オールドレンズの奇跡 (玄光社MOOK)

  • 20人登録
  • 4.20評価
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 上田晃司
  • 玄光社 (2013年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768304198

オールドレンズの奇跡 (玄光社MOOK)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2013/1/21読了。
    散歩の共に使っているレンジファインダー機のボディを修理に出したら1ヶ月かかると言われたので、その留守の間に遊んでみようと、ミラーレス一眼の型落ちを中古で買った。わずか2年前の傷ひとつない1200万画素機が7000円だった。恐ろしい時代になったものだ。
    これにアダプターをかませて古いジャンクレンズを取り付けて、試写がてら散歩に出た途中、立ち寄った書店でタイムリーに出会ったのが本書である。
    オールドレンズにはどうしてもクモリや変色、キズやカビなどが付き物で、そうなると描写性能は本来よりも落ちるわけだが、それを熟成した個性として楽しむというのが本書のテーマ。
    昨今はわざわざ「アートフィルター」なるものをカメラが掛けてくれたり、iPhoneなどでもレトロな雰囲気に加工してくれる写真アプリが人気だったりするが、それらがある種のCG化であるのに対して、こちらは光学的に生み出された本物の写真効果である。しかもその効果はそれぞれのレンズが数十年を経るうち偶然に醸成されたダメージによるものだから、時間という職人が手作りした一点もののビンテージ工芸品とも言える。
    本書はレンズの来歴、製造された時代の背景、そして筆者によって撮影された作例(のレベルを超えた、もはや作品)で構成される。優しく品のある描写のカビ玉、びしりと芯の決まった描写を残す名玉、トイカメラ顔負けのファンタジックな描写をする油まみれ玉(?)など、どれも個性的。見ているだけでも楽しいが、真似をしたくなるのも人情。だがそこは自己責任で。カビを味方にするなんて、実は相当なテクニックがいるはずだし、リスクの高い博打になる。
    ちなみに僕の試写散歩の戦果だが、50年前のカビ玉にも関わらず、まったく普通の写真が普通に撮れてしまった。昔の光学技術が凄いのか、今のデジタル技術が凄いのか、それはそれで驚くべきことだが、撮影者の腕が凡庸であることが際立つ結果となった。レンズが古ければいいというものではない。この世界は奥が深い。

全1件中 1 - 1件を表示

上田晃司の作品一覧

上田晃司の作品ランキング・新刊情報

オールドレンズの奇跡 (玄光社MOOK)はこんな本です

ツイートする