ハイブリッドカーの時代―世界初量産車トヨタ「プリウス」開発物語

  • 10人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 碇義朗
  • 光人社 (2009年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769814399

ハイブリッドカーの時代―世界初量産車トヨタ「プリウス」開発物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20世紀の技術革新として、内燃機関の自動車からハイブリッドの自動車へと開発する時の苦労がわかる本。

    著者が直接インタビューをしたのか、多くの人への取材を元に構成されている。個人的には、プロジェクトそのものにも大変な苦労があったが、エンジンを作る機械やさんが、畑違いの電気やさんのモーターやインバーターを自社で作るのがどれほど大変かわかった。

    しかし、問題はトヨタの自社ではできなかった電池だよな。それも大きく思わされた本だった。

  • 今や最も売れている車であるプリウス。その世界初の量産ハイブリッドカーにはこれほど多くの人の情熱と努力が詰まっているのだなと感心した。
    本で読むとあっさりと完成したように感じなくもないが、実際は相当な苦労があったのだろう。
    未来の社会のためのモノづくり。エンジニアのあるべき姿を見た気がした。

  • 先鋭で個性の強いデザイン

    センタークラスター構想

全3件中 1 - 3件を表示

碇義朗の作品一覧

碇義朗の作品ランキング・新刊情報

ハイブリッドカーの時代―世界初量産車トヨタ「プリウス」開発物語を本棚に登録しているひと

ハイブリッドカーの時代―世界初量産車トヨタ「プリウス」開発物語を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ハイブリッドカーの時代―世界初量産車トヨタ「プリウス」開発物語を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハイブリッドカーの時代―世界初量産車トヨタ「プリウス」開発物語はこんな本です

ハイブリッドカーの時代―世界初量産車トヨタ「プリウス」開発物語の単行本

ツイートする