成功するのに目標はいらない!―人生を劇的に変える「自分軸」の見つけ方

  • 216人登録
  • 3.78評価
    • (18)
    • (31)
    • (32)
    • (2)
    • (0)
  • 32レビュー
著者 : 平本相武
  • こう書房 (2007年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769609469

成功するのに目標はいらない!―人生を劇的に変える「自分軸」の見つけ方の感想・レビュー・書評

  • 何でもなんでも目標、というスタンスに違和感を覚えてきた自分にとてもスッキリくる説明だった。

  • 目標なんてくそくらえ!と思ったとき。

  • なかなかスパイシーなタイトル。だがその内容はさにあらず。もっと早くに出会っていたかったし、いずれ再読したいと思う。
    外資系企業とかイケイケドンドン(死語)の会社にいると、「何がしたいの?」とか「将来のビジョンは?」とか、必ず聞かれる。
    正直、「どんな仕事したいの?」とか「どんなキャリアを考えてるの?」とか聴かれても、あまりパッとした答えが出来ず、なんとなくのイメージでしか描けていなかった。
    そんな状況が悩みでもあり、明確なビジョンや「こうなりたい」という具体的なイメージを持って人生を切り開いていく人達を羨ましくも思っていたのだが、ある意味「それでもいいんだよ」と言ってくれたのが本書。
    自分の人生における「充実」を感じるには、「軸」に沿った行動・環境であることが大事。その軸には2種類の傾向があると。

    ひとつは「ビジョン型」。未来の「ありたい姿」を想像し、実現したいと思うことがモチベーションとなるタイプ。その目標に「近付いている感」がやりがいとなるタイプとも言える。

    もうひとつが「価値観型」。より「自分らしさ」を満たしたいと思うことがモチベーションとなるタイプ。自らの「こだわり」とか価値観が満たされていることでやりがいを感じ、ゴールは「その結果引き寄せられるもの」と捉えるタイプ。

    本書に書かれている分類判断や様々な事例を見る限り、どうやら私は「価値観型」にあたるらしい。そんなんでよくこの外資系の会社でやってこれたもんだw
    ただ、となると「じぶんなりのこだわり」とか「自分らしさ」ってなんだ?っていうのが次に来る疑問。
    本書の後半で書かれていた「自分軸の見つけ方」を参考に、不惑前のおっさんなりの自分探しをして行きたい。

  • 表紙のデザインは好きじゃないが、内容はなかなかよかった。世の中の自己啓発本はとかく「目標を立てること」をとにかく重視しがちだが、そうした「ビジョン型」とは別に「価値観型」という日本人に多いらしい自分軸の傾向を作り、「かならずしも明確な目標を立てなくてもいい」というメッセージを送っているのは納得感があった。著者本人も多くの人々のキャリア形成に携わってきた実績があり、要所要所で実例を挙げながら紹介しているのも分かりやすい。

  • 読んだらちょっと楽になった!
    ○年後にこうなりたいって、明確な目標を立てなくてもいい。
    自分は価値観型が強い人間だと気づいた。

    本当に自分がやりたい事はなんなのか?
    どんな生活がしたいのか?

    改めて考え直して、これからは「自分軸」を大切に、もっと人生を“選択”していこうと思わせてくれた本。

  • やる気の源は、人により大きく2パターン「ビジョン型」と「価値観型」に分かれる。

    管理・評価する側の人も、される側の人も、
    設定した目標に向かって「正しくまっすぐ」進めない、と悩む人も、一度さっくり読んでみるとよいかと思います。

    「ビジョン型」とは、目標を定め、それに向かって一つ一つクリアしていくことに喜びを感じるタイプ。
    「価値観型」は、目標よりも、その時々に、自身の価値観がみたされているかどうかが重要なタイプ。
    価値観型の人は、いくら明確な目標があろうとも、そのプロセスに納得できていなければしんどく感じ、欲しいものは手に入っているはずなのに満たされない、ということになるわけです。

    会社などでは、客観的なわかりやすさから、目標管理型のモノサシを使うことが多くなりますが、相手のタイプによっては、価値観型の視点でコミニュケーションを取ることで、個々の力が発揮しやすくなることは多いでしょうね。

    かく言う私は、明らかに価値観型。
    目標数字を示されても、まだ見ぬ未来の机上の数字に、ハテどうしてコミットできようか?と首をかしげ、
    例え社長命令であろうと、疑問を感じれば、やりません、と突き返して上司を困らせていた…ことから考えても。。
    今は、いかに価値観を満たしながら、自分の人生、いかに高いところまでいけるのか?(そして、私にとって高いところとは、どういうところか?)というテーマが明確なので、本書も、それをなぞる感じで読みましたが、悩みの正体がいまきちはっきりしない、という状況の方は、さらっと読んでみるのもいいのかなと思いました。

    (参考)iPhoneアプリ版が安く手に入りました。

  • Eブック版で読みました。

    「自分軸」を知ることが成功への近道!

  • 成功への道筋をビジョン型と価値観型に分けて述べられている作品。
    著者はビジョン型の人物だが、どちらかというと価値観型に向けて書かれているからか、フラットでポジティブに書かれていて、読んでいて気持ち良い本。僕自身は、多少混じりあっているものの、価値観型。

  • 目標を立ててそれに向かう事が大事とよく言われる。
    それはそうだと思ってもなかなかできない自分ってダメ人間?
    いやそうじゃないんだよと教えてくれる一冊。
    うんうん、確かに僕は「ビジョン型」ではなく「価値観型」だわ(^-^)

  • IPhone電子書籍で読みました。先日、「人生に悩んだら日本史に聞こう」で、目標達成型と天命追求型という内容に感動し、自分がまさしく天命追求型だなぁ、と、深く納得していました。
    ビジョンをもて、大目標をたててそれを達成するために日々を組み立てろ!とか、将来のありたい姿をイメージしろ!といわれても、なんとなくしっくりきませんでした。そのため、自己啓発本をしこたま読んで、なんとか理解しようとしてみましたが、これが私にはストレスになってしまったようで、現在ではうつ病(泣)。
    自己啓発本は、ほとんどビジョン型ばかりというのは、罪だなぁ、と。

    腑に落ちるとともに、前進するための第一歩として、出会うべくして出会った本だと思う。感謝。

  • ・自分の価値観を満足させてくれるような出来事はなにか

  • 「目標を設定してそれに向かって一直線!」と言われても、
    どうもできないし、なぜかモチベーションが下がってしまう…。
    そんな人に向けた本。私自身が、目標立てるとげんなりする派。

    「満たされてる感」に幸せを感じる「価値観型」と、
    「近づいてる感」にワクワクする「ビジョン型」。
    ビジョン型がすべてじゃない。自分が価値観型ならそれでいい。

    そういう価値観もあるんだよ、ということが自分の中で腑に落ちたことが、
    この本を読んだ収穫です。

  • 自分軸のこと、ビジョン型や価値観型のこと、とてもわかりやすく勉強になりました。自分軸に沿って生きていきます。

  • 自分の人生の目標をはっつきり認識するためには、かなり有効なエクササイズができる一冊だと思った。

  • 10年後にどうなっていたい?

    こう聞かれて即答できますか。

    目標を立てることが大事みたいだけど、
    正直そんな先のこと想像できない・・・

    こんな風に考えている人にはぴったりの本です。

    自分のことがわかっているようでわからない、先に進まない方へ
    価値観の掘り下げ方を教えてくれます。

    じっくりと時間をとって、この本を片手に自分と
    向き合ってみることをお勧めします。

  • 目標を設定すると、なぜかモチベーションが下がるテプカ型(展開型、プロセス型、価値観型)の人に言及されている珍しい本。

    モゴビ型(目標達成型、ゴール型、ビジョン型)向けの本はたくさんあるのに、なぜテプカ型向けの本はほとんどない(あっても意味がよくわからない)のは、モゴビ型の成功法則には再現性があるけれど、テプカ型は「偶然」とか「引き寄せ」とか「シンクロニシティ」とかを味方につけないといけないので、再現性がないからでしょう。

    この本にも再現性のあるやり方は出てこない(と思う)のですが、とりあえず、カツマカズヨさんが提唱する「ミッションステートメント⇒長期目標⇒中期目標⇒短期目標⇒毎日0.2%の改善」ができなくてもいいんだよ、そのやり方が向かない人って実はいっぱいいるんだよっていうのがわかるだけでも、ほっとするのではないでしょうか。

    カツマカズヨさんを見ると、自分のダメダメ加減に胸が苦しくなる人にオススメです(^^)

  • ■あらすじ<br />・人生を充実させる自分軸<br />・自分軸の2つの傾向 あなたはどっち?<br />・価値観方はどんな人?ビジョン型はどんな人?<br />・自分軸に沿って生きるには?<br />・成功のカギはもうあなたが握っている<br />■誰に紹介したい?どんな悩みに効く?<br />野望がうまく描けないキミへ(価値観型のすすめ)<br />■感想<br />まさに自分が価値観型と思われ、これまで読んでいた自己実現系を急に客観視できるようになった。<br />幸せへの道はデカイ野望だけではないことを知った貴重な一冊。<br />この本読んでビジネス成功というわけではないが、自分にとっては「ガッテンガッテン」とやけにしっくりきた。<br />■その他(名言やキーセンテンスなど)

  • 目標を立てろって言われても、
    目標を立てるのが難しい…そう思うことありませんか?

    それは、タイプがビジョン型ではなく、
    価値観型だから立てられないのです。
    ビジョン型とは、将来から逆算して考える生き方を、
    価値観型は、自分が今どうありたいか?どう感じたいか?を
    基本に考える生き方を言います。

    で、日本人のほとんどは価値観型。
    だから、目標を立てるとか成功しようって言っても浸透しない。

    目標が不要って言ってるわけではなく、
    自分がどんなタイプかを意識して、
    どうしたいかという自分軸をまずは持とうって内容でした。

  • ビジョン型:実現したい未来を思い描くことでやる気が出る(近づいてる感)
    価値観型:自分にとって大事なことを満たそうと思うことでやる気が出る(満たされ感)

  • 目標が見つけられなくて40年がすぎ少々諦めていたときに本屋で見つけたこのタイトルは衝撃に近かった。
    論理もしっかりしていて納得できる。
    深く読んでいるためまだまだ読書中。

  • 人には、ビジョン形と価値観型がある。自分は、どの型なのかを見つけ、自分のやる気の素に沿った、アクションプランを立てることにより、人それぞれの成功が得られる。また、人生は、成功の時期と成長の時期で構成されている。成長の時期は、一見悪い時期と思われるが、成長の時期は、自分のまわりで起こっているすべてのことに意味を見出し、「これは自分にとってどんな意味があるんだろう」と受け入れる時期である。思い通りにいかないこともあるかもしれないが、それも気づきや学びの機会としてとらえる。あらゆる物事のメッセージを受け取る。外ではなく内側に意識を向ける。自分自身のバランスを取っていく時期でもあります。

  • 「ビジョン型」と「価値観型」。
    目標を立ててそれに近づいていくことで充実するタイプと
    日々の生活の中で自分の価値観が満たされることで充実するタイプ。
    「やる気の素」はどっちでもいいんだよ、と言ってくれる本。
    目標が立てられなくて困っている自分にとっては、励まされる1冊。

    いい本だと思うのですが、問題は実践。
    私は今のところこの本だけでは「自分軸」見つけられる気がしないです。
    とても丁寧にレクチャーしてあるんですが、それでも、、、。
    コーチング受けたいです。

  • 目標を持つ事が好きな人、目標があればがんばれる人は確かに存在する。でも、目標を持つ事が不得手な人もいる。私は不得手。いったい自分はどうしたいのか?会社をどうしたいのか?エゴがないのか?

全32件中 1 - 25件を表示

成功するのに目標はいらない!―人生を劇的に変える「自分軸」の見つけ方に関連するまとめ

成功するのに目標はいらない!―人生を劇的に変える「自分軸」の見つけ方を本棚に「読みたい」で登録しているひと

成功するのに目標はいらない!―人生を劇的に変える「自分軸」の見つけ方を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

成功するのに目標はいらない!―人生を劇的に変える「自分軸」の見つけ方を本棚に「積読」で登録しているひと

成功するのに目標はいらない!―人生を劇的に変える「自分軸」の見つけ方はこんな本です

ツイートする