片づけの解剖図鑑

  • 874人登録
  • 3.70評価
    • (36)
    • (74)
    • (53)
    • (17)
    • (1)
  • 91レビュー
著者 : 鈴木信弘
  • エクスナレッジ (2013年12月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (135ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767816692

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 リョウ
宮部 みゆき
西 加奈子
三浦 しをん
古川 武士
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

片づけの解剖図鑑の感想・レビュー・書評

  • 片付くためには何が必要か。
    設計時点からの工夫が必要であるという視点。
    たとえが面白くわかりやすい。イラスト多用で視覚的にもわかりやすい。全てを取り入れられるわけではもちろんないが、応用できるかもという発想も含めて、非常にタメになり、そしてなにより、知らないことばかりでとても面白かった。

  • 片付けのノウハウ集、ではありません。
    「家が散らかる理由を、建築学的観点から解き明かす」本です。
    新築、リフォーム、模様替え、などを考えている人には参考になります。なるほど、と思う指摘がいくつもありました。

    たとえば「土足の空間が欲しくなる」という指摘。
    マンション住まいなのですが、玄関ポーチがついています。
    ベビーカーもないし、アウトドアもしないし、自転車置き場は別にあるし、最初は「無駄な空間」だと思っていました。

    それが、いざ住んでみると、ダンボールや古紙の一時的置き場として大活躍。冬場の「みかん箱置き場」としても大活躍。

    これは良かった例ですが、キッチンでは「布類の置き場」にずっと困っています。収納は多いけれど、設計者は「布類」までは考えなかったのだろうなーと思いました。

    すべてのモノに場所が必要、というのも頷けました。
    散らかる要因は、場所が定まらないこと、定めた場所へのアクセスが悪くついそのへんに置いてしまうこと、が大きいです。

    音が響きすぎる場合は、フローリングにラグマットなどを置くと良いことも知りました。

    自分には必要ない部分もありましたが、読み物としても工夫されていて、読みやすくて短い文章、適切なイラスト、ちょっとコミカルな「トイレ進化論」や「布社会の上下関係」イラスト説明図、などなど、飽きずに楽しく読めました。
    実用書系で「読んでいて笑える」ことはあまりないので、その点も良かったです。

    後書きで、著者は「溜め込む系」であり、それは血筋らしいとの見解を目にして、私も同じくなので、親近感もわいた次第です。(そこからは脱出予定ですけどね!)

  • 片づけ以前の「家をどのようにつくっておけば散らかりにくいか」について書かれた本。ものは置き場所を決めておかないと散らかるといいますが、家を建てる前に、どんなものをどこらに収納する必要があるのかを想定しておかないといけないということがよく分かりました。例えば、外にも中にもおけない、土のついたもの、たとえば、新鮮な野菜だったり、濡れた傘、ベビーカー、アウトドアの道具、これらをしまう土間や下屋などを用意しておいたほうが便利だそうです。またソファーなら、座ったり立ったりしやすいように周囲に空間が必要で3畳ほどのスペースをとることも。窓がたくさんあるより、壁がたくさんあったほうが、ものを置きやすいそうです。この本にあるようなことを考えられている家に住みたい。ということは、作者に設計をお願いすればいいのか(笑)

  • 家を構成するもの(玄関、リビング、押し入れなど)の役割を踏まえて、そこにおさまるもの(衣類、ソファ、コレクション、ペットなど)がどのようにあると快適に暮らせるか、をイラストで分かりやすく分析した住まい解説書。
    すでにモノが溢れているので片づけたいという人よりは、これから家にモノをおさめるにあたって、何を買い、どのようにおさめようかと考えている人には特におすすめ。あと家探ししている人、リフォームを検討している人、純粋に間取りや収納方法を見るのが好きな人も参考になるかと思う。

  • この本欲しい。とても参考になった。家をたてるなんて考えもしなかったことだけど、この本をみると、片づけしやすい家を建ててみたくなった。

  • これまでに読んだ「片づけ方」でもなく「収納のしかた」でもない、「片づけやすい家づくりのしかた」を書いた本。
    本文のシュールでのほほんとした雰囲気がなんだか好き。
    ただ、この本・・・家を建てる前に出会いたかった。。。
    これから家を建てる人にオススメです。

  • いわゆる実際の片づけ本と違って、設計の段階から片づけを見てみようという本。
    なるほど〜
    これは参考になる。なるけど、これを参考に家を作ってもまた片づけの悩みは出てくるのだ。なぜなら、家族というかソコに住む人達は有機体だから。常に変わっていく。

  • 断舎利ではなく、収納を考えた家造りの本。
    モデルルーム等でどうやって生活するのか、収納をどうするのろうと不思議に思うことがある。この本はその違和感を明確にしてくれる。

  • ☆片づけの行為を生活のシーン毎に想定し、必要な場所に必要な収納をつくる。
    家具のための壁と窓のバランス。
    テレビの前は空ける(テーブルを置かない)。
    キッチンには空き地をいくつか設けた方が使い勝手がよい。
    ゴミは畳半畳分くらい常時存在している。ゴミ置場はシンク下やカップボード下などゴミが出る作業をしている人の近くへ。勝手口があればなお良し。
    浴室は南側に設ければカビ知らず。
    奥行600mmの室内干場を確保したい。
    自動車や自転車置場にも屋根を確保したい。
    音を吸うものを置きたい。
    一室多灯照明の方が心地よい。

  • これから家をたてるひとが読むべき本

  • 出来ればリフォームする前に読んでおきたかった、何点か使えそうなアイディアもあたので試して見ようと思う。

  • 家を作るときのヒントが詰まった本。
    夢みたいなイメージだけで終わらず、
    実際に住んでみた場合のシミュレーションを踏まえた提案。
    私は家を作る予定はまったくないけど、
    土間・下屋のある家は使いやすそうだなー。
    とりあえずテーブルの上に置きっぱなしになってるものを、
    自分の座る場所の隣に移動する、というのはやってみました(笑)
    シンプルで味わいのあるイラストとコメントがツボ。

  • これは家の間取りを考えるのにとても役に立った。
    (スペースの問題もあるので、そのとおりにできないことも多いが)
    よい本である。

  • 収納という機能に限って言えば、窓は大きければ大きいほど頼りになりません。
    リビングのなかには日常生活で使用する“ちょっとしたもの”がたくさんうろついている。それらは不思議なことにみなリビングのテーブルを目指して集結してきます。
    →ソファのそばにサイドテールや、ローチェストを置くと解決する。
    アイランドキッチンの周囲には壁がないので収納スペースの絶対量が確保できない。背面には収納が必要。
    2017.5.17 P45まで読了

  • 心地よい住まいをつくりだす仕組み~片付く家とは、収納があって、動線に配慮されているものだ。玄関は広い方が良く、大きな窓はものを置けず、リビングのテーブルはソファの横に。キッチンをアイランド型にするなら調理台のみにするか、いっそL型にして半対面にする。押し入れは亜s区幅も小さい方が良い。土間・下屋は便利。タンスは不揃いになるから買うは必要なく、ウォークスルークロゼットが便利。食料はパントリーをつくり、応接セットやソファの大きなものは要らないだろう。家族6人分の車輪ものを置くには車一台分のスペースが必要。灯りは一部屋一つでなく複数で狭く照らすようにすると雰囲気が出る~「仕組み」であって「知恵」ではない。今の住まいですっきり片付く方法は少なく、新築もしくはリフォームするなら、こうするのはどう?という本だった。我が家の此処が駄目だとか、此処が良いとかという話になる

  • 2017.1.2読了 図書館
    片づけの極意が書いてあるかと思ったら、家を新築&リフォームする時のお話でした

  • 片づけの〜というタイトルから片づけ本だと勘違いしてしまい、大分内容がイメージと違ってしまった。
    はじめにの所にも書いてあるが、本著は片づけや整理整頓の本ではなく、住宅設計段階において散らかりにくい家にする為の内容が書かれた本である。
    イラストが多く分かりやすい為、これから家を建てる人にはイメージしやすくおすすめである。また、賃貸でのお部屋探しにおいても、キッチン周りや窓の作りなど参考になるのではないだろうか。

    良書ではあるが、タイトルと期待してた内容との相違につき、☆2つ。

  • 家を建てる前に絶対読んでほしい1冊!

  • これは家を建てる前に読むべきものだった。建てた後に読んで、本の内容と異なる状況だと、気分は良くないなぁ。
    タイトルか帯に、そうと分かる言葉が欲しかった。

  • 家づくりの参考に。

    例えがわかりやすくてなるほどと思いながら読める。
    イラストもいっぱいあるので、色々比較しながら
    自分の生活スタイルにあったものを検討できる一冊
    とっても面白い

  • 片付け、を、図面や導線など、設計面からアプローチする、というコンセプトの建築士の著者による本。

    家をこれから建てようという人だけでなく、テレビとソファの配置や、窓が多いと家具が配置しにくい、など、賃貸の家具配置や物件選びの参考になるトピックスも。

    フローリングに石膏ボード、ブラインドだと、昔ながらの畳、土壁、襖、ボコボコ穴の空いた天井に比べて音が散らかりやすいそう、知らなかった。

  • 住宅設計の観点から片づけを考えるという、これまでの片づけ本とは一線を画する本っ(*^^*) 家建てる前に読みたかった!!

  • 建築家の観点で、「片づける」について考えられます。

    窓を増やすと壁が足りなくなり、収納が減ること。
    タンスを何年かごとに買っていくと、不揃いの使いにくい状態になること。
    土足OKの空間が贅沢なこと。

    どれも納得させられます。
    「ときめき」以外の片づけ方法を身につけたいときによい本です。

全91件中 1 - 25件を表示

片づけの解剖図鑑を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

片づけの解剖図鑑を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

片づけの解剖図鑑を本棚に「積読」で登録しているひと

片づけの解剖図鑑の作品紹介

片づけの解剖図鑑は鈴木信弘さんの片づけに関する著書です。収納面などから家の間取りなどを考察、提案してくれる本です。テーマごとに分かれて書かれているので見やすく読みやすいです。イラストで書かれていることも読みやすい点のひとつです。収納を考えている人のために片付けられる家をつくることができる本になっています。

ツイートする