平気であなたを傷つけてくる人から自分を守る本

  • 52人登録
  • 3.57評価
    • (2)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 石原加受子
  • こう書房 (2014年9月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769611295

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
メンタリストDa...
佐々木 圭一
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

平気であなたを傷つけてくる人から自分を守る本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルには惹きつけられるんだけど、結局自分次第という、そしてそこが一番難しいという。
    ・自分を守るための基本的な原則は「ネガティブな関係性」になると予測出来たら、できるだけ早めにその関係性を能動的に打ち切る

  • 他者中心の意識 相手の言動にとらわれて、あれこれ悩んでしまう状態、自分のことが疎かになっている

    自分の気持ちを解放するために、自分を大事にするために。自分の心を救ったり、癒やしたりするために、という発想が自分中心の基本的な捉え方

    自分が苦しいから、この苦しみから開放されるために、自分のできることをしよう
    私の心を傷つけたくないから、私の心をすくために動こう
    私を愛しているから、私を守るために行動しよう
    起こっている問題に対して、こんな発想から望むのが自分中心

    自分中心となり、自分の自由を認められるようになればなるほど、相手がどんな人物であろうが、その生き方を認めるということができるようになる

    相手の生き方を認められれば、必要以上に相手に干渉しようという気持ちは起こらなくなる。そのため、相手を気ににしなくてすむようになる

    感情的になっていたり争っていたりするときは、言葉の内容や主張は意味をもたない。意味は単に争っているだけである

    「わたしはそれに賛成はできませんが」
    「わたしの意見とはことなりますが」
    「〇〇さんの責任のもとで」

    自分の感情を基準にして、自分が感情的になりそうだったり、不快な気分になりそうなときには、「速やかに撤退する。退く」ことができれば、よけいな争いにならなくて済みますし、よけいなトラブルに巻き込まれなくてすみます。これは、自分をそれ以上傷つけなくなためにです。

  • なかなか、いい本で、トラブルになる人とどのようにかかわってくるか、よく分かりました。もう少し、早く、呼んでおけばよかった気がします。

  • タイトルが面白そうで手に取りましたが、なぜか頭に入りませんでした。

全6件中 1 - 6件を表示

平気であなたを傷つけてくる人から自分を守る本に関連する談話室の質問

平気であなたを傷つけてくる人から自分を守る本を本棚に「読みたい」で登録しているひと

平気であなたを傷つけてくる人から自分を守る本を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

平気であなたを傷つけてくる人から自分を守る本を本棚に「積読」で登録しているひと

平気であなたを傷つけてくる人から自分を守る本の作品紹介

さまざまな相手からのキツイひと言、立場を利しての横暴な態度、戦いや争いでの勝ち負けを要求される社会の仕組み、「正しい、正しくない」「良い、悪い」の二極化を迫られる選択、無用な「仕返しごっこ」が続いてしまう人間関係…仕事や生き方で傷ついてしまう人たち向けに、「自分(の心)を守るスキル」を展開!そのスキルは、争いを避け、自分を傷つけず大事にする方法であり、同時に"相手を育てる"方法でもあります。著者が一貫して提唱する「自分中心心理学」の真髄。

平気であなたを傷つけてくる人から自分を守る本はこんな本です

平気であなたを傷つけてくる人から自分を守る本のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする