陸軍兵器発達史―明治建軍から本土決戦まで (光人社NF文庫)

  • 21人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 木俣滋郎
  • 光人社 (1999年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769822417

陸軍兵器発達史―明治建軍から本土決戦まで (光人社NF文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 基本的な陸軍の兵器の形態を知らないと、途中で振り切られる感じがする本だった。
    つまり、応用編(笑)何度か読むといいのかな。戦争史と兵器とを頭に入れておくといいと思う。
    でも、これを読んでから調べていくというのもまた楽しいだろう。

    ちょいちょいあるエピソードとか、兵器への著者の感情とか、いやもっと現場はやばかったでしょ…とツッコミたくなるけれど、そこはご愛敬。

    最後の方で、兵器を大切にし綺麗にすることへの一文が出てきて、これは今でも同じだと思った。自衛隊も同じくらい大事に大事に兵器に接している。
    班長だったかなぁ、米軍と作業をした時、油が漏れているって指摘をしたら、「油が入ってるんだもん、OK!」って返されて、びびったって言ってた。

    今も日本は貧しい=資源がないのだ。そこは認識しておかないとだめなんだなぁ…。

  • 4769822413 328p 1999・8・15

全1件中 1 - 1件を表示

陸軍兵器発達史―明治建軍から本土決戦まで (光人社NF文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

陸軍兵器発達史―明治建軍から本土決戦まで (光人社NF文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

陸軍兵器発達史―明治建軍から本土決戦まで (光人社NF文庫)はこんな本です

ツイートする