彼女があのテレビを買ったワケ―男がわからなかった 女が商品を選ぶ本当の理由

  • 140人登録
  • 3.47評価
    • (14)
    • (11)
    • (33)
    • (3)
    • (3)
  • 18レビュー
著者 : 木田理恵
  • エクスナレッジ (2008年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767806976

彼女があのテレビを買ったワケ―男がわからなかった 女が商品を選ぶ本当の理由の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • テレビを買った理由は「リモコンがかわいかったから」。
    こんなこと言われても、全然理解出来ないよ!という人。

    「女性視点で提案してくれ」と言われて提案したが、なかなかこちらの意見が男性上司に理解してもらえない。やっぱり男ってダメね、全然女性のことがわかってないんだから・・・と思っている人。

    もしあなたが、上記のいずれかに当てはまるなら、すぐこの本をオンライン書店でポチッとな。じっくりと、ラインマーカー片手に読んでみてください。
    一冊読み終わる頃には、「そうか、こういう視点で商品を選ぶ人たちがいるのか!」「そうか、こういう視点で説明すれば、男性にもわかってもらえるのか!」と目からウロコが落ちることでしょう。

    また、女性をターゲットにしたショップや企業の販促担当者さんや、女性の部下を持つ男性ビジネスマンにもおすすめの1冊です。

  • 話の内容は、エッセイのように男女のマーケティングの違いを実体験を元に語る。

    本の厚みも字のサイズも適度なので、気軽にすぐ読み終わるサイズ。

    女性へのアプローチマーケティングとしては入門編。読みやすさがウリ。

  • 男性的買物感、女性的買物感の設問があって、男なのに設問12問中11問で女性的だった。
    だからか、この本に書いてある事はよ〜くあてはまるし、自分の事を読んでいるかのようで楽しく読めた。

    事実今日、A店でジャケットを買おうと決めていた。が、その前にB店をのぞいたら、店員さんと話が盛り上がり結局B店で購入。そんなもんだよね、買物なんて。って、読後の感想になってない…(^_^;)失礼。

    13/04/13-40

  • 女ゴコロマーケティングの極意、だって。これは読まないと、色んな意味で!! 元ハーストーリーの木田さんの処女作。お会いしたこともあるけど素敵な方です。今大阪にいっちゃったんだよな〜

  • 女ごころをつかむマーケティングのエッセンスを書いた本。
    タイトルもおしゃれです。

    女ごころをつかむセールスストーリーなんかが書かれていて、具体的でわかりやすい。
    テーマごとにまとめられた“Point”も助かります。

  • 広告を作るとき、ついつい男性的な説明色の濃い文章を作ってしまうのだが、女性向けに広告を打つときは、ときどき本書を見直すことでセールスレターの緩さを調整できる。

    女性の思考は分かりにくいので、私には役に立ってます。

  • 女性の方へ。
    「女性の目線で」「女性の立場から」何かを提案してください、と言われたら、まずこの本を読んでみることをおすすめします。

    「女性の目線」がどういう目線か、「女性の立場」とはどんな立場なのか、そして、「このアイデアをどう提案したら、男性にもすんなり受け入れてもらえるのか」がわかるヒントが満載ですよ。

    男性の方へ。
    「女性の購買意欲を刺激するには、どうしたらいいんだろう」と悩んでいるなら、ぜひこの本を読んでみてくださいね。

    「そうか!女性はこんなことを考えるんだ!」と目からウロコが落ちるのではないでしょうか。

  • まえがきで著者がお気に入りのDVDを見るために新しいテレビを購入する話だけでも読むべきです。男性は全員読むべきです。

  • とあるサイトで紹介されていたので読んでみた。女性がテレビを買うときに決め手になるのは、スペックなんかではなく、あの部屋にはこんなものがイメージ的にぴったり、というようなこと。マーケティングに女性の視点を!というお話。さして目新しくは感じなかったけれど、つるつる読めて、まあまあおもしろかった。

  • 男女の考え方の違い。
    人類の歴史によって遺伝子に刻まれてきた
    自分はそう考えるようになってきました。

    以前、NHKで男女の違いに関する計3回の特集を観て、納得。


    狩猟を主としていた男性。
    木の実など採取を主としていた女性。


    男性はスペック。
    女性はその後のイメージ。

    車一つとっても
    男性は、
    エンジンの性能や走行性能や見栄えなどを
    重視する傾向が強い。
    女性は、
    その車を購入した後の一課団欒の楽しい姿を
    イメージしワクワクして購入する傾向が強い。

    イメージだから、フィーリング。
    イメージだから、共感。
    イメージだから、ハロー効果。

    Mr.childrenの歌にも「掌」って歌があるように
    違うからこそ、難しいけど、そこがおもしろい。
    お互いの違いを尊重し、認め合う。
    世界の紛争にまで想いが広がる深いテーマでした。

    みんな一緒だったら、つまらない世の中ですもんね♪

全18件中 1 - 10件を表示

彼女があのテレビを買ったワケ―男がわからなかった 女が商品を選ぶ本当の理由に関連する談話室の質問

彼女があのテレビを買ったワケ―男がわからなかった 女が商品を選ぶ本当の理由を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

彼女があのテレビを買ったワケ―男がわからなかった 女が商品を選ぶ本当の理由を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

彼女があのテレビを買ったワケ―男がわからなかった 女が商品を選ぶ本当の理由を本棚に「積読」で登録しているひと

彼女があのテレビを買ったワケ―男がわからなかった 女が商品を選ぶ本当の理由はこんな本です

ツイートする