ドイツ夜間防空戦―夜戦エースの回想 (光人社NF文庫)

  • 23人登録
  • 4.40評価
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : W.ヨーネン
制作 : Wilhelm Johnen  渡辺 洋二 
  • 光人社 (2001年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769823278

ドイツ夜間防空戦―夜戦エースの回想 (光人社NF文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「Duell unter den Sternen」の翻訳(2001/11/16発行)。

    第二次大戦のドイツ夜間戦闘機エース・パイロットであるヴィルヘルム・ヨーネン(Wilhelm Johnen)大尉の回想録。

    著者のヨーネンはエースとは云いながら撃墜機数は34機で、トップ・エースではありません。 そのため、本書が無ければ一般には知られることの無い人物だと思いますが、本書では夜間航空戦の難しさと1942年以降からのイギリス軍による夜間爆撃の凄さ伝えてくれます。 
    当時のドイツ空軍パイロットの闘志や恐怖、苦悩、歓喜などについても触れられており、非常に良い回想録だと思いました。

    特に興味深いのは、1944年の夜間本土防空戦で乗機が被弾しスイスに不時着したと云うエピソードで、領空侵犯した航空機は、連合国・枢軸国の区別なく攻撃もしくは捕獲していたことが書かれており、珍しく感じました。 この他、スイスに不時着が知られると、家族がゲシュタポに尋問拘束されていたと云う当時のドイツの状況を知るエピソードや、東部戦線でのソ連軍機との夜間空戦なども興味をそそられました。

    日本語で読めるドイツ夜間戦闘機エース・パイロットの唯一と思われる回想録であり、貴重な書籍だと思います。 パウケ、パウケ!

  • ドイツ夜間戦闘機パイロットの英重爆撃機との死闘の体験談を読みたいために選びました。

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50102755&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

全2件中 1 - 2件を表示

ドイツ夜間防空戦―夜戦エースの回想 (光人社NF文庫)はこんな本です

ツイートする