陸軍の異端児 石原莞爾―東條英機と反目した鬼才の生涯

  • 29人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 小松茂朗
  • 潮書房光人社 (2012年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769815297

陸軍の異端児 石原莞爾―東條英機と反目した鬼才の生涯の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やや石原氏への賞賛が目立つものの、石原莞爾の思想・行動の一端が良く分かる内容であった。

  • どうも文体が気に入らず。合わない。浪曲調というか、勧善懲悪というか、読みやすいけど、いちいち単純な判断に無理矢理連れて行かれるような感じで、うげぇって思ってしまった。昔の人の書いた本という感じ。
    内容はそれなりに面白いので、残念だった。
    ただ、こういう人って、官僚的な組織の中ではうまくやっていけないだろうな、とも納得した。その傾向は今の日本ではますます強まっていると思う。

  • 尊敬する石原莞爾氏の人となりが感じれる本でした。石原莞爾氏の本はいくつか読みましたが文句なく一番です!!

全3件中 1 - 3件を表示

陸軍の異端児 石原莞爾―東條英機と反目した鬼才の生涯を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

陸軍の異端児 石原莞爾―東條英機と反目した鬼才の生涯の作品紹介

東條英機と反目した風雲児の生涯を描く!「王道楽土」「五族協和」の旗印を掲げて満蒙の曠野に理想郷を建設すべく満州事変を企画演出し、主役までも演じて新国家を誕生させながら理想と現実の乖離に苦悩し、失意の日々を送る世紀の風雲児の生涯。

陸軍の異端児 石原莞爾―東條英機と反目した鬼才の生涯はこんな本です

ツイートする