モスクワの孤独―「雪どけ」からプーチン時代のインテリゲンツィア

  • 30人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 米田綱路
  • 現代書館 (2010年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (624ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768456224

モスクワの孤独―「雪どけ」からプーチン時代のインテリゲンツィアの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 知識不足のため、読んでいて理解のできないところも多かった。集団心理の恐ろしさ、意志や信念を貫く難しさと大切さを実感した。私が同じ状況であったら、この本の登場人物のようには振る舞えないだろう。「愛国心はならず者の最後の逃げ場所」という言葉を聞かせたい人が今の日本にはたくさんいる。

  • 分量的にもっとも多いラリーサ・ボゴラズの章がとくに秀逸(この部分だけなら星4つだ)。彼女の強靱な精神のありように対しリスペクトを惹起させずにおれない。

全2件中 1 - 2件を表示

モスクワの孤独―「雪どけ」からプーチン時代のインテリゲンツィアを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

モスクワの孤独―「雪どけ」からプーチン時代のインテリゲンツィアを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

モスクワの孤独―「雪どけ」からプーチン時代のインテリゲンツィアを本棚に「積読」で登録しているひと

モスクワの孤独―「雪どけ」からプーチン時代のインテリゲンツィアの作品紹介

痛ましいまでに真摯に生きたソヴェト・ロシアの知識人たちの肖像。偉大な少数派たちの壮大な人間ドラマ。

モスクワの孤独―「雪どけ」からプーチン時代のインテリゲンツィアはこんな本です

ツイートする