ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由

  • 463人登録
  • 3.76評価
    • (29)
    • (41)
    • (37)
    • (4)
    • (4)
  • 61レビュー
制作 : 梶浦真美 
  • エクスナレッジ (2011年7月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767811802

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
クリストファー・...
高野 和明
有効な右矢印 無効な右矢印

ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由の感想・レビュー・書評

  • シモニデスが生み出した暗記術・・・それは場所法と呼ばれるものであった。そして、それが中世ヨーロッパの基本的な学問術でもあった。

    以上のことは最近勉強を始めた「修辞学」の概説で学んだ。修辞学においても暗記というものは重要な技術のひとつであった。

    その歴史から概観を始めている点に好感がもてる本。タイトルは「あ、ばったもんくせー」って感じだけど、本屋で手にとってざっくりと目を通したとき、クインティリアヌスとかシモニデスとかきちんと語っていそうなので購入。そして、一気に読んだ。

    マインドマップで有名なトニー・ブザンも「暗記術」の復活に貢献した人物である。そして、それは彼が中世ヨーロッパに伝わる「暗記術」に根本をおいて生み出したことも説明されている。そして、それを補強するためにマインドマップも生み出されたのだ。

    そのようなつながりも面白い。ジャーナリスティックな視点を失っていない。サヴァン症候群についてもしっかりと取材している。なので、人間の「記憶」と「記憶術」の歴史について、そして、学校の教育システムについても概観できる。

    よい本です。

  • ためしにAmazonで「記憶力」、「記憶術」などと検索してみて欲しい。『○○で憶える、ラクラク記憶術』といった類の本が、溢れんばかりに表示される。もちろんその効能は、玉石混交なわけであるが、多くのビジネスマンや学生にとって、記憶する能力へのニーズがいかに高いかということを示している。

    本書もそのような記憶力をテーマにした一冊なのだが、いわゆるマニュアル本、自己啓発本とは、一線を画す内容である。著者は『ナショナル・ジオグラフィック』などでも執筆するフリージャーナリスト。取材ライターとして赴いた全米記憶力選手権で記憶力に興味を持ち、一年後の大会には自身が出場者としてエントリー、ついにはチャンピオンになってしまう。本書はその過程を描いた、実験ドキュメンタリー。ミイラ取りがミイラになるという典型のような話である。

    ◆本書の目次
    第1章 世界で一番頭がいい人間を探すのは難しい
    第2章 記憶力のよすぎる人間
    第3章 熟達化のプロセスから学ぶ
    第4章 世界で一番忘れっぽい人間
    第5章 記憶の宮殿
    第6章 詩を憶える
    第7章 記憶の終焉
    第8章 プラト―状態
    第9章 才能ある10分の1
    第10章 私たちの中の小さなレインマン
    第11章 全米記憶力選手権

    「いいかい、平均的な記憶力でも、正しく使えば驚くほどの力を発揮するんだ」そんな台詞に魅了され、著者はイギリスの若きグランド・マスターの教えを受けることになる。その教えのベースにあるのは、紀元前五世紀、天井が落ちてきたテッサリアの大宴会場のがれきの中にいた詩人、ケオスのシモニデスによって始まったものである。シモニデスは目を閉じて、記憶の中で崩壊した建物を再び組み立て、どの客人がどこに座っていたかを思い出すことが出来たという。このシンプルな発見から、いわゆる記憶術の基盤となるテクニックが編み出されたのだ。

    著者のトレーニングも、シモニデスのやり方を正常進化させた「記憶の宮殿」という方式である。自分が憶えなければならないTo-Doリストを、自分のもっている素晴らしい空間記憶を利用し、各々の場所にイメージとして置いていくのだ。それが人の名前や数字であったとしても、同様である。要は、記憶に残りにくい情報を、心が惹きつけられる視覚映像に変換して、頭の中の宮殿に配置していくということなのだ。このようなトレーニングを積んだ人にとっては、仮に思い出せないことがあったとしたら、それは記憶の不備ではなく、認知の不備に原因があるということになる。例えば、卵という言葉を思い出せなかった時には、白い壁のところに置いたために、背景に溶け込んでしまって見落としたなどということが、本当にあるらしい。

    そして、このような記述を目にして疑問に思うのが、この種の記憶術が、なぜ現在では主流でなくなってしまったのかということである。はるか昔、記憶はあらゆる文化の源であったのだ。人類が洞窟の壁に頭の中のことを描き残すようになってから様相が変わり始め、印刷機の登場により事態は急変する。そして、現在のクラウド化によって、記憶を外部に預けるということが、手の平の上で、瞬く間に出来るようになったというのはご存じの通りだ。その過程を経る中で、博学であるということは、内部に情報を保有しているということから、外部記憶という迷宮のどこで情報を手に入れられるか知っているということに変化していったのである。

    本書を通して著者が投げかけているのも、現代における記憶力の持つ意味、そのものである。その問いに対する著者の答えは、「私たちの実態は、記憶のネットワークである」というものだ。面白いものを見つける、複数の概念を結びつける、新しいアイデアを生み出す、文化を伝える、そういった行為において記憶力は必要条件であり、基盤となる... 続きを読む

  • 「ひとの顔と名前よく覚えられないんだよね」と人は言う。「それはあなたが覚える気が無いんでしょう」とツッコミをいれたくても、それを言うと嫌な顔されるのであまり言わない。

    15世紀のグーテンベルクによる印刷された本の登場によって、人間は物語を記憶する必要を無くしてしまったとあった。そういえば春樹の『1Q84』でふかえりが平家物語を諳んじたりマタイ受難曲を歌ったりバッハを目録番号(BWV***)で覚えているというのが出てくるんだけれども、あれは読んだ時に記憶するためのそのひとにやりやすいパターンがあるんだろう。
    意識高い系のセミナーでマインドマップとかいうものを描かせるのあるが、あれを提唱したトニー・ブザンという人はもともと記憶術を広めた人であったらしい。
    この本ではジャーナリストの駆け出しである著者が自分の能力を向上させたいと願い、この大御所ブザンのかつての弟子であった人が著者のコーチとなり、記憶コンテストに出られるように仕込まれる、というのが物語になっているのだけれど、その中で記憶術の歴史が紐解かれる過程が興味深い。古代ギリシャの素養があればもっと楽しめたことだろう。

    これを読んでいて思ったのは、たとえ「読んだ」としてもその本の内容を覚えていないことはその本を本当に読んだということになるのだろうかということである。「読んだけれどあまり覚えてない」という本は、自分の人生の中に途方もなくあることを考えると虚しさも感じる。

    覚える対象を自分の意識に埋め込みやすいイメージに変換するというのは、確かに自分もいままでやっていた感がある。それらを住まわせる宮殿を作ることによって多くのもの記憶を保管できるようになるのか。

    著者はマインドマップのトニー・ブザンや、『僕には数字が風景に見える』のダニエル・タメットへのインタビューも敢行する。円周率を5時間かけて暗誦するタメットは天才ではなく実はサヴァンでもなく、記憶するスキルを訓練しただけかもしれないのだった。
    そうなると、もはやサヴァンとか共感覚とかってどうなのよ?って読者は思うわけですよ。もしかして訓練できるほどの想像力があるかないかであって先天的なものなんじゃないんじゃないですかと。記憶力だけで天才と呼ばれる有名人に喧嘩売っている本であるとも言える。アメリカではベストセラーであったらしい。原題は”Moonwalking with Einstein”、日本語のタイトルが違えばもっと違う読まれ方としたかもしれない本である。

    ちなみにこの著者のジョシュア・フォアのお兄さんは『ものすごくうるさくてありえないほど近い』の作者・ジョナサン・サフラン・フォア。

  • 記憶力のノウハウ本と間違うけど、そうではないす。確かに本文中に記憶術の歴史や記憶術の具体的事例が掲げられています。それは、著者がそれらを駆使し、学び、練習して全米一の記憶力チャンピオンになったからです。著者が、自分の経験だけでなく、サバン症候群の記憶の天才や記憶の著名な研究者に直接取材して、記憶がその人を作っている、記憶の重要性を示しているところに、何でも機械のメモリーに頼る現代人へ警告する所にこの本の意義があります。

  • 記憶力って天分なのかと思っていたけど、この本を読んで、誰にでもできる技術なんだとわかった。
    文字のない時代、記憶の技術は今より重要だった。暗記型の勉強は軽蔑すらされる今日、私たちは、その技術を教えられなかった。
    スタートとしては遅いが、この技術を使って、いろいろ覚えてみたい。

  • 読了。参加型ジャーナリズムとして自ら記憶術トレーニングに取り組んだ著者が、記憶術に関する歴史的な推移、サヴァン症候群への取材、記憶に関する脳科学的な知見等を叙述したもの。記憶術については従前の各書の記述と代わり映えはしないが、場所法・イメージ法など網羅的かつ具体的に記憶法について書いていたり、記憶を紐帯とするインタビューが豊富であることなど、まずまず楽しめる。なお、はじめて場所法に取り組む場合、慣れ親しんだ場所、例えば、昔住んでいた家などを目安としてみることは参考になった。

  • 全米記憶力選手権に出場した作者の体験記。

    作者の知識量には舌を巻くが、
    それが災いし、少々読みづらい。
    アメリカの有名人の名前を羅列されるが、
    日本人にとってはさっぱり分らない。

    他の人も指摘しているが、
    あまり実用的な本では無かった。
    面白かったけど、少々残念。

  • 記憶に関するテクニック、偉人、学問的な見方が著者が全米記憶力選手権に挑戦し、優勝した話をベースに語られる。実生活で役立つような記憶術を求めている人にとっては冗長に感じられるかもしれない。

  • 記憶術が紹介されていると思い、試しに読んでみた本。
    実際は勉強で役立つ記憶ではなく、ひたすら長い数字や人の顔をおぼるといったものの世界大会。
    いろいろな記憶術の話や人の脳の構造が紹介され、なかなか興味深い話もあったが、期待していたものとは違ったことが残念だった。

    しかし、数分で1組のトランプの並びをすべて記憶するなど、平凡な人が一年でできるようになるということは、うまく使えば仕事や勉強にもやくだつのではなかろうか?
    紹介されていた「記憶の宮殿」は試して、自分が使えるようになれば面白いと思う。

  • 記憶という能力に関して色々な視点から書かれているので、
    ただ全米チャンピョンになるためにひたすらトレーニングをするのみの本ではないのは魅力だと思う。
    自分の能力開花に励みながら、さらに記憶に関する症例を知るとすぐに調査に取り掛かるフットワークの軽さは見もの。

    この本を読むにあたって、私自身記憶力に不安があるために読み始めたのだがここでいう記憶というものが実生活に役立てることができるようになるのか?ということは最後まで謎だったのでそれを解き明かしてほしい。

  • トニー・ブザンってあのマインドマップの人なんだ!あれ記憶術が原点だったのかー! サバンなダニエルの疑問に関しては残念だけど、それを騙れる記憶術が既にすごい。 脳や印刷の歴史もありで、いい本

  • 弁理士の受験生の時に記憶術に興味を持ち、マインドマップなるものに挑戦しました。しかし、自分の努力が足りなかったのか、自分には合わず、淡々と条文などを記憶した覚えがあります。この業界にいるからには、記憶力は必須ではないかと思います。国内だけでなく国外でも毎年のように条文が改正され、PPHなどの制度も新設され、日々膨大な情報が蓄積されています。

    本書で紹介されていたチャンキング、使えるのでしょうか?過去に記憶したこととリンクさせて新しいことを記憶する手法だそうです。読み始めは疑わしいと思いましたが、読んでいて思い出したことがあります。高校生の時、世界史の授業でエフタルという言葉が出てきました。その言葉を「Fと書かれた樽」と覚え、試験を切り抜けた覚えがあります。その時は意識していませんでしたが、チャンキングを使っていたということなのでしょうか?全く役には立っていませんが、おかげで今でも覚えています。

    来年早々、中国特許法の勉強をしなければならないので、試しにチャンキングを使って条文を記憶してみようと思います。

    今年はこれで最後、読みかけの本が終わるとして、今年は70冊でした。ネット記事を読む時間が増えたせいか、すっかり年100冊を切るようになりました。たくさん読めばいいというものでもないので、このくらいのペースで満足してます。後は、読んだ本をしっかり血肉にすることです。

  • とてもおもしろかった。時間的な展開という意味では大会に向けての記憶力トレーニングの話が軸だが、周囲への展開が豊かで、しかも展開される要素のバランスがよいと思う。記憶の外在化その他を巡る考察、マインドマップのブザンに関する記述(批判したいがギリギリ分析の範囲にとどまりたいという意思が現れている内容、だろうか)、「僕には数字が風景に見える」のダニエルに関する疑惑、記憶力を磨くことに多大な努力を払う人たちの姿、などなど。評価でなく個人的な興味として一番のポイントは、TMS(経頭蓋磁気刺激法)で脳の一部の働きを抑制するとサヴァンでない人にサヴァン的な能力を発揮させられるとか、共感覚と記憶の関連のあたり。関連する本を探したい。
    とにかく充実した広がり、内容でした。
    翻訳も読みやすかった、とても。誤字も明白なものは1か所しか気づかなかったし、それ以外は同音異字の使い分けに疑問あり1か所、翻訳上ごく軽く「ん?」と思ったのが1か所だけ。おもしろさのために気づかなかったのかもだけど。

  • 本の中盤あたりは過去の研究や事例の話。ストーリーでないため、当初の自分のイメージが強すぎたため読みきれなかった。知りたいことは後半にあったかもしれないが、わからず。

  • 慣れた場所でバーチャルな記憶の宮殿をつくる。
    具体的なもの、たとえば靴下なら、すごく臭いとかトロピカルとか印象付けやすくする。抽象的なものたとえばEメールなら、シーメールがタイプしてるのように具体化して浮かべる。


    脳に刻み込まれた1冊の本は
    書棚にある1000冊分の価値がある


    知的競技者は、新しい情報を学ぶ時に、視覚的記憶と空間記憶の領域を使っている。画像に変換し、よく知っている場所を思い浮かべてそれらを並べる作業をする。

    自分の記憶を使って、世の中を違った角度から見る-これは一流のプロが皆、行っていることである。長い年月をかけて積み上げた経験が、新しい情報を認知する方法の基盤となる。

    レーティングの高い棋士ほど盤面を見る時に前頭頂皮質を使う。つまり、長期記憶から情報を呼び出している。逆に低い棋士ほど、内側側頭葉を使っている。つまり、新しい情報を符号化している。 記憶から解釈するか、新しいものとしてみるか。

    専門技術と呼んでいるものの正体は、長年の経験で得た知識とパターンからの情報検索、そしてそれをまとめる力。記憶力は専門技術の副産物ではなく本質。

    フロイト説
    古い記憶は、あたかも第三者がカメラで記録していたかのような覚えていることが多いのに対して、新しい記憶は本人が目の前で見ているように記憶していることが多い。

  • 記憶術や記憶力の向上に役立つ本。
    練習すれば誰でも使えるようになれると感じた、ネットワークが発達して記憶する必要がなくなったからこそ、自分の脳をもっと使って、心にとめておけることや思い出を沢山つくって行きたい。

    凡庸な事柄を、鮮やかで面白く、今までに見たことがない、それゆえに忘れにくいものに変化させて記憶に埋め込む

    ヘレンニウスへ
    記憶術
    雄弁家教育論
    弁論家について

    記憶の宮殿に置いていく、空間記憶を利用する

    感覚を総動員してイメージを覚えようとすることが重要
    匂いや色、音

    イメージをとことん理解すること、出来る限り意識を向けること

    精密で魅力のある、鮮やかなイメージを心の中に配置する

    面白くて下劣で奇想天外なもの
    新しい、思いがけないものによって脳は刺激を受ける

    擬人化する、動かないイメージよりも動くイメージのほうが記憶に残りやすい


    建物のイメージを集めること
    それぞれの建物の中に記憶を並べる場所を設定


    オメガ3のサプリ

    プラトー状態
    方向性を定めた訓練を集中して徹底的に行う、集中的訓練

    自分の技術に集中する、目的を持ち続ける、パフォーマンスについて常に速やかにフィードバックを得る

    第一段階の認知段階では、課題を分析し、もっと上達するための新しい戦略を発見する。第二段階の連合段階では、それほど集中力を要しなくなり、効率よく出来るようになる、その後自動操縦できる自律的段階となる。

    達人は常に認知段階にとどまるようにしている。

    意識して自分に課題を与え、自分のパフォーマンスを監視、見直し、対処し、再考し、再調整を行う、をしない限り、目に見えるほどの上達は望めない。

    上達するには自分の失敗に注目すること、そして間違いから学ぶことが必要だ。

    最善の策は実際に失敗してみること。習得したい課題について、自分よりはるかにレベルの高い誰か特定の人物になったつもりになり、その人ならどうやって問題を克服するだろうかと想像するのも一つの方法である。

    イメージを深く知ること、キャラクターを想像して、突きつめて考え、深く研究し、いつも濃密なイメージを描けるように

    限界はない、プラトーはある、でもそこにとどまってはならない、乗り越えなければ、負けたらそこで終わり。

    人が注目し、意識して理解しようとするのは、それを自分に取り入れたいからである。

    訓練に勝る才能なし

    私達は記憶によって形成された習慣の集合体にすぎない。記憶が人格を作る。

  • イメージと結びつけた記憶はたしかにわすれない。
    それを意識することで、記憶力は格段とupする…
    中学・高校の時の試験勉強でも、近い暗記の仕方をしていたから、当たり前じゃん?と思いながら読んでいた部分も。

    結局はこれだと、記憶しよう!と意識したこと以外の記憶力は結局変わらないみたい。

  • HOW to本かと思いきや、まあその要素が全く無い訳ではないけれど。自慢本でしかも、周りから嫌味や僻みが出そうな自己啓発系の結論、人の能力に限界はない己自身の精神面に限界が来るのだ、みたいなことを恥ずかしげもなく言っちゃうヤングアメリカンの明朗さが魅力。ダニエルタメットの伝記「ごく平凡な記憶力の私が何年もサヴァンになりすませた理由(わけ)」を是非彼の次回作として期待したい。

  • タイトルが下品だけど、それなりに興味深い内容ではある。記憶方法のレパートリーが増えるのは良い事。

  • どうしたら記憶力がよくなるのかを知りたくて、手に取りました。

    ジャーナリストである著者が、1年間のトレーニングによって、全米記憶力チャンピオンになるまでの道のりが紹介されています。

    記憶するのも「技術」で、記憶力を伸ばすには「訓練」が必要なんですね。

    集中と、課題分析、調整。

    これをしっかりやり遂げる力を持てば、記憶力も向上するだろうし、思考力も鍛えられるだろうなと思いました。

    「記憶の宮殿」というフレーズが気に入ったので、私の頭の中にも宮殿と、街を、作っていこうと思います。
    (すでに「ある」宮殿の認識をする、というのも大事な作業になるかもしれない)

  • 記憶術のノウハウ本ではなく、著者が実際に記憶術を習得し、全米記憶力チャンピオンになるまでを記録した経過と、記憶術にまつわる人物やエピソードが書かれている。

    マインドマップで有名なトニー・ブザンとも実際に交流があるようで、胡散臭い人間と評し、マインドマップにより記憶が10%増強される研究成果があるものの、トニー・ブザンが言うような革命的なものではないとも。

    また、エピローグでは、実生活や仕事の上では記憶術を使う機会が少ないとしながらも、「記憶」が「人格」を作っているという結論も述べている。

    以上のようにクールでシニカルな論調の中に著者独自の視点や主張があり、読み応えがあった。ただ、こういった参加型ジャーナリズムの翻訳本は冗長に感じられた・・・。

  • ライター志望の男が、ある記事を見たことをきっかけに記憶力に長けた人たちと接し、方法論を学びながら結果として前米チャンピオンになると言う話し。ハウツー本では無い物の、其れまで筆者がどの様に訓練したかと言う事や、記憶力に長けた人たち多くの言葉が出てきており、何処かヒントみたいなものがある様な気もする。個人的にはプラトー状態と言う、一流の人間がどのような段階を踏んで成長し続けているか、平凡な人間と彼らにはどの様な意識の差があるかと言う事を書いた章はとても面白い。筆者自身の知識が豊富なので、記憶力を目的にだけでなく、読み物としても面白いと思う。

  • ジャーナリストがあるきっかけから記憶術の訓練を始めて、全米チャンピオンになるまでの話。

    記憶術に関する記述としては、記憶の宮殿という本書によると古典的テクニックをいかに使うかという一点に限る。ただ、最初にエドのリストを覚える方法が書いてあって、試しにやってみたら、びっくり。今でも最初のいくつかは覚えている(というか、最初のいくつかしか覚えていないが)。ガーリックのピクルス、カッティングチーズ、ピートでスモークしたサーモン、白ワイン6本、靴下3足、フラフープ3つ、シュノーケル、ドライアイス製氷機…正直、驚き。

    しかし、本書は記憶術の紹介と言うよりは、記憶というものの意味をたどる本、そして記憶力を高める過程で得たもの、と言ったほうが良いだろう。障害によって短期記憶しか持たない人間、トレーニングによるスランプ、その克服、人間関係、勝負に対するストレス等々…読み物として非常に面白かった。

全61件中 1 - 25件を表示

ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由に関連するまとめ

ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由を本棚に「積読」で登録しているひと

ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由の作品紹介

古代ギリシャで知識人の必須のツールであった「記憶術」と、最先端の脳科学や一流のプロたちの技術習得の秘訣を学び、全米記憶力選手権で優勝するまでの1年を描いた話題作。

ツイートする