最悪の戦場に奇蹟はなかった―ガダルカナル、インパール戦記 (光人社NF文庫)

  • 50人登録
  • 4.08評価
    • (3)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 高崎伝
  • 光人社 (2007年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (478ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769820192

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

最悪の戦場に奇蹟はなかった―ガダルカナル、インパール戦記 (光人社NF文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 将校ではない一歩兵の生々しい戦記にもかかわらず、どこかカラッとしていて嫌な読後感はない。著者の人柄もあろうか、至る所に正視に堪えない記述があるが、最悪の戦場の極限状態では普通の感覚なのだろう。戦時中にこれでもかと戦意を煽り立て、戦後あっという間に掌を返した某新聞社のように、平時の今になって戦時の行いを上から目線で叩くのは卑怯だ。そんな奴らの社説より、この手の記録の方がよほど平和に貢献する。著者が最後に述懐しているように、「人類は戦争などしちゃいかん」のである。これ以上説得力のある発言もあるまい。

  • インパール作戦の体験記を読むのはこれで3冊目だったけど、他の本同様重い部分もあるけど、驚くくらい笑わせてもらった。
    著者の方がゴロツキ集団と仰っているとおり、元気な時の血気盛んな様子はとても面白いです。

    決してつらくなかったわけではないと思うし、もしかしたら多くを飲み込んでいるのかもしれない。でもこの著者の方、性格的に明るく面白い方なんだと思う。どんな状況でも強く、出来るだけ楽しんで生きようという気概が伝わってくる。

  • (欲しい!/文庫)

  • 4769820194 478p 1993・8・17 

  • ガダルカナルとインパール、激戦を二度味わった著者の自らの体験を綴った作品です。タイトル、サブタイトルから、かなり悲惨な内容なんだろうと想像しがちですが、意外にも苦労話をおもしろおかしく書いてる部分も多く、最初から最後まで悲壮感満載って訳ではないです。前線の意外な面を垣間見ることもでき、貴重な戦争体験談だと思います。

全5件中 1 - 5件を表示

最悪の戦場に奇蹟はなかった―ガダルカナル、インパール戦記 (光人社NF文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

最悪の戦場に奇蹟はなかった―ガダルカナル、インパール戦記 (光人社NF文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

最悪の戦場に奇蹟はなかった―ガダルカナル、インパール戦記 (光人社NF文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

最悪の戦場に奇蹟はなかった―ガダルカナル、インパール戦記 (光人社NF文庫)はこんな本です

最悪の戦場に奇蹟はなかった―ガダルカナル、インパール戦記 (光人社NF文庫)の単行本

ツイートする