最高に美しい人体図鑑

  • 31人登録
  • 4レビュー
制作 : 奈良信雄 
  • エクスナレッジ (2014年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767814865

最高に美しい人体図鑑の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 三葛館医学 491.1||FO

    まさに「最高に美しい」人体図鑑。とてもリアルな描写で美しいです。各部位の名称は日本語と英語の両方で併記され、さらにその特徴や機能がわかりやすく解説されており、解剖の理解を深めるのに役立ちます。
                                  (うめ)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=67778

  • 7月新着
    今月の新着図書には解剖の大型本がずらり。これは表紙が秀逸だったのだけれど、すみません当館の方針で表紙は取ってあります。中は、真っ赤な本です。
    「美しい」と謳ったイラストは配色もセンスよく、高級感があふれ、見て心地いい、といえるかもしれない。ものは、人体図なんだが。ちょっとフシギな気持ち。
    解説もしっかりと詳しく、専門的な利用にもたえる。
    『プロメテウス解剖学アトラス』と見比べてみるのも一興かと。
    ちなみに『世界で一番美しい人体図鑑』という本も当館にはある。こちらはセルシートを挟んで、それを重ねた見たりすることで、より立体的に人体図に迫る。絵もアップで迫力はこちらの方が上かも。内容は一般的。

  • 配架場所 : 一般図書
    請求記号 : 491.1@S103@1
    Book ID : 80100463800

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002391799&CON_LNG=JPN&

全4件中 1 - 4件を表示

最高に美しい人体図鑑はこんな本です

ツイートする