29歳までに“その他大勢”から脱けだす習慣

  • 39人登録
  • 3.17評価
    • (1)
    • (2)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 中島孝志
  • こう書房 (2005年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769608684

29歳までに“その他大勢”から脱けだす習慣の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 参考にはなるが成功したのは、著者の性格だからうまくいったのでは?と思う箇所もある。慎重派の人には向かない部分もある。ただ最後にビジネス書でありながら家族のことについて書いてあるのがこの本で一番いいと思った。家族は自分にとって一番近い存在でありながら、近いがゆえ大切さを忘れてしまいがちになる。「家族を失うことは自分の肉体の一部を失うことである。」この言葉が一番響いた。
    それ以外は目次を読むだけで内容は把握できるかな。

  • タイトルに惚れて購入。
    20代とは、人生のすべてが凝縮された時代。貯金せず、自己投資のためにトライ&エラーを繰り返すことが大事。
    ⚫意識して同時並行処理で物事を片付けろ。
    ⚫遊ぶように仕事が出来れば運も付いてくる。

  • ノウハウ本というより、エッセー集に近い。

    印象としては、ザ・評論家&バブル思考て感じ。
    通勤途中の軽い読書とかにはいいんじゃないかな。

  • ○自分の生き方に意地を通してみろ
    サラリーマンは、社会的束縛、経済的束縛、将来的束縛の3つの束縛がある。

    ○自分の意見を常にもっておけ
    ・意見がなければ敵も出来ないが味方もできない

    ○金はためるな、どんどん遣え
    お金は全額自己投資へ。他社でも通用する実力を身につけておくこと。

    ○同じ失敗は繰り返さない
    ・失敗から教訓を得れば、失敗にも価値が出る

    ○運命は自分で切り開け
    ・20代は種まきの時期、収穫はあとでいい
    20代という時期は、人生で起きることの全てを体験する時期。
    30代、40代で体験することのミニチュアで、基本。基礎。
    失敗でも成功でも、体験を増やす時期と割り切って、どんなことにもチャレンジするべき。
    一喜一憂しない。嫉妬しない。あせらない。スランプと思わない。

    ○勝ちある失敗をたくさんしろ
    仕事でも生き方でも、コツがある。コツとは、こうすれば上手くいく確率が高いという鉄則のこと。
    コツというのは人から教わったり、書物で勉強しても限界があり、自分が痛い目にあわないとなかなか体得できない。
    成功したときも、失敗したときも、それに一喜一憂するのではなく、その要因はなんだったか分析しておくことが大切。

    ○人生は天運・地運・人運の掛け算だ
    天運は、天から与えられた素質、環境、条件のこと。
    地運は正しい努力で拓かれる運のこと。
    人運は人との出会い運。
    これらの和ではなく席によって人生は構成されている。

    ○人生で大切なことはタイミング
    一生懸命やってもダメなとき、肩の力を抜いていて成功するとき、両方がある。
    どのタイミングにあたってもいいように、常日頃から努力しておくべき。

    ○点思考から線思考へ
    人生という線は点の集まりである
    人生を終わりから逆にたどってみると、今の状況はいくつかの点を通り過ぎてきたはず。
    点から線、線から面、面から立体と広げていくべき

    ○成功は段取りで決まると知れ
    スポーツ選手の成功要因は段取りである。
    試合が行われる同時刻同タイミングに練習を行い、頭ではなく体に覚えさせる。

    ○第一印象に自身を持てるように工夫する
    人と差がつくインパクトのある名刺
    20代の人間にとって大事なのは、素直で明るく元気であること。無理せず、背伸びしないこと。

    ○道楽にできる仕事を見つけろ
    遊ぶように仕事ができれば運もついてくる
    成功者と言われる人たちは、面白いことに、一つの仕事を貫いて成功した人はほとんどいない。
    いろんなことに手を出しては失敗して、挑戦してと試行錯誤しているうちに天職を見つける。
    どんなこともすきでやっていれば効率は自然と上がる。
    もし仕事が道楽になってきたと感じられるときが着たら、そのころからぐんと仕事や人生に運が回ってきた証拠である。

    ○20代は体験を重ねることが仕事

    ○時代は突然変わる事を知っておけ
    企業の寿命は30年、事業部は10年。10年後には自分のいる部署はないと思え。
    花形産業はそのうち花形でなくなる。時代は生きている。
    ・会社ではなく仕事といえる20代であれ。
    時代が変わってもゆるぎない価値判断を20代からしておくべきだ。

    ○セールスとは自分を買ってもらうこと

    ○できる人から学び、型を身に着けろ
    型というのは無駄を省き、失敗しないための効率的なものが凝縮されたもの。

    ○いまのうちに旅をしておけ
    体力がないといけない場所がたくさんある

    ○数多くの人間を見ておくこと
    ・成功を収めたければ人間通になれ

全4件中 1 - 4件を表示

中島孝志の作品一覧

中島孝志の作品ランキング・新刊情報

29歳までに“その他大勢”から脱けだす習慣を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

29歳までに“その他大勢”から脱けだす習慣はこんな本です

ツイートする