才能が9割 3つの質問であなたは目覚める

  • 80人登録
  • 3.55評価
    • (2)
    • (9)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 北端康良
  • 経済界 (2014年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766785814

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
リンダ グラット...
ウォルター・アイ...
デイル ドーテン
ハロルド・ジェニ...
有効な右矢印 無効な右矢印

才能が9割 3つの質問であなたは目覚めるの感想・レビュー・書評

  • 最近参加しているワークショップにて教えてもらった1冊。
    「才能が9割」とは、刺激的なタイトルだと感じましたが、才能がある人とはどういう人か、から洗い出し、自らの感情を行動に移す、という誰でもできることが才能である、としています。
    あとは、心の源泉にある、感情を見つけていくことが必要であり、その感情に従った行動がとれているか、そのヒントを得るために3つの質問が用意されています。
    この質問を答えても、専門家に診断してもらうことで、本当に強みが分かるかもしれない。このワークを試してみる価値は十分あると感じます。



    ▼才能は感情から生まれる
     才能は感情を行動に移した結果、生まれる能力
     才能=感情×行動×能力
     心を突き動かす感情=「才能の源泉」=人生で最も大切したい感情
     これを価値観に変えたもの=「コア・コンセプト」

    ▼才能が目覚める「3つの質問」
    ①20歳までに親兄弟、教師、まわりの人から与えられた、楽しかった、嬉しかった、感謝・感動していることは何ですか?
     逆に、与えられずに悲しかった、寂しかった、腹が立ったことは何ですか?
    ②今、興味のあることは何ですか?
     または、問題だと感じることは何ですか?
    ④気になる人はどんな人ですか?

    ▼3つの質問に答える5つのヒント
    ①感情が動いた「あったもの」「なかったもの」を書く
    ②ポジティブな感情、ネガティブな感情、どちらでもいい
    ③主観で書く
    ④今の感情ではなく、昔の感情で書く
    ⑤仕事に関係がなくてもいい

    ▼セルフイメージ=「今の自分をどう感じているのか」というイメージ
     ノイズ感情に振り回されない

    ▼私たちは自分が信じている範囲でしか、自分に対しても、人に対しても、信じられない

    ▼自分の才能に目覚める5ステップ
    ①ディープ・インパクト=過去の記憶を探す
    ②才能の源泉=心を突き動かす感情を知る
    ③コア・コンセプト=「才能の源泉」を言語化する
    ④行動サイクル=才能の源泉を行動に移し、ノイズ感情のブレを戻す
    ⑤セルフイメージ=思い込みを捨てる


    <この本から得られた気づきとアクション>
    ・3つの質問を試してみる
    ・同時に自分の強みは何か、どう活かせるかは考えなければ、これは今後も必要

    <目次>
    序章 自分を活かせる時代がやってきた!―正しい働き方なんてない。どんな働き方をするかだ
    第1章 自分の才能を発見した人の共通点―「ある人」か「ない人」か。過去には必ず答えがある
    第2章 自分の才能を言語化しよう―「コア・コンセプト」を1枚の紙に落とし込む
    第3章 自分の才能が見つかる「3つの質問」―質問に答えるだけで、あなたは目覚める
    第4章 自分の才能を磨く行動習慣―セルフイメージを高めて自分の人生を生きる
    第5章 自分の才能をお金に変える方法―あなたの価値は、幸せにした人の数で決まる

  • お勧め頂き、読了。
    ブレが修正されてきていることを感じました。
    再確認で書き込みだらけ(^ ^)

  • ①自分の才能を発見するには?
    ・ディープインパクトからコアコンセプトを探す
     1)20歳までにあったもの、無かったもの
     2)今の趣味と問題とは?
     3)気になる人は?

    ②自分の才能を磨くには?
    ・やりたいこととやっていることを一致させる
    ・収入=サービスの質、量で、他者との関係が決まる
    ・才能の質×ニーズ×ポジショニングを考える

    ③才能をお金に変えるには?
    ・能力ではなく、才能を見つける

    ④気づき
    ・才能=感情×行動×能力(感情を行動に移せば、才能に変わる)
    ・2種の人間しかいない「なかったもの(あこがれ)」「あったもの」に心を突き動かされて、追求した人
    ・できる人が決断が早いのは、判断基準が明確だから
    ・企業理念を作る

  • 残念ながら、私は目覚めることが出来ませんでした。
    私は一生寝っぱなしなのかもしれませんね。
    ただし、書かれていることは、ひとつひとつごもっともなご意見でした。
    付箋は12枚付きました。

  • 機会があったら再読

  • 「才能」と言うと一部のスポ-ツ選手にあるような特別な能力のことをイメ-ジされるかもしれませんが、本書で書かれている「才能」とはそこまで特別のものではなく、個々の人が持っている得意分野や強みと言ったことの方がしっくりするかもしれません。

    本書が斬新なのは通常そうした得意分野を定める時は、これこれ出来るという持っている能力に焦点を当てがちですが、そうではなく「感情」に目を向けるべきだというのが。本書の斬新な点だと思います。

    人生で最も大切にしたい感情。それを価値観に変えた物を「コア・コンセプト」と呼び、誰を人生の師と仰ぐかや、どんなサ-ビスや商品を自分で扱うかの全て才能の源泉はコアコンセプトに共鳴する形でやればうまくいくと言うのが本書に書かれていることです。

    自分の能力を生かすことはこれからの時代誰にも大切なこととは思いますが、自分がどんな能力があるかに関して感情に焦点をあてるような斬新な発想をここまで整理された形でまとめられた本を私は読んだことがありませんでした。自分の得意や強みを発見したい、何の為に働くを考えている方には参考になる本だと思います。

  • 才能開発コンサルタントという肩書きを持つ著者の本。才能がわからないと悩む人は多いので、指南役になるのではないでしょうか。

全9件中 1 - 9件を表示

才能が9割 3つの質問であなたは目覚めるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

才能が9割 3つの質問であなたは目覚めるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

才能が9割 3つの質問であなたは目覚めるを本棚に「積読」で登録しているひと

才能が9割 3つの質問であなたは目覚めるの作品紹介

才能に気づき、磨いて、仕事に活かす。成功者の共通点は、この1つしかない。才能とは「感情×行動×能力」。だから能力を磨いても成功しない。人間は、感情を満たすために行動し、その結果、能力が生まれるのである。さあ、自分だけの武器を見つけよう!仕事の不安、悩みとサヨナラしよう!

才能が9割 3つの質問であなたは目覚めるはこんな本です

ツイートする