海軍主計大尉の太平洋戦争―私記ソロモン海戦・大本営海軍報道部 (光人社NF文庫)

  • 10人登録
  • 4.33評価
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 高戸顕隆
  • 光人社 (1999年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769822271

海軍主計大尉の太平洋戦争―私記ソロモン海戦・大本営海軍報道部 (光人社NF文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 他の戦記とは全く違う。
    駆逐艦に乗り込むものの、講演会で才能を見出され、大本営海軍報道部と言ういわば宣伝部に配属された人の回想録。
    感傷的なことばかり書いて小説的。
    前線から遠く離れて本部で権限を行使するという、こういった官僚タイプの人の回想録は珍しい。

  • 4769822278 277p 1999・3・10 

全2件中 1 - 2件を表示

海軍主計大尉の太平洋戦争―私記ソロモン海戦・大本営海軍報道部 (光人社NF文庫)を本棚に登録しているひと

海軍主計大尉の太平洋戦争―私記ソロモン海戦・大本営海軍報道部 (光人社NF文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

海軍主計大尉の太平洋戦争―私記ソロモン海戦・大本営海軍報道部 (光人社NF文庫)の作品紹介

政官財界のトップ・リーダーとして日本を支えた"短現士官"は、何を考え、どのように戦ったのか。難関を突破して、海軍二年現役士官となり、駆逐艦「照月」に主計長として乗り組み、南太平洋、第三次ソロモン、ガ島輸送作戦に奮戦す。乗艦沈没後、大本営海軍報道部で活躍した熱血士官が描く迫真の太平洋海戦記。

海軍主計大尉の太平洋戦争―私記ソロモン海戦・大本営海軍報道部 (光人社NF文庫)はこんな本です

海軍主計大尉の太平洋戦争―私記ソロモン海戦・大本営海軍報道部 (光人社NF文庫)の文庫

海軍主計大尉の太平洋戦争―私記ソロモン海戦・大本営海軍報道部 (光人社NF文庫)の単行本

ツイートする