特攻の町・知覧―最前線基地を彩った日本人の生と死 (光人社NF文庫)

  • 30人登録
  • 4.11評価
    • (3)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 佐藤早苗
  • 光人社 (2007年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784769825296

特攻の町・知覧―最前線基地を彩った日本人の生と死 (光人社NF文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 鹿児島行きの飛行機の中で。
    感想はどうにも言い難いですが、どんな理由があれこんな作戦が正当化されていい筈がないと強く感じました。
    もっと勉強しよう。

  • 特攻で出撃したものの、機体トラブルで不時着した軍人のその後エピソードが興味深い。
    お世話になった島へ生涯にわたって尽くした。

    特攻の母と呼ばれた鳥濱トメさんとその娘さんの生涯。

    イモーショナルになりすぎない筆致が好感が持てる。

全3件中 1 - 3件を表示

特攻の町・知覧―最前線基地を彩った日本人の生と死 (光人社NF文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

特攻の町・知覧―最前線基地を彩った日本人の生と死 (光人社NF文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

特攻の町・知覧―最前線基地を彩った日本人の生と死 (光人社NF文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

特攻の町・知覧―最前線基地を彩った日本人の生と死 (光人社NF文庫)の作品紹介

飛行機もろともみずからの肉体を敵艦に四散させる体当たり攻撃・特攻-若き特別攻撃隊員たちは、最前線の特攻基地で「約束された死」の関頭に立って、何を思い願って出撃していったのか!逝く者、遺された者、それぞれに重い十字架を背負い、死を全うし、あるいは生きなければならなかった悲劇の歴史を綴る。日本文芸大賞ノンフィクション賞受賞。

特攻の町・知覧―最前線基地を彩った日本人の生と死 (光人社NF文庫)はこんな本です

特攻の町・知覧―最前線基地を彩った日本人の生と死 (光人社NF文庫)の単行本

ツイートする