋
    -------------------------------
    ・一般的には数字をあげた人には金銭的な報酬を、高い地位につけるのは実績と人間性の両方を持った人をつけるべき。
    ・問答無用にやれ、というトップダウン型のリーダー。欠点はそのリーダー以上の器に育たないこと。息の長い安定した成長を続けるためには、支援型リーダーが必要。
    ・GMでは全員賛成の案があったら、討議が不十分のため再検討になる
    ・おすすめの本)
    安岡正篤、ビジョナリー・カンパニー、リーダーシップの旅、経営者の条件、スターバックス成功物語、スターバックスを世界一にするために守り続けてきた大切な原則、活眼活字、龍馬が行くなど

  • 見た目がいいかどうかが、人の第一印象になり評価される。
    仕事を通じて、世の中に貢献し、自己実現を図る。仕事の報酬は仕事と心得、さらなる成長を。
    幸運は棚簿たではない。ポジティブな生き方の人に降ってくる。
    自ら運の強い人と考えるポジティブな人ほど、結果的に幸運に巡り合うチャンスが多くなる。自分を信じて自分は運が強いのだと言い聞かせながら生きていく。

  • 嫌な上司は二年も我慢すれば異動になる

    頻繁にこえをかける

    ここぞというときに努力できるか

  • ま、それでもいつかは、会社を辞めるんですけど、ね。

  • 会社に不満を持ち辞めてしまう前に、自分で出来ることをやりきる方法が色々と紹介されている。
    要するに、辞める前に精いっぱい仕事をして必要なスキルを1つでも多く身につけてるべき。とも言える内容。

  • タイトルだけでわかったと思うなかれ!

  • 会社で仕事をしていくのに不安を感じている人へのアドバイス。
    心に鳴り響くほどではなかったが、心構えを諭された様な感じがする。

  • 読んでみるとそんなに切羽詰まった内容ではなかった。
    theビジネス書みたいなイメージ。
    でも役に立つことが沢山書いてある。

  • 岩田さんの著書は、いつもやさしく読めるが、実に鋭い示唆がある。やはりトップとして成功されている方の広い視野、そして高い視座を感じる。

  • 岩田さんの本を読むと、自分の小ささに反省するとともに、やる気も湧いてきます!

全12件中 1 - 12件を表示

岩田松雄の作品一覧

岩田松雄の作品ランキング・新刊情報

「今日こそ、会社を辞めてやる」と決める前にやるべき55のことを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「今日こそ、会社を辞めてやる」と決める前にやるべき55のことを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「今日こそ、会社を辞めてやる」と決める前にやるべき55のことを本棚に「積読」で登録しているひと

「今日こそ、会社を辞めてやる」と決める前にやるべき55のことの作品紹介

部下の「やる気」を削ぐリーダーにはどう接すればいい?上司の指示が思いつきでクルクル変わるときの対処法は?失敗をすると部下に責任を押しつける上司がいるのですが…?グループ内の人間関係が悪すぎるときはどうすれば?社長・上司・同僚の悪口が止まらなくて困っているのですが…?会社生活が楽しくなる職場での過ごし方。

「今日こそ、会社を辞めてやる」と決める前にやるべき55のことはこんな本です

ツイートする