トビウオの驚くべき世界

  • 21人登録
  • 3.43評価
    • (0)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 石黒 千秋 
  • エクスナレッジ (2015年9月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (101ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767820293

トビウオの驚くべき世界の感想・レビュー・書評

  • 船に乗っていると見られる、海面から飛び出すトビウオ。
    それを狙って急降下する海鳥。
    見ていて飽きない。
    でも一般には馴染みの薄い魚。海の近くに住んでなければ、食べることもあまりない。
    トビコも美味しいけど、そこまで人気食材ではないと思う。
    トビウオの研究というのもあまり聞かない。

    そんなトビウオの本!好きだけど、マニアック!
    撮るのが大変だったであろう美しい写真が満載。
    トビウオの羽にこんな綺麗な模様があったなんて。。

    ウォッチング視点なので生態などは詳しく載ってませんが。

    普段目立たないトビウオちゃんたちにスポットライトを当て、見た目毎に名前を付けてあげた作者さん、天晴れです。

  • トビウオの種類,飛ぶ理由,飛ぶしくみなどの解説。1冊まるごとトビウオ。原著は横長A5くらいのサイズなので,いくつかの写真は見開きで真ん中が見にくいものもある。

  • 体をクネクネト振ってスピードを上げ、ダーツの矢のようにさっと水中から飛び出し、目を見張るほどのスピードと華麗さで、すぅっと滑空する。一度の滑空で15メートルは飛ぶ。着水のときも非常に洗練された動作をみることができる。まず尾びれから着水し、それからすぐに羽を体の脇に折りたたんで、徐々に体を沈めていく。
    そもそもトビウオが飛ぶのは捕食者から逃げるため。猛スピードで遠ざかるため。ところが、海から飛び出したトビウオは、今度は別の脅威にさらされる。ウミツバメ、アジサシといった敏捷な海鳥の餌食となる。トビウオが姿を現すと戦闘機のように急降下し襲い掛かる。銀色の光沢の美しい輝きに秘められたドラマに深い感慨をおぼえる。

  • マリンブルーの海を背景にトビウオが飛ぶ姿を見事におさめた写真で、トビウオの生態等をまとめた本。
    いろいろな種類の美しいトビウオがいることを知り驚いた。

  • 美しいトビウオの生態を写真に収めた本。
    水中の写真はない。
    トビウオにこれだけの種類があるとは知らなかった。美しい羽を持つ事も。

全6件中 1 - 6件を表示

トビウオの驚くべき世界の作品紹介

トビウオはなぜ飛ぶのか?世界初のトビウオ図鑑!

トビウオの驚くべき世界はこんな本です

ツイートする