ペツェッティーノ―じぶんをみつけたぶぶんひんのはなし

  • 301人登録
  • 3.88評価
    • (36)
    • (33)
    • (36)
    • (2)
    • (3)
  • 50レビュー
制作 : 谷川 俊太郎 
  • 好学社 (1978年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769020073

ペツェッティーノ―じぶんをみつけたぶぶんひんのはなしの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ペツェッティーノは、おれんじ色のちいさな四角いかたち。
    ペツェッティーノは、小さい自分のことを、きっとだれかの部分品なのだと思っていた。
    たくさんのほかのものに会い、荒波をこえて、さいごにペツェッティーノは「じぶんがなんなのか」をみつけます。それは、ありきたりで、求めていた答えであるのだろうけれど、その当然さに、ほっとさせられます。
    自分のことを取るに足らないなんて思っている、10代に読んでほしい絵本。

  • 不思議な描写の背景と、シンプルな登場人物達。
    「ぶぶんひん」という表現もやわらかくて素敵。

  • 世の中にはいろんな人がいて、自分ってなんだろうって思う時もあるんだけど、私は私で大丈夫なんだなぁって思ってしまった。頑張ってこうできないと駄目かもとか、コレが出来なきゃ駄目かなとか思うんだけど、そうじゃないんだなというのを、本当に分かりやすく教えてくれる絵本だった。

    私は何もつけないで、私のままでいいんだなと思えて元気がでた。

  • じぶんをみつけたぶぶんひんのお話。
    じぶんじしんをあつめ、「ぼくはぼくなんだ!」と思えた瞬間に深く感動しました。

  • 自分は何かの「部分」なのかもしれない。

  • 昔、レオレオニといえばこの本でした。
    顔がない奇妙なキャラクターたちがなんとなくこわくて(とくに表紙の!)、一人で読めなかったことも。「ええい、ままよ」と表紙をひらけばあっというまに引き込まれてしまいます。「かしこいやつ」の視点で読んでみるのもまたよし。あまり知られていないだろうということもあり(ネズミのほうが有名なので…)、大学の発表で英語版を紹介しました。
    顔はなくても、表情がちゃんとみえてくるのが絵本のふしぎですね。

  • ちいさな部分品のペツェッティーノは、だれかの部分品なんだと思っていました。ある日、そのだれかをたしかめようと探しに出かけました。ペツェッティーノのたどり着いた場所とは...。
    (約6分)

  • 自分は自分と改めて気づく1冊

  • レオ=レオニらしい。

  • じぶんは部分品だと思い込んだペツエッティーノのじぶんさがしのはなし

    あおくんときいろちゃんの作者と、谷川俊太郎の訳、絵がいいかんじ。
    C8797

全50件中 1 - 10件を表示

レオ・レオニの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
マージェリィ・W...
酒井 駒子
トミー=アンゲラ...
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印

ペツェッティーノ―じぶんをみつけたぶぶんひんのはなしを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ペツェッティーノ―じぶんをみつけたぶぶんひんのはなしを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする