真実のインパール―印度ビルマ作戦従軍記

  • 10人登録
  • 2.75評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : 平久保正男
  • 光人社 (2006年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769813064

真実のインパール―印度ビルマ作戦従軍記の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • amazonの商品の説明から引用↓

    内容(「BOOK」データベースより)
    「私は生死の間を彷徨い戦没者の意志によって生かされているもの」と考え、食糧もなく兵器も弾丸もなく、後方支援ゼロ、瘴癘の戦場で、山を越え、河を渡り、彷徨する弊衣を纏うた味方兵士のために、没我の境地となり、東奔西走した烈兵団58連隊の若き主計士官が書き綴った青春苦闘の異色ビルマ戦記。

    内容(「MARC」データベースより)
    「今後わが国がいかなる国になるか予期し得ないが、後世のため、また自己の将来における奮起の資とするため記述しておく」として執筆された、ビルマ作戦における、補給を無視したがゆえの惨憺たる戦争の実態の記録。

    ・・・確か、朝日新聞の書評にも上記と同じような
    内容が書かれていたと記憶するけど、
    作者からみた「真実」といった感じだった。
    作者の平久保さんの体験は、
    物があふれた現代からみれば、
    確かに大変なことではあるけれど、
    このかたは、主計士官であったことで、
    ずいぶんと救われていた思う。
    東奔西走した、という割には
    そこここに「やれやれ(* >ω<)=3」といった感があり、
    末端ではあるが、補給をする側にいた人間の余裕がうかがえる。

全1件中 1 - 1件を表示

真実のインパール―印度ビルマ作戦従軍記を本棚に登録しているひと

真実のインパール―印度ビルマ作戦従軍記を本棚に「読みたい」で登録しているひと

真実のインパール―印度ビルマ作戦従軍記を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

真実のインパール―印度ビルマ作戦従軍記の文庫

ツイートする