もし大地震がきたら?最新47都道府県危険度マップ (エクスナレッジムック)

  • 22人登録
  • 3.83評価
    • (2)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 稲垣秀輝
  • エクスナレッジ (2012年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767814179

もし大地震がきたら?最新47都道府県危険度マップ (エクスナレッジムック)の感想・レビュー・書評

  • 【配置場所】特集コーナー【請求記号】369.31||I
    【資料ID】91121591

  • 活断層のしくみ、液状化のメカニズム、地滑りの原因などが図解で易しく解説されている。地盤と災害の関係を十分理解した後は、いよいよ、県別のウィークポイントが一挙公開となる。自分の県でさえ知られざる地勢に驚いたりもした。巻末には最新の地盤沈下対策、液状化対策が紹介されており、いざという時の心の準備もできた。

  • 2012年9月3日読了。日本47都道府県各所の地盤の強弱、活断層有無、河川の流域を地図とマッピング、どの地域にどのような危険があるかを明示した本。海岸沿いは津波、平地は埋立地の液状化、山に行けば活火山の噴火、固い岩盤の上でも活断層の近くであれば地震の影響を受ける・・・と、要は日本はどこに行っても「絶対安全な場所」などないのか・・・。(比較安全であれば青梅以西~山梨あたりの山地に住むしかない。とりあえずお台場で働くのは危険だ!)自然の影響を受けやすいこの地形こそ、日本のうつくしい自然の景観や多様な食物・文化を育んできたわけだしな・・・。危険危険と訴えるだけで対策について多く触れられていないのは気になるが、現在でも地震の予知を確実に・早期に行うことはできないため、結局「災害が発生したらどうするか」を個人レベルで考え、予防策を取るしかない・それが全てだ、ということか。

全4件中 1 - 4件を表示

もし大地震がきたら?最新47都道府県危険度マップ (エクスナレッジムック)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

もし大地震がきたら?最新47都道府県危険度マップ (エクスナレッジムック)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

もし大地震がきたら?最新47都道府県危険度マップ (エクスナレッジムック)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

もし大地震がきたら?最新47都道府県危険度マップ (エクスナレッジムック)はこんな本です

ツイートする