ミニマリストの部屋づくり

  • 169人登録
  • 3.32評価
    • (5)
    • (7)
    • (20)
    • (5)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : おふみ
  • エクスナレッジ (2016年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (123ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784767822143

ミニマリストの部屋づくりの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 捨てる素晴らしさを再認識。
    あと、モーニングページも真似してみたい。

  • 残す・手離すの境界線 ためになりました。
    うん、 きっとうちも物が多すぎるに違いない。掃除もできないのはモノの適量がハンパなくオーバーしてるんだなーと。

    作者の家ほどものを減らす気はありませんが、モノの住所を決めきれないほどものが溢れてるのはいかんのね〜と、気づかされる本。


  • 自分の暮らしたい部屋のイメージを考えることが大切

  • 最近ちょっとわかってきた気がする。
    捨てなくてもいいっていう選択肢もあるし。

  • アイリスオーヤマのエアリーマットレスとコールマンのスリーピングバッグ(寝袋)の組合せで3シーズンを乗り切るのに驚いた。

  • 読みやすい。さらっと。

    目新しい事はもうないかも。

  • この本良かった。
    著者の考え方というか、筋が通ってる。
    私にしっくりきた。
    実行は、現実的には厳しいが、こういう世界があるのかと夢を持てる。

    ・使っていて不快な物、ずっと使っていない物は手放す
    ・紙のものは基本電子化
    ・あらゆる洗剤を兼ねるDrブラナー社の「マジックソープ」が気になる
    ・敷、掛け布団の手放しはそこまでするかの域
    ・おやすみセットはいいね!。防災の視点から安心
    ・台所吊戸棚収納は危ない。吊戸棚ごと処分が基本と考よう
    ・風通しのいい収納が大事
    ・台所吊戸棚にティッシュのストックは私にはちょっと抵抗が
    ・月に一回は花を飾る
    ・リビングはアウトドアスタイルにあこがれた。やはりいつも身軽にいたいのかな~
    ・朝の部屋ヨガに憧れる~
    ・モーニングページで脳の排水。朝起きたら紙3ページ分。これはよさそう。 

  • メディアに取り上げられているような究極の『ミニマリスト』は無理、でも少しでもモノを減らしたい人向けに読みやすくまとめられている。
    この手の本やブログで書かれている内容はどうしても似たり寄ったりで新しい発見はほとんどない。本書も半分近くは今さら感が拭えない内容。むしろ、あとで拝見したブログの方が面白いネタがありそうだったので、そちらを読んでみようかな。

  • ミニマリストの人の整理・収納、捨てるモノのこだわりは色々な人たちの本を読むとそれぞれ違いがあって面白いですね。

    本で書かれていたマジックソープやコンポニビリがちょっと気になりました。

全12件中 1 - 10件を表示

おふみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ちゃくま
有効な右矢印 無効な右矢印

ミニマリストの部屋づくりを本棚に登録しているひと

ミニマリストの部屋づくりを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ミニマリストの部屋づくりはこんな本です

ツイートする